タイラー・エップラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タイラー・エップラー
Tyler Eppler
オリックス・バファローズ #42
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州カレッジステーション
生年月日 (1993-01-05) 1993年1月5日(26歳)
身長
体重
196 cm
104 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 MLBドラフト6巡目(全体191位)でピッツバーグ・パイレーツから指名
初出場 NPB / 2019年5月4日
年俸 6,500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

タイラー・オースティン・エップラーTyler Austin Eppler1993年1月5日 - )は、オリックス・バファローズに所属するアメリカ合衆国テキサス州カレッジステーション出身[4]プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

パイレーツ傘下時代[編集]

テキサス州サム・ヒューストン州立大学英語版から、2014年のMLBドラフトピッツバーグ・パイレーツの6巡目指名(全体191位)を受けてプロ入り[3][4]。パイレーツ傘下でA-級ジェームズタウン・ジャマーズ(2014)、A+級ブレイデントン・マローダーズ(2015)、AAアルトゥーナ・カーブ(2015 - 16)、3Aインディアナポリス・インディアンズ(2017 - 18)と昇格する[3]

2018年は、3Aインディアナポリスで28試合に登板しインターナショナルリーグ2位の13勝(6敗)、防御率3.59、153イニングで118奪三振・39与四球[5][6]

オリックス時代[編集]

2019年1月15日に、NPBオリックスが獲得を発表した[2]。1年契約で年俸は推定60万ドル、背番号は42[1][7]。5月に中継ぎ要員として初昇格し、アンドリュー・アルバースの離脱を受けて5月19日の埼玉西武ライオンズ戦(京セラドーム大阪)で来日初先発を果たしたが3回2/3を3失点で敗戦投手となり2軍降格となった[8]。6月に再昇格を果たすと、6月14日の阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)では2-4とリードを許した8回表無死1・2塁の場面で救援登板。大山悠輔を三ゴロ併殺打、鳥谷敬を中飛に打ち取って無失点で凌ぐと、直後の8回裏に味方が4点を奪って逆転勝利し、来日初勝利を手にした[9]

プレースタイル[編集]

90-92mph(約146.4km/h)程度の2種類の速球(フォーシームツーシーム)を主体に、84-86mph(約136.7km/h)のスライダー、76-78mph(約123.8km/h)のカーブ、84-86mph(約136.7km/h)のチェンジアップを投げる[10]。マイナーリーグ通算で与四球率2.02。

詳細情報[編集]

記録[編集]

NPB[編集]

背番号[編集]

  • 42 (2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b オリックス、新助っ人エップラーを獲得 昨季パイレーツ傘下で13勝”. サンケイスポーツ (2019年1月15日). 2019年2月10日閲覧。
  2. ^ a b 新外国人選手獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2019年1月15日). 2019年2月10日閲覧。
  3. ^ a b c Tyler Eppler”. The Baseball Cube. 2019年2月10日閲覧。
  4. ^ a b Tyler Eppler Stats, Fantasy & News”. MLB.com. 2019年2月10日閲覧。
  5. ^ オリックスが前パイレーツのエップラー獲得を発表 昨季3Aで13勝の長身右腕”. full-Count (2019年1月15日). 2019年2月10日閲覧。
  6. ^ 【オリックス】新外国人・エップラーが合流 外国人争い「互いが競争していく中で成長したい」”. スポーツ報知 (2019年2月9日). 2019年2月10日閲覧。
  7. ^ タイラー・エップラー投手 入団発表記者会見”. オリックス・バファローズ (2019年2月9日). 2019年2月10日閲覧。
  8. ^ オリックス・エップラー4回途中3失点「悔しい」”. 日刊スポーツ (2019年5月19日). 2019年6月14日閲覧。
  9. ^ オリ連夜の逆転劇で2連勝、“西&藤川撃ち”で8回一挙4点! 阪神は逆転負けで連敗”. full-count (2019年6月14日). 2019年6月14日閲覧。
  10. ^ Adam McInturff (2018年11月30日). “Tyler Eppler (Notes From the Field)” (英語). 2080baseball. 2019年2月17日閲覧。

関連項目[編集]