ゾンド5号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ゾンド5号
Zond L1 drawing.png
ソユーズ7K-L1型
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1968-076A
カタログ番号 03394
状態 運用終了
目的 宇宙船の試験飛行
打上げ機 プロトンロケット
打上げ日時 1968年9月14日
最接近日 1968年9月18日
(月に接近)
運用終了日 1968年9月21日
(地球に帰還)
質量 5375kg

ゾンド5号(ゾンド5ごう、露:Зонд-5、英:Zond 5)は、1968年ソビエト連邦によって打ち上げられた無人の宇宙船。月への有人飛行に使用する宇宙船の試験飛行で、月に接近したあと地球に帰還した。

設計[編集]

当時ソ連はアメリカアポロ計画に対抗してL1計画(有人月接近飛行)とL3計画(有人月着陸)を進めていたが、このうちL1計画の中核となる宇宙船がソユーズ7K-L1だった。

7K-L1は他の型式のソユーズと共通した設計を持ち、宇宙飛行士が乗り込む帰還船と、太陽電池パネルやロケットエンジンを搭載した機械船との2つのモジュールから構成されていた。飛行を終えて地球に帰還する際には帰還船と機械船が切り離され、帰還船のみが宇宙飛行士を乗せて地上に着陸した。他のソユーズと異なり軌道船は装備していない。

ゾンド5号は試験飛行だったため宇宙飛行士は搭乗していなかった。

飛行[編集]

ゾンド5号は無人だったが、安全性を確認するため、リクガメショウジョウバエミールワームといった動物や、植物種子細菌などあらゆる種類の生物が搭載されていた。他に放射線検出器を取り付けられた等身大の人形も乗せられた。

1968年9月14日、ゾンド5号はバイコヌール宇宙基地からプロトンロケットによって打ち上げられた。宇宙船は一旦地球周回軌道に投入されたのち、月へ向かう軌道に乗せられた。月へ向かう途中に姿勢制御センサーに故障が発生したが、予備のものに切り替えたため宇宙船が姿勢制御を失う事態はまぬがれた。

9月18日、ゾンド5号は引力に引かれながらをを半周して地球へ帰還する軌道に乗った。しかしその途中で予備の姿勢制御センサーにまで問題が発生し使用不能になった。当初の予定では大気を利用して水切り飛行を行いながら目的地に着陸することになっていたが、この障害のために直接大気圏に突入するという方法をとらざるを得なくなった。

9月21日、ゾンド5号は大気圏に突入した。十分に減速された後、高度7kmでパラシュートが展開し、インド洋へ着水した。インド洋は本来の着陸地点ではなかったが、予備地域として想定済みであり、帰還船は配置されていたソ連の艦船によって回収された。強引な大気圏再突入を行ったにもかかわらず、乗せられていた生物は無事だった。亀の体重は飛行前と比べ1割ほど減少していたが、特に食欲が減退している様子はなかった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]