タイニーポエム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイニーポエム
Tiny Poem
名称 タイニーポエム
英語名称 Tiny Poem
モチーフ 妖精[注釈 1]
発売年 1975年
デザイナー 渡辺八千代[1]
キャラクター大賞順位 47位(2012年)[2]
いちご新聞初見 1975年11月15日号(15号)[3]
愛称 風の子さっちゃん
関連キャラクター ダイちゃん
出演 サンリオピューロランド、他
誕生日 1月21日
公式サイト タイニーポエムプロフィール

タイニーポエムラテン文字表記:Tiny Poem)は、サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。通称、風の子さっちゃん。水彩画を思わせる柔らかなタッチのキャラクターである。

来歴[編集]

1975年にキャラクター開発[4]。いちご新聞15号(1975年11月15日号)の紙面の「キャラクター物語」の枠内で「風の子さっちゃん」のキャラクターとして初登場した[3]。登場時は「コンニチワ」と書かれた紙を手にしていた。キャラクターデザインは渡辺八千代が起こした[1]

サンリオ創業50周年の際の記念イベントとして東京お台場にて「GREEN TOKYO HELLO KITTY & FRIENDS」(グリーン・トウキョウ・ハローキティ・アンド・フレンズ)が2010年8月9日から8月22日にかけて開催され、お台場の海上にサンリオキャラクターが描かれた大小のバルーンが浮かべられ、その中に「タイニーポエム」も対象とされた[5]

サンリオキャラクター大賞に毎回ノミネートされている。また、その前身であるサンリオキャラクターコンテストにも第三回(いちご新聞15号・1975年11月15日)よりノミネートされている[1]

設定[編集]

さっちゃん
「タイニーポエム」のメインキャラクター。本名さっちゃん。エプロンを着けた着物姿をした風の妖精の女のコ。性格はちょっぴりさみしがリやだが、とても素直でやさしい[6]。誕生日は1月21日。
風船で空をふわふわ飛びながら旅するほか[6]、動物たちと鬼ごっこしたり、緑の野山を風に乗りながら元気に飛び回るのが好き[4][6]。靴は履いておらず、いつも裸足で歩き回っているが、ふわふわしているので歩いても痛くない[7]
特技は風に乗ることと動物と話ができること[6]。好きな食べ物はいちごとさくらんぼで[4]、好きな花はたんぽぽ[8]。小さな山と山の間にあるレンゲの谷で生まれ、小さなわらぶき屋根の家に住んでいる。両親のほか、いちごの王様を尊敬している[7]
子ヒツジさん
遠い牧場からやってきた迷子の子ヒツジで、さっちゃんのいちばんの友達[6]
ダイちゃん
音楽を奏でるのが好きな、さっちゃんのボーイフレンド[7]

これ以外にもうさぎさんなどのさまざまな動物たちが登場する。

商品[編集]

レターセットなどのステーショナリーグッズマグカップパースバッグなどの日用品が発売されていた[9][注釈 2]

書籍[編集]

『風の子さっちゃん ちっちゃなうた』[10]
発売日:1977年
著者:きのゆり
出版社:サンリオ
概要:タイニーポエムの詩画集
『風の子さっちゃんわらべうた』[11]
発売日:1978年6月
著者:渡辺八千代
出版社:サンリオ
概要:日本の童謡の歌集。挿し絵にタイニーポエムのイラストが使用されている。

イメージソング[編集]

風の子さっちゃん
作詞:嵐山義之介 作曲:若子内悦郎 編曲:兼崎順一 歌:吉田裕子[12]
CDアルバム「みんなでうたおう!キャラクターソング」の12曲目に収録されている。3分9秒。

その他[編集]

  • いちご新聞』でタイニーポエムが初めて表紙を飾ったのは、1979年9月15日号(108号)である[13]
  • いちご新聞1979年6月1日号(101号)およびいちご新聞1979年6月15日号(102号)の紙面上に、いちごメルヘン劇場「風の子サッちゃん母を訪ねて」というさっちゃんが子ヒツジを連れて母を訪ねて風船で旅に出るという内容の物語が前・後編に分けて掲載された[1]
  • いちご新聞1976年9月15日号(36号)ではタイニーポエムのキャラクター特大ポスターが綴じ込み付録として添付された[14]
  • 1977年、サンリオ音楽出版より発売された小椋桂の『やっぱりおめでとう-お誕生日に-』(サンリオレコード、OKS-20001)のジャケットにはサンリオキャラクターのハローキティパティ&ジミーなどに交じってタイニーポエムも描かれている。
  • サンリオピューロランドのキャラクターグリーティングなどに、着ぐるみとして出演する時期があった[15]。現在は公式ホームページのキャラクター欄からは削除されている。
  • 2013年サンリオキャラクター大賞66位[16]。2013年サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「40位以内にランクインしたらボーイフレンドのダイちゃんと一緒に登場する」と宣言していたが[17]、ランクインを逃したため実現とはならなかった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ サンリオの公式ページでは人に分類される[1]
  2. ^ 無論これ以外にも多岐にわたる種類のグッズが発売されていた。当記事では出典に掲載されているグッズを挙げた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 竹村真奈 (2013, p. 47)
  2. ^ ハローキティが1位を奪還!「2012 年サンリオ☆キャラクター大賞」 結果発表 (PDF)”. サンリオ (2012年9月1日). 2017年12月31日閲覧。
  3. ^ a b 竹村真奈 (2013, p. 46)
  4. ^ a b c SANRIO MEMORIES36頁。
  5. ^ サンリオ創業50周年記念「GREEN TOKYO HELLO KITTY & FRIENDS」に特別協賛 東京お台場海上に高さ8 mのハローキティの巨大バルーンをはじめ、サンリオキャラクターのバルーンが大集合 そのほか記念イベントを同時開催 (PDF)”. サンリオ (2010年6月14日). 2017年12月31日閲覧。
  6. ^ a b c d e サンリオキャラクター ミニ図鑑』15頁。
  7. ^ a b c SANRIO MEMORIES41頁。
  8. ^ 森彩子 『サンリオキャラクター大図鑑』 ポプラ社、2010年11月、46頁。ISBN 978-4-591-12108-5。
  9. ^ SANRIO MEMORIES38-40頁。
  10. ^ 風の子さっちゃん ちっちゃなうた 国立国会図書館サーチ 2017年12月31日閲覧
  11. ^ 風の子さっちゃんわらべうた 国立国会図書館サーチ 2017年12月31日閲覧
  12. ^ (1992年8月21日) 『みんなでうたおう!キャラクターソング』のアルバム・ノーツ, pp. 19-20 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2030).
  13. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 145-157)
  14. ^ 竹村真奈 (2013, p. 131)
  15. ^ 『サンリオピューロランド・ガイドブック '98-'99』 サンリオ、1998年5月20日、26頁。ISBN 4-387-98001-X。
  16. ^ 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2017年12月31日閲覧。
  17. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月31日閲覧。

参考文献[編集]

  • 竹村真奈 『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』 ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020。
  • 『SANRIO MEMORIES』 サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9。
  • 『サンリオキャラクター ミニ図鑑』 サンリオ、1992年8月31日。ISBN 4-387-92157-9。

関連項目[編集]