タイニイ・バブルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
タイニイ・バブルス
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1980年1月10日 - 3月2日
VICTOR STUDIO
MEDIA STUDIO
ジャンル ロック[1]
ブルースロック[2]
レゲエ[2]
ジャズ[2]
スウィング・ジャズ[2]
歌謡曲[2]
時間
レーベル Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
プロデュース 高垣健
Burning Publishers
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 1980年度年間13位(オリコン)
サザンオールスターズ アルバム 年表
ベスト・オブ・サザンオールスターズ
1979年
タイニイ・バブルス
(1980年)
Kick Off!
(1980年)
『タイニイ・バブルス』収録のシングル
  1. C調言葉に御用心
    リリース: 1979年10月25日
  2. 涙のアベニュー
    リリース: 1980年2月21日
  3. 恋するマンスリー・デイ
    リリース: 1980年3月21日
テンプレートを表示

タイニイ・バブルス』(Tiny Bubbles) は、サザンオールスターズの3枚目のオリジナル・アルバム1980年3月21日にレコードで発売。発売元はInvitation

1984年6月21日1998年4月22日2008年12月3日CDで再発売されている。1989年6月25日にはCDとカセットテープで再発売された。また、2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[3][4]

背景[編集]

発売当時「FIVE ROCK SHOW」と打ち出し、シングル5か月連続リリースという企画を実施し、同時期よりレコーディングに集中するため、テレビなどメディアの露出を控えることとなった。本作はその最中に発売された作品で、シングル「恋するマンスリー・デイ」と同時発売された[2]

リリース[編集]

本作の表ジャケットにはが使われており、裏ジャケットにメンバー全員分の写真が猫になっているものが載せられ、メンバーは片隅に小さく載っている。

本作のカセットテープ盤のジャケットは、レコード盤とはジャケット違いであったが、初回生産のみで、後にLP盤と同一のものに統一されている。

同バンドの初期の楽曲はバーニングが権利を持っており、本作もプロデュースはバーニングプロダクションによるものである。

1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(紙ジャケット)仕様で、ウルフルズトータス松本によるライナーノーツが封入されている。

再発売[編集]

チャート成績[編集]

本作は自身の作品初となるオリコンチャート1位を記録した作品であり[5]、本作以降2015年の発売『葡萄』までオリジナルアルバムはすべてオリコンチャートで1位を獲得している。

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナル・アナログ盤では6曲目からがB面となっている。
  1. ふたりだけのパーティ ~ Tiny Bubbles (type-A) (5:05)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:新田一郎
    ヤマザキナビスコ「チップスター」CMソング。
    メドレー形式楽曲。「Tiny Bubbles (type-A)」は単独曲でないため厳密には異なるが、本アルバム収録の「Tiny Bubbles (type-B)」とこの楽曲は自身にとって初の全英語詞曲となる[2]
    曲中のスライドギターは桑田が演奏している[6]
  2. タバコ・ロードにセクシーばあちゃん (3:35)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:新田一郎)
    コミカルなタイトルだが、内容は人生の晩年を迎えた男女の恋心を歌ったラブソングである。
    タバコ・ロード”とは、アメリカ南部を象徴する言葉[2]
  3. Hey! Ryudo! (ヘイ! リュード!) (4:07)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:八木正生
    シングル「涙のアベニュー」のカップリング曲。シングル盤からは桑田と関口の漫才的掛け合いや後奏がカットされている。
  4. 私はピアノ (4:03)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    原由子初のメインボーカル曲。後に高田みづえにカバーされた。
  5. 涙のアベニュー (4:06)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    6枚目シングル。
  6. TO YOU (3:43)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    歌詞中にはサザンが所属する事務所アミューズが登場する。
  7. 恋するマンスリー・デイ (4:16)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    本作と同時発売の7枚目シングル。
  8. 松田の子守唄 (2:57)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:新田一郎)
    松田弘のメインボーカル曲。
    安藤裕子がアルバム『大人のまじめなカバーシリーズ』でカバーしている。
  9. C調言葉に御用心 (4:38)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:新田一郎)
    5枚目シングル。
  10. Tiny Bubbles (type-B) (2:21)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    単独曲としてはサザン初の全英語詞曲。1曲目の「Tiny Bubbles」部分がカットされた形となるが、歌詞・歌唱共に異なる。
  11. 働けロック・バンド (Workin' for T.V.) (4:01)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    歌詞は、デビューして間もなくテレビ出演に忙殺されていた際の嘆きや怒りを歌っている[2][7][8]

参加ミュージシャン[編集]

  • 谷口陽一 - スティール・ギター
  • Linda - コーラス
  • 京谷弘司 - バンドネオン
  • 新田一郎 - トランペット
  • 兼崎順一 - トランペット
  • 吉田俊之 - トロンボーン
  • 包国充 - テナーサックス
  • 羽鳥幸次 - トランペット
  • 武田和三 - トランペット
  • 安孫子浩 - トランペット
  • 岡野等 - トランペット
  • 中沢忠孝 - トロンボーン
  • 福井寛隆 - トロンボーン
  • 鍵和田道男 - トロンボーン
  • 市原宏祐 - テナーサックス
  • 三森一郎 - テナーサックス
  • 清水万紀夫 - クラリネット
  • 鈴木重男 - アルトサックス
  • 鈴木正男 - クラリネット
  • 数原晋 - トランペット
  • 平内保夫 - トロンボーン
  • 砂原俊三 - バリトンサックス
  • Jake-H-Conception - サクソフォーンフルート
  • Joe Strings - ストリングス
  • 玉野グループ - ストリングス
  • 多グループ - ストリングス

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p22
  2. ^ a b c d e f g h i 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p108-109
  3. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  4. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  5. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信 vol.130 4ページより
  6. ^ 桑田佳祐「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」(1984年、新潮社、p87)
  7. ^ 大森隆志×平野 悠 ー『Back to Shimokitazawa』開催記念特別対談(Rooftop2017年6月号) 3ページRooftop
  8. ^ レコーディング以外の活動を休止して制作したというサザンオールスターズ『タイニイ・バブルス』WHAT's IN? Tokyo 2019年10月12日 2020年10月10日閲覧