タイム3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TIME3
タイム・スリー
ジャンル ワイドショー
放送時間 平日 15:00 - 15:55(55分)
放送期間 1988年4月4日 - 1993年9月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 須田哲夫
笠井信輔
岩瀬恵子
前田忠明
ほか
音声 モノラル放送
オープニング 番組テーマ曲を参照
テンプレートを表示

TIME3 タイム・スリー』は、フジテレビ系列局ほかで放送されたフジテレビワイド制作部(現:情報制作局)製作のワイドショーである。製作局のフジテレビでは1988年4月4日から1993年9月30日まで放送。

概要[編集]

司会を女優が務め、ゲストトークなどで構成され、のんびりした雰囲気が漂っていた前番組『3時のあなた』に対し、本番組は基本的に社会情報や芸能情報だけを取扱い、司会も局アナにするなど、速報性を重視した内容となり、スタジオコメンテーターが「ゲストキャスター」という名目でVTRのナレーションなどを読むコーナーもあった。

1989年まで、春の天皇賞4月29日(当時の天皇誕生日)に固定されていたため、1988年は番組内でレースの模様を生中継した。

番組開始時のスポンサーは全社(ジャノメミシン桃屋全農[1]ライオン)とも「3時のあなた」から続投で、各社の生コマーシャルも継続された。桃屋の生CMで使用されていたオルゴールBGMも継続して使われた。

初回放送では、当時熱狂的な人気ぶりを見せていた光GENJIを特集した[2]

出演者[編集]

司会[編集]

  • 1988年4月4日 - 1989年3月31日:須田哲夫笠井信輔[3]岩瀬恵子
  • 1989年4月3日 - 1993年9月30日:須田哲夫、笠井信輔
    • 須田は「3時のあなた」でもサブ司会を務めていた。

芸能デスク[編集]

コメンテーター[編集]

ナレーション[編集]

ネット状況[編集]

ネット局[編集]

『タイム3』ネット局
放送局 放送対象地域 系列 備考
フジテレビジョン
(CX)
基幹・制作局
関東広域圏 フジテレビ系列
北海道文化放送
(UHB)
北海道
青森放送
(RAB)
青森県 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1991年9月30日まで[4]
岩手放送
(IBC)
岩手県 TBS系列 現・IBC岩手放送。1991年3月まで[5]
岩手めんこいテレビ
(mit)
フジテレビ系列 1991年4月開局から
仙台放送
(OX)
宮城県
秋田テレビ
(AKT)
秋田県
山形テレビ
(YTS)
山形県 1993年4月のテレビ朝日系列へのネットチェンジにより放送を終了した[6]
福島テレビ
(FTV)
福島県
新潟総合テレビ
(NST)
新潟県
長野放送
(NBS)
長野県
山梨放送
(YBS)
山梨県 日本テレビ系列 本番組を最後にネットを離脱。
テレビ静岡
(SUT)
静岡県 フジテレビ系列
富山テレビ放送
(T34)
富山県 現・BBT
石川テレビ放送
(ITC)
石川県
福井テレビジョン放送
(FTB)
福井県
東海テレビ放送
(THK)
中京広域圏
関西テレビ放送
(KTV)
近畿広域圏
山陰中央テレビジョン放送
(TSK)
島根県鳥取県
岡山放送
(OHK)
岡山県・香川県
テレビ新広島
(TSS)
広島県
テレビ山口
(tys)
山口県 TBS系列
四国放送
(JRT)
徳島県 日本テレビ系列
愛媛放送
(EBC)
愛媛県 フジテレビ系列 現・テレビ愛媛
高知放送
(RKC)
高知県 日本テレビ系列
テレビ西日本
(TNC)
福岡県 フジテレビ系列
サガテレビ
(STS)
佐賀県
テレビ長崎
(KTN)
長崎県 1990年9月まで日本テレビ系列とのクロスネット局
テレビ熊本
(TKU)
熊本県 1989年9月までテレビ朝日系列とのクロスネット局
テレビ大分
(TOS)
大分県 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
テレビ宮崎
(UMK)
宮崎県
鹿児島テレビ放送
(KTS)
鹿児島県 日本テレビ系列
フジテレビ系列
沖縄テレビ放送
(OTV)
沖縄県 フジテレビ系列

放送時間[編集]

番組テーマ曲[編集]

エピソード[編集]

  • 1991年6月28日の放送で、ビートルズ来日から翌日で25周年を迎えることを紹介した際、山本コウタローが来日当時の思い出を興奮気味に話していた途中でCMに入ってしまった。CM前ジングルが流れた途端、山本は思わず凍りついた。この模様は後に『FNS番組対抗NG名珍場面大賞』でも放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本番組放送期間中に当枠から降板。大正製薬へ交代した。
  2. ^ 『朝日新聞』1988年4月4日付朝刊、28面、テレビ欄及び紙面下部の番宣広告より引用。
  3. ^ 開始から数年間は『笑っていいとも!』のテレフォンアナウンサー(主に木曜日など)を兼務。
  4. ^ 番組開始当時、日本テレビ系列とテレビ朝日系列のクロスネットでフジテレビ系列のこの番組を番販扱いでネットしていたが、1991年10月1日の青森朝日放送(ABA)開局に伴い、日本テレビ系列のフルネット局(マストバイ局)になった関係で放送を終了した。後番組は日本テレビ制作『キャッチ』の同時ネット放送(「キャッチ」司会の小倉智昭は、ネット開始前に青森放送のインタビューで「タイム3」をネットしていたことに触れ、同学年の須田にまつわるエピソードを語っていた)。但し、1991年9月30日の東奥日報テレビ欄には『終』のマークが付かなかった。
  5. ^ 後番組はTBSの『3時にあいましょう』の同時ネット。
  6. ^ ただし、ケーブルテレビなどで近隣のフジテレビ系列を受信できた場合は4月以降も視聴できた。
フジテレビ系列 平日15時台前半枠
前番組 番組名 次番組
3時のあなた
※15:00 - 15:55
TIME3
タイムアングル
※14:00 - 15:25
フジテレビ 平日15時台後半枠
3時のあなた
※15:00 - 15:55
TIME3