ゾンダー Kfz-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゾンダー Kfz-1
Sonder Kfz-1
Bundesarchiv Bild 183-85711-0008, Berlin, Mauerbau, Kampfgruppen, Appell.jpg
原開発国 東ドイツの旗 東ドイツ
諸元
重量 4.4t
全長 5m
全幅 2.25 m
全高 2.25 m
要員数 5人

主兵装 銃塔(7.62mm DT機銃または7.92mm MG34機銃
エンジン 4-Takt-Ottomotor /R4, Luftkühlung, 3.000 cm³
懸架・駆動 Blattfederung
速度 80 km/h(道路上)
テンプレートを表示

ゾンダー Kfz-1(Sonder-Kfz-1, SK-1)は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)で開発された軽戦闘車両である。1953年から1954年頃、兵営人民警察が運用した。シャーシはフェノメーン グラニット 30Kドイツ語版トラックがベースで、重量の増加にあわせた十分な強度を確保するため、リアアクスルにはダブルタイヤと強化スプリングを備える。舗装道路上での運用が想定されていたほか、最大渡河深度は0.82mだった。連絡車両や電話車両などのバリエーションも計画されたが生産には至らなかった。

兵営人民警察から国家人民軍への改組を経て、1950年代半ばからはソビエト連邦製装甲車両の導入が推し進められ、第一線を退いたSK-1は労働者階級戦闘団に払い下げられた。戦闘団では1961年8月13日から始まったベルリンの壁建設の警備の際にSK-1を使用している。

参考文献[編集]

  •  Jörg Siegert: Panzer der NVA, Radfahrzeuge 1956–1990. 2. Auflage. Motorbuchverlag, Stuttgart 2010, ISBN 978-3-613-03016-9.

関連項目[編集]