スタンダード (マジック:ザ・ギャザリング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

スタンダードは、マジック:ザ・ギャザリングのフォーマット(大会ルール)のひとつである。

最新の基本セットと、最近発表された2つの独立型エキスパンションブロックに属するエキスパンションのカードを使うことができる。使用するカードセットが入手しやすいことから初心者にも向いている形式であり、日本含めほとんどの国で主流となっている。

使用可能なカード[編集]

2014年6月現在、スタンダードで使用可能なのは、以下のカードセットである[1]

  • 基本セット
    • 基本セット2014
  • ラヴニカへの回帰ブロック
    • ラヴニカへの回帰
    • ギルド門侵犯
    • ドラゴンの迷路
  • テーロス・ブロック
    • テーロス
    • 神々の軍勢
    • ニクスへの旅

2014年6月現在、スタンダードで使用が禁止されているカードはない[1]

カードセットの変更[編集]

基本セット2010まで
スタンダードでは「最近発売されたセット」を使用するため、新しいカードセットの発売と共に使用できるカードが変更になる。
例年、基本セットは第4版第7版までは4月、第8版~基本セット2010は7月の2年おきに発売され10月頃に大型エキスパンションセット(各独立型エキスパンションブロックの核となるセット)が発売されるため、それに準じ使用できるブロックが変更になる。これを一般にローテーションと呼ぶ。
例えば、2007年7月に『第10版』、10月に『ローウィン』が発売された。このセットがスタンダードで使用できるようになると同時にそれまで使用可能だった『ラヴニカブロック』に属する3つのセットがスタンダードで使用できなくなっている。
禁止カードの変更は、これらセットの変更とは独立して行われる。大抵の場合、ゲームバランスを大幅に崩すカードが指定されることになる。中には、スタンダードで使用可能になってわずか1ヶ月で使用禁止になってしまったカードもある。
基本セット2011以降
基本セットの発売間隔が1年おきへの変更と発売と同時のローテーションではなく翌年の大型エキスパンションセット発売と同時に使用カードの変更が行われるようになった。
これにより7~10月の約3ヶ月間、基本セットが2つ存在する期間が発生するようになる。

脚注[編集]

  1. ^ a b スタンダード・フォーマットのデッキ構築について」 Wizards of the Coast(2013年4月22日)