タイタニック2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タイタニック2号
Titanic II.jpg
タイタニック2号
基本情報
所有者 Blue Star Line Cruises Flag 2.svg ブルー・スター・ライン
オーストラリアブリスベン
建造所 長江航運集団金陵造船所
中国南京市
建造費 5億ドル
経歴
現況 開発段階
要目
トン数 56,000 トン (予定)
長さ 269.1 m
32.2 m
喫水 7.5 m
デッキ数 10層
主機関 バルチラ社製
12気筒ディーゼル発電機 2基
8気筒ディーゼル発電機 2基
推進器 アジマススラスター(アジポッド)社製 電動推進器 3基
出力 48,000 kW(64,000馬力
最大速力 24ノット (約44km/h
航海速力 未定
旅客定員 2,435名
乗組員 900名
テンプレートを表示

タイタニック2号(タイタニックにごう、英語表記:Titanic II、タイタニック・ツー)は、20世紀初頭に建造されて北大西洋上で氷山に接触して沈没した豪華客船RMSタイタニックの、レプリカとして考案・計画されている遠洋定期船である。

概要[編集]

2012年4月30日に、オーストラリアの資産家であるクライブ・パーマー氏によってタイタニック2号(Titanic II)の建造プロジェクトが発表された。タイタニック2号は、パーマー氏が所有するクルーズ会社、ブルー・スター・ライン(Blue Star Line)のフラッグシップ客船として位置付けられることが決定した。処女航海は、タイタニック号が沈没してから104年後にあたる2016年で、サウサンプトンからニューヨーク間のルートを予定しているとされていた。

設計については、フィンランドのデルタマリン社が担当、中国の国営造船会社である長江航運集団金陵造船所(中国外運長航集団船舶重工金陵造船所)が建造を請け負うことで、同年に契約締結がなされた。しかし、その後の業界団体の調査で、造船所側に豪華客船を建造する技術も能力もないことが判明。建造計画はスタート時点から頓挫状態となった[1]。2016年2月15日の中国紙・現代快報の報道によれば「初航海は2018年」とする一部のメディア報道に対して造船所の関係者は「まだ着工していない。18年に出航できるかは未知数だ」と述べたとされる[2]

2018年9月にクライブ・パーマーが率いる海運会社「ブルースターライン」は計画を再開し、2022年にも初航海する予定だと発表した[3][4]。旧タイタニック号と同じ航路を辿る予定だという。

出典[編集]