タイタンファイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
タイタンファイト
設立 2000年
主催 株式会社ウィット
本部 日本の旗 日本
東京都渋谷区
代表者 山本喧一
テンプレートを表示

タイタンファイトTitan Fight)は、日本総合格闘技大会。

概要[編集]

UWFインターナショナル山本喧一がプロデュースする。プロアマ問わず様々な格闘家及び武道家が集まり、統一ルールでの試合を行う。素手あり、頭突きあり、肘ありの過激な異種格闘技と言われている。

2009年、T-1の二見理社長の協力で8年ぶりに活動再開。大会名が「タイタン・ファイティング・チャンピオンシップ」に変更され、二見が実行委員長に就任した。

第6回大会が予定されていた(2009年11月予定、中止になり2010年2月に延期)が未開催になった。活動停止状態である。

歴代優勝者[編集]

  • 第1回大会(2000年9月29日開催)
優勝:梁正基(所属:POD、種目:グラップリング
2位:市川直人(所属:POD、種目:グラップリング)
3位:宇田亨(所属:フリー、種目:レスリング
  • 第2回大会(2001年1月21日開催)
優勝:久松勇二(所属:和術慧舟會 TIGER PLACE、種目:総合格闘技
2位:折橋謙(所属:フリー、種目:グラップリング
3位:芹沢健一(所属:和術慧舟會 駿河道場、種目:総合格闘技)
  • 第3回大会(2001年4月30日開催)
優勝:奥田正勝(所属:真武館、種目:空手
2位:清水優輝(所属:翼鍛練所、種目:レスリング
3位:鈴木雅史(所属:子へびクラブ、種目:レスリング)
  • 第4回大会(2001年7月1日開催)
優勝:石井淳(所属:超人クラブ)
2位:山本高行(所属:フリー、種目:柔道
3位:所英男(所属:リバーサルジム、種目:グラップリング
  • 第5回大会(2009年8月23日開催)
優勝:阿部佑一朗(所属:パラエストラ小岩、種目:総合格闘技空手
2位:西田操一(所属:フリー、種目:空手・柔道
3位:SEIKEN(所属:フリー、種目:レスリング

ルール[編集]

タイタン・ファイティング・チャンピオンシップ5よりのルール

  • 試合時間
1ラウンド4分、インターバル1分
  • ラウンド
準決勝、決勝のみフリーラウンドの完全決着戦。それ以外は3ラウンド制
  • 着衣
金具のついていない動きやすい格好。または各格闘技用着衣(試合前にチェックあり)
  • 防具
マウスピース、ファールカップは必ず着用。イヤーパッド、サポーター、ニーパッド、レガースの着用は自由。シューズは試合前のチェックをパスしたもののみ可。
  • 勝敗
ギブアップ、レフェリーストップ、打撃攻撃などによるノックアウト、セコンドのタオル投入による試合放棄で決着。
  • 失格
大会規定のステージからの落下(ドロップアウト)は二回までOKで三回目に失格。悪質な反則攻撃を行った場合、セコンドまたはそれに準ずる者がステージに上がる、もしくはステージ上の試合を妨げた場合、失格とする。

また、同時に場外に転落した場合、試合時間内に決着がつかなかった場合は、両者失格とする。

  • 審判
レフェリーは選手の安全確保を最重要視したレフェリングの義務を負い、全ての試合に対して進行、決着させる権限を有する。
  • 階級
体重、年齢全て無差別とする
  • 反則
噛付き、金的、頭髪を引っ張るなどの行為。粘膜部分(目、鼻、耳、口、肛門等)への攻撃。2本以下の指をつかんでの攻撃。道衣着用の際、帯および袖の脱げた状態でのそれらを利用した攻撃(帯による直接的な首絞め等)。直接咽仏をつかむ、突くなどの道徳に反する行為。悪質な試合態度と審判がみなした場合。ルール内においても、明らかに競技者としてふさわしくない危険行為を行った場合。レフェリーの指示に従わない場合
  • 打撃攻撃
原則として全ての局面での脊柱以外への打撃攻撃は許される。ただし、首から上のオープンハンドでの打撃攻撃は目潰しとみなし、反則とする。また、頭突き、肘打ち、膝蹴りは全て禁止とする。打撃攻撃で明らかに戦意を喪失した場合、および流血して動きが止まった場合、レフェリーの判断で試合を終了させることができる。
  • 準決勝ノーパット(1回戦〜準決勝までは、主催者が認めた金具の付いていないもので、全てコットンなどの柔らかい繊維で出来ている物を認めます。付けていない場合は肘打ちは禁止)での肘あり、決勝頭突きあり。