タイド (鈴木光司の小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タイド
著者 鈴木光司
発行日 2013年9月5日
発行元 KADOKAWA
ジャンル ミステリ
ホラー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 344
公式サイト kadokawa.co.jp/
コード ISBN 978-4-04-110519-1
ISBN 978-4-04-103994-6(文庫
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

タイド』は、鈴木光司が著した「リング」シリーズのミステリホラー小説である。2013年9月5日KADOKAWAから単行本が刊行され[1]、さらに2016年3月25日にKADOKAWAから文庫が刊行された。

メディアミックスとして、本作を原作とした実写映画が、2019年5月24日池田エライザ主演で公開された[1]

あらすじ[編集]

 ループ界に戻った高山竜司(二見馨)は柏田誠二の名で予備校教師として暮らしていた。教え子の由名理絵から幼馴染みの田島春菜についての相談を受けるが、その中で柏田は自分に向けられたと思われるメッセージ受け、その暗示に基づいて大島を訪れる。そこで柏田は山村志津子の息子で貞子の弟である哲生の存在を知る。

 そんな中、自分に瓜二つの川口徹と出会った柏田は、突然意識が封じ込められてしまう。水を介してコミュニケーションが取れることに気づいた柏田と川口は、竜司がループ界に戻る際に二人に分かれてしまったことを知る。川口は柏田に代わって高山竜司の母・瑞穂について調査し、瑞穂と山村志津子が同一人物であることを突き止めた。志津子は幼馴染みの源治の力を借り、死んだと見せかけて高山瑞穂として第二の人生を歩んでいたのだった。そして竜司こそが山村哲生であった。瑞穂に選ばれた哲生と捨てられた貞子。貞子の怨念は志津子と哲生に向けられたものだった。

 瑞穂に会おうと旅立つ川口と柏田。実は二人は最初から分かれてはおらず、二重人格になっているだけであった。瑞穂、そして貞子と再会する哲生。貞子は哲生に二つの要求をする。一つは瑞穂を自分に看取らせること。もう一つは人類の未来と引き換えに、最も嫌だと思う死に方をすること。それはかつて探偵の真庭と話したことがある、少女連続誘拐殺人事件の犯人として死刑執行されるというものだった。

登場人物[編集]

  • 柏田誠二 - 主人公。二見馨(高山竜司)が現実世界から転生した人物。
  • 川口徹 - 柏田と瓜二つの人物。
  • 高山瑞穂 - 高山竜司の母。
  • 山村志津子
  • 源治 - 志津子の幼馴染。
  • 山村哲生 - 志津子の息子。貞子の弟。
  • 由名理絵 - 柏田が勤める予備校の生徒。
  • 田島春菜 - 理絵の幼馴染み。博物館で不思議な能力を得る。
  • 真庭孝行 - 探偵。
  • 丸山真砂子 - 高野舞から生まれた山村貞子の化身。
  • 丸山茜 - 真砂子の娘。母の死により満男の施設に入る。
  • 安藤満男 - 竜司の友人。
  • 山村貞子

実写映画[編集]

貞子
監督 中田秀夫
脚本 杉原憲明
原作 鈴木光司「タイド」
製作 今安玲子
原公男
製作総指揮 井上伸一郎
出演者 池田エライザ
塚本高史
清水尋也
姫嶋ひめか
桐山漣
ともさかりえ
佐藤仁美
音楽 海田庄吾
主題歌 女王蜂「聖戦」
撮影 今井孝博
編集 青野直子
制作会社 角川大映スタジオ
ツインズジャパン
製作会社 映画「貞子」製作委員会
配給 KADOKAWA
公開 日本の旗 2019年5月24日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 貞子vs伽椰子
テンプレートを表示

貞子』(さだこ)のタイトルで、中田秀夫監督により、2019年5月24日に映画化[2]。主演は池田エライザ[2]。 『タイド』が原作とクレジットされているが、登場人物が異なりYouTubeを題材としているなど、内容は小説とは異なるオリジナルストーリーとなっている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)
  • 監督:中田秀夫
  • 脚本:杉原憲明
  • 音楽:海田庄吾
  • 主題歌:女王蜂「聖戦」(Sony Music Associated Records
  • プロモーション使用楽曲:女王蜂「feels like “HEAVEN”」(Sony Music Associated Records)
  • エグゼクティブプロデューサー:井上伸一郎
  • 製作:堀内大示、岡田美穂、下田淳行、香川正二郎、蜂谷智
  • 企画:水上繁雄
  • プロデューサー:今安玲子、原公男
  • ラインプロデューサー:及川義幸
  • 撮影:今井孝博
  • 照明:木村匡博
  • 録音:室薗剛
  • 美術:塚本周作
  • 装飾:柳澤武
  • 編集:青野直子
  • VFXスーパーバイザー:立石勝
  • 音響効果:大河原将
  • スクリプター:吉田久美子
  • 衣装:宮本まさ江
  • ヘアメイク:外丸愛
  • 助監督:佐伯竜一
  • 制作担当:田辺正樹、保中良介
  • 宣伝プロデューサー:森島奈津子
  • 配給:KADOKAWA
  • 制作プロダクション:角川大映スタジオ、ツインズジャパン
  • 製作:「貞子」製作委員会(KADOKAWA、関西テレビ放送、ツインズジャパン、テレビ新広島岡山放送

スピンオフ[編集]

貞子さんとさだこちゃん
ComicWalkerで配信の映画『貞子』のスピンオフWebコミック。脚本は杉原憲明、著者は津々巳あや。貞子視点のギャグコメディ。
2019年5月23日発売、ISBN 978-4-04-065703-5
終末の貞子さん
月刊コミックジーンで連載のスピンオフコミック。元は、著者がTwitter上でパロディとして描いた作品であるが、話題となって出版社で連載となった。なので、鈴木光司の原作クレジットはなく、また脚本の杉原憲明のクレジットもないが、映画の正式なスピンオフとして告知されれいる[6]。監修はKADOKAWA、著者は夏見こま。文明が滅んでしまった世界で幼女と旅をする貞子のヒューマンストーリー。
2019年6月27日発売、ISBN 978-4-04-065782-0

ノベライズ[編集]

どちらも映画のノベライズで、原作小説の文庫化ではない。また、映画本編と一部内容が異なる。

貞子
角川ホラー文庫より刊行。脚本は杉原憲明、著者は牧野修
2019年4月24日発売、ISBN 978-4-04-107864-8
貞子 角川つばさ文庫版
角川つばさ文庫より刊行された児童向け小説。脚本は杉原憲明、著者は山室有紀子、イラストはあきづきりょう
2019年5月15日発売、ISBN 978-4-04-631900-5

Web動画[編集]

『【貞子】伊豆大島 里帰りの旅〜友だち100人できるかな〜』
2019年4月12日にYouTube・KADOKAWA映画チャンネルで配信されたWeb実写動画。貞子が伊豆大島に渡り島民と交流する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]