タイガー・コンウェイ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイガー・コンウェイ・ジュニア
プロフィール
リングネーム タイガー・コンウェイ・ジュニア
タイガー・キット・コンウェイ
ブラック・クルセーダー
本名 デニス・コンウェイ・ジュニア
身長 180cm - 183cm[1]
体重 104kg - 112kg[1]
誕生日 1953年????[2]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州
ヒューストン[1]
スポーツ歴 アメリカンフットボール[2]
トレーナー タイガー・コンウェイ・シニア[2]
デビュー 1971年[2]
テンプレートを表示

タイガー・コンウェイ・ジュニアTiger Conway Jr. 、本名:Plasee Dennis Conway Jr.1953年 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州ヒューストン出身のアフリカ系アメリカ人

地元のテキサスをはじめとするNWA南部テリトリーを主戦場に、アフロヘアー黒人ベビーフェイスとして人気を集めた[2]。"Texas Negro champion" として1960年代に活躍したタイガー・コンウェイ・シニア(Tiger Conway, Sr.)の息子である[3]

来歴[編集]

アメリカンフットボールで活動後、父タイガー・コンウェイ・シニアのトレーニングを受けて1971年にデビューするが[2]、体が小さかったため、当初はレフェリーをしていたともされる[1]テキサスを皮切りに、ジョージアセントラル・ステーツ地区などを転戦してキャリアを重ね、1974年よりミッドアトランティック地区に進出[4]

同地区では、フェイスターンしていたスウェード・ハンセンのパートナーに起用され、それまでハンセンとタッグを組んでいたリップ・ホークと、ホークの「甥」として売り出し中だったリック・フレアー[5]とのタッグ抗争を展開した[6][7]。童顔でアイドル的な人気を得ていたことから、フレアーは自著において「コンウェイの人気にあやかれることを期待していた」などと当時を述懐している[7]。同年12月6日にはポール・ジョーンズと組み、フレアー&ブルート・バーナードを破ってNWAミッドアトランティック・タッグ王座を獲得[8]。同王座は1977年4月10日にも、ディノ・ブラボーをパートナーにジェリー・ブラウン&バディ・ロバーツハリウッド・ブロンズから獲得したが、6月30日にフレアー&グレッグ・バレンタインに奪取されている[8]

1977年末よりテキサスに戻り、フリッツ・フォン・エリックが主宰していたダラスのNWAビッグタイム・レスリング(後のWCCW)に参戦。1978年12月17日、当時ベビーフェイスのポジションにいたブル・ラモスとの異色コンビで、マーク・ルーイン&キラー・カール・クラップを下しNWAテキサス・タッグ王座を獲得[9]。その後も同王座には、1979年デビッド・フォン・エリック1980年ケリー・フォン・エリックと組んで戴冠している[9]ホセ・ロザリオともタッグを組み、ジノ・ヘルナンデス&エル・グラン・マルクスやミスター・ヒト&ミスター・サクラダなどのチームとNWAアメリカン・タッグ王座を争った[10]

1981年からはサンアントニオを本拠地とするサウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリングで活動。ワフー・マクダニエルマニー・フェルナンデススコット・ケーシー、そして同地区ではベビーフェイスとして活躍していたボビー・ダンカンブルーザー・ブロディとも共闘し、タンク・パットンタリー・ブランチャードバック・ロブレイキラー・ブルックスボビー・ジャガーズミスター・ポーゴなどと対戦[11][12]。パットンとはブラスナックル王座を巡る抗争劇を繰り広げた[13]

ホームタウンのヒューストンに進出していたビル・ワットのMSWAにも参戦し、1983年3月12日にミスター・レスリング2号と組んでテッド・デビアス&マット・ボーンからミッドサウス・タッグ王座を奪取[14]1984年1985年にはWWFのテキサスでの興行にも出場、プレイボーイ・バディ・ローズムーンドッグ・スポットから勝利を収めている[15][16]1986年はサウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリングの後継団体であるテキサス・オールスター・レスリングにて、アイスマン・キング・パーソンズとの黒人コンビで活躍した[17]

1987年、古巣のミッドアトランティック地区にてシャスカ・ワトレーをパートナーに、サミー・デイヴィス・ジュニアなど往年の黒人エンターテイナーをイメージしたタッグチーム、ジャイブ・トーンズThe Jive Tones)を結成[18]。ベビーフェイス的なギミックでありながらヒールのポジションで活動し、ブラッド・アームストロング&ティム・ホーナーのライトニング・エクスプレスと抗争[19]ジミー・バリアント&バグジー・マグローファビュラス・フリーバーズマイケル・ヘイズ&ジミー・ガービン)、ロード・ウォリアーズとも対戦した[19][20]1989年8月にはワトレーとのジャイブ・トーンズとして全日本プロレスの『サマー・アクション・シリーズII』に初来日。陽気なパフォーマンスと多彩な連携プレイで人気を集め[1]、シリーズの外国人エース格だったアブドーラ・ザ・ブッチャーともトリオを組み、ジャイアント馬場ラッシャー木村ザ・グレート・カブキ組や天龍同盟との6人タッグマッチも行われた[18]

ジャイブ・トーンズ解散後、旧友デビアスの招きでWWFへのレギュラー参戦も計画されていたが実現には到らず[2]1990年代初頭はテキサスのインディー団体に単発出場していた[4]。引退後は故郷のヒューストンにて外構施工会社を経営している[2]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
NWAビッグタイム・レスリング
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCWテキサス・ブラスナックル王座:2回[13]
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
テキサス・オールスター・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P86(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f g h Tiger Conway Jr. was born to wrestle”. SLAM! Sports (April 7, 2011). 2014年10月3日閲覧。
  3. ^ Tiger Conway Sr. dead at 74”. SLAM! Sports ( November 14, 2006). 2014年10月3日閲覧。
  4. ^ a b Tiger Conway Jr.”. Wrestlingdata.com. 2014年10月3日閲覧。
  5. ^ Rip Hawk - The Gateway Interview”. Mid-Atlantic Gateway. 2014年10月3日閲覧。
  6. ^ Swede Hanson and Tiger Conway Jr.”. Wrestlingdata.com. 2014年10月3日閲覧。
  7. ^ a b リック・フレアー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン』P69-70(2004年、エンターブレイン、ISBN 4757721536)
  8. ^ a b c NWA Mid-Atlantic Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月3日閲覧。
  9. ^ a b NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月3日閲覧。
  10. ^ a b NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月3日閲覧。
  11. ^ The SWCW matches fought by Tiger Conway Jr. in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年10月3日閲覧。
  12. ^ The SWCW matches fought by Tiger Conway Jr. in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年10月3日閲覧。
  13. ^ a b SCW Texas Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月3日閲覧。
  14. ^ a b Mid-South Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月3日閲覧。
  15. ^ The WWE matches fought by Tiger Conway Jr. in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年10月3日閲覧。
  16. ^ The WWE matches fought by Tiger Conway Jr. in 1985”. Wrestlingdata.com. 2014年10月3日閲覧。
  17. ^ a b TASW USA Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月3日閲覧。
  18. ^ a b Tag Team "The Jive Tones"”. Wrestlingdata.com. 2014年10月2日閲覧。
  19. ^ a b The WCW matches fought by Tiger Conway Jr. in 1987”. Wrestlingdata.com. 2014年10月3日閲覧。
  20. ^ The WCW matches fought by Tiger Conway Jr. in 1988”. Wrestlingdata.com. 2014年10月3日閲覧。