タイガースープレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タイガー・スープレックス(Tiger suplex)とは、プロレス投げ技の一つで、スープレックスから派生したものである。初代タイガーマスクフィニッシュ・ホールドとして最初に使用したため命名された。

歴代のタイガーマスクの必殺技だが、2代目の三沢光晴や3代目の金本浩二は、マスクを脱いだあともこの技を得意技としている。日本名は、猛虎原爆固め

目次

かけ方

自分の腕を相手の腰でなく腕に回し、背後から相手の腕をかんぬき状(ダブル・チキンウィング)に極めて、そのまま後ろに投げる技。腕を固められたまま投げられるため受身が取れず、大きなダメージとなる。また、下手にフォールを返そうとすると肩の関節を外してしまう危険がある。開発者の初代タイガーマスク佐山聡によれば、ブリッジ力がしっかりしていれば、それほど困難な技ではないという。当初はそのブリッジを利用してフォールする技だったが、後に投げっぱなし式も使われ始めた。

なお、相手の背中に手のひらを当てた状態から投げていた初代ものとは違い、2代目タイガーマスク(三沢光晴)は自らの両手をクラッチして投げていた。2代目タイガーマスクは毎年1つずつ新しいスープレックスを披露するというギミックから、2代目タイガーマスクが使用するタイプは、タイガースープレックス'84と呼ばれる。ちなみにタイガースープレックス'85も存在するが、クラッチは全く別のスープレックスである。

原型

原型と言われる技にオースイ・スープレックス(豪州式原爆固め)がある。オーストラリア人であるロイヤル・カンガルーズのアル・コステロが使用していたために「オースイ(オージー)」の名がついた。不完全ながら後方反り投げの形で相手を投げ、フォールするもので、1969年の秋には、日本プロレスの前座で高千穂明久が公開していた(完全反り投げ式)。これを後に、マイティ井上が腕を固めた後、投げずに尻餅をつくような体勢から後方に丸め込む技を見せた。これが現在、オースイスープレックスと呼ばれているが、明らかに間違い。これはローリング・オースイ・スープレックスと呼ぶべきで、前述べのオースイスープレックスとは、全く別の技である。なお、初代タイガーマスクのイメージから逃れるためか、ザ・コブラが使用したタイガースープレックスもオースイ・スープレックスと呼称されていたことがある。

返し方

  • 力で強引にクラッチを振り解く
  • 急所蹴り
  • 投げられた瞬間に身体を後方に回転させる(丸藤正道が初披露)

主な使い手

佐山式クラッチ

  • 佐山聡(初代タイガーマスク)
  • 金本浩二(3代目タイガーマスク)
  • タイガーマスク(4代目)
  • 新井健一郎(阪神タイガースープレックスという名前で使用)
  • タイガースマスク(タイガース・スープレックスという名前で使用)
  • 前田日明(リバース・サルトという名前で使用)
  • 佐野巧真

三沢式クラッチ(タイガー・スープレックス'84)

派生技

タイガー・スープレックス'04
タイガー・エンペラーの得意技。片腕をチキンウィングに固めたまま、逆の手を相手の太腿へ伸ばし、抱え式バックドロップのように後方に反り投げ、そのままフォールする。
テキーラ・サンライズ
尾崎魔弓が使用している、左腕をチキンウィングに固めた形で、自分の右腕をハーフネルソン風に回した上で相手の右手首も掴んで頭部脇にロック、そのまま後方へ投げる技。後述のミストクラッシュと異なり、右手首を固めているところが最大の特徴である。
デスレイク・ドライブ
下田美馬の得意技。雪崩式の投げっぱなしタイガースープレックス。格闘ゲームでも「ザ・キング・オブ・ファイターズ」のクラーク・スティルが使用する。
ミレニアム・スープレックス(チキンウィング・スープレックス)
チキンウィングフェースロックで極めた相手を後方に投げつける技。タイガーマスク(4代目)の得意技で、1999年10月19日に公開された。
ビクトリー・タイガー
相手の喉下を掴んで後方に投げるタイガースープレックス。主な使い手は風間ルミ
タイガー・スープレックス'85
「毎年、新技を出す」との公約から生まれた2代目タイガーマスク(三沢光晴)の技。開発者の関係で「タイガー」の名を冠しているが、クラッチの状態からドラゴン・スープレックスに近い。詳しくはドラゴン・スープレックスを参照。
ミストクラッシュ
片腕がタイガー・スープレックス、片腕がドラゴン・スープレックスという投げ技。ムシキング・テリーが使用している。佐々木健介のキングバスターもほぼ同型。

関連項目

今日は何の日(9月18日

もっと見る

「タイガースープレックス」のQ&A