タイラー・グラスノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • タイラー・グラスナウ
タイラー・グラスノー
Tyler Glasnow
タンパベイ・レイズ #20
Tyler Glasnow on April 15, 2017 (cropped).jpg
ピッツバーグ・パイレーツ時代
(2017年4月15日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡ニューホール英語版
生年月日 (1993-08-23) 1993年8月23日(25歳)
身長
体重
6' 8" =約203.2 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト5巡目
初出場 2016年7月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

タイラー・アレン・グラスノーTyler Allen Glasnow, 1993年8月23日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡ニューホール英語版出身のプロ野球選手投手)。MLBタンパベイ・レイズ所属。

メディアによっては「グラスナウ」と表記されることもある。

経歴[編集]

プロ入りとパイレーツ時代[編集]

2011年MLBドラフト5巡目(全体152位)でピッツバーグ・パイレーツから指名され、プロ入り[1]

2012年は、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・パイレーツ、A-級ステート・カレッジ・スパイクスでプレーした。2013年は、A級ウェストバージニア・パワーでプレーした[2]。最終的にシーズン111回を投げて防御率2.03、164奪三振を記録した[3]

2014年は、A+級ブレイデントン・マローダーズでプレーし[4]2015年は、AA級アルトゥーナ・カーブに昇格した。足関節の負傷により一時A-級ウェストバージニア・ブラックベアーズ英語版に降格するも回復後[5]、AA級アルトゥーナに復帰。その後AAA級インディアナポリス・インディアンスに昇格[6]。オフの11月20日40人枠入りした[7]

2016年は開幕をAAA級インディアナポリスで迎え、7月7日にメジャー初昇格を果たした[8]。同日のセントルイス・カージナルスとのデビュー戦で先発したが、5.1回を4失点の投球で敗戦投手となった[9]。同年、メジャーでは7試合に登板・うち4試合が先発登板で、防御率4.24・無勝2敗・WHIP1.50という成績に終わり、メジャー初勝利はならなかった。ただ、23.1イニングで24個の三振を奪い、奪三振率9.3を記録して才能の片鱗を見せた。なお、マイナーではAA級アルトゥーナ及びAAA級インディアナポリスで計22試合に先発登板し、防御率1.93・8勝3敗・WHIP1.17・116.2イニングで144奪三振という支配的なピッチングを見せた。

2017年1月20日、背番号を24に変更した[10]。開幕前にMLB.comが発表したプロスペクト英語版ランキングでは9位だった[11]

レイズ時代[編集]

2018年7月31日クリス・アーチャーとのトレードで、オースティン・メドウズ及び後日発表選手[注 1]と共にタンパベイ・レイズへ移籍した[13]。背番号は20。移籍してからはすぐに先発ローテーションに組み込まれたが、1勝しかできなかった[14]。レイズでは11先発で55回と2/3回を投げ、防御率4.20・64奪三振だった。

投球スタイル[編集]

長身から投げ下ろす90mph台中盤の速球と、縦に大きく割れるカーブの二球種で三振の山を築く本格派。パイレーツでエースだったゲリット・コールに匹敵する好素材という評価もあるが、現時点ではリリースポイントが不安定で制球に難がある。また、牽制クイックにも課題が残っている[15]

詳細情報[編集]

年度別投球成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 PIT 7 4 0 0 0 0 2 0 0 .000 105 23.1 22 2 13 0 3 24 2 1 13 11 4.24 1.50
2017 15 13 0 0 0 2 7 0 1 .222 305 62.0 81 13 44 2 2 56 3 0 61 53 7.69 2.02
2018 34 0 0 0 0 1 2 0 4 .333 243 56.0 47 5 34 2 1 72 7 1 28 27 4.34 1.45
TB 11 11 0 0 0 1 5 0 0 .167 225 55.2 42 10 19 1 3 64 5 1 27 26 4.20 1.10
'18計 45 11 0 0 0 2 7 0 4 .222 468 111.2 89 15 53 3 4 136 12 2 55 53 4.27 1.27
MLB:3年 67 28 0 0 0 4 16 0 5 .200 878 197.0 192 30 110 5 9 216 17 3 129 117 5.35 1.53
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2016 PIT 7 0 2 1 1 .667
2017 15 4 7 1 0 .917
2018 34 6 7 1 0 .929
TB 11 4 4 0 1 1.000
'18計 45 10 11 1 1 .955
通算 67 14 20 3 2 .919
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 51(2016年)
  • 24(2017年 - 2018年7月30日)
  • 20(2018年8月1日 - )

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年8月14日シェーン・バズと発表されている[12]

出典[編集]

  1. ^ LA North: Pirates pick Hart's Tyler Glasnow in fifth round of MLB draft”. ESPN. 2015年6月20日閲覧。
  2. ^ Pirates minor league notebook: Former 5th-round pick Glasnow shining in rotation”. Pittsburgh Tribune-Review. 2015年6月20日閲覧。
  3. ^ Pirates' big risk with pitch-heavy draft focus might soon pay off”. Pittsburgh Tribune-Review. 2015年6月20日閲覧。
  4. ^ Prospect Glasnow makes scoreless season debut”. Pittsburgh Pirates. 2015年6月20日閲覧。
  5. ^ Pirates prospect Tyler Glasnow struggles in rehab outing”. Pittsburgh Post-Gazette (2015年6月20日). 2015年6月20日閲覧。
  6. ^ Bill Brink (2015年7月30日). “Pirates notebook: Top prospect Tyler Glasnow promoted to Class AAA”. Pittsburgh Post-Gazette. 2016年2月22日閲覧。
  7. ^ Bill Brink (2015年11月20日). “Pirates add four to 40-man roster”. Pittsburgh Post-Gazette. 2016年7月8日閲覧。
  8. ^ http://espn.go.com/mlb/story/_/id/16843693/towering-tyler-glasnow-ready-fill-tall-order-pirates
  9. ^ Piscotty, Grichuk both homer as Cardinals beat Pirates
  10. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年1月21日閲覧。
  11. ^ 2017 PROSPECT WATCH” (英語). MLB.com (2017年1月28日). 2017年2月5日閲覧。
  12. ^ Marc Topkin (2018年8月14日). “Rays get RHP Shane Baz as player to be named from Pirates in Chris Archer deal” (英語). TBO.com. 2018年8月17日閲覧。
  13. ^ Pirates show they're all-in with trade for Rays pitcher Chris Archer”. ESPN (2018年8月1日). 2018年8月5日閲覧。
  14. ^ Tyler Glasnow strikes out 5 in Rays debut”. MLB.com. 2018年12月25日閲覧。
  15. ^ 「2016プロスペクト・ランキングトップ100」『月刊スラッガー』2016年5・6月合併号 日本スポーツ企画出版社 68頁

関連項目[編集]