タイラー・パストルニッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイラー・パストルニッキー
Tyler Pastornicky
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マナティ郡ブレイデントン
生年月日 (1989-12-13) 1989年12月13日(27歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2008年 MLBドラフト5巡目(全体159位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 2012年4月5日 ニューヨーク・メッツ
最終出場 2014年7月25日 サンディエゴ・パドレス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
プレミア12 2015年
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2015 野球

タイラー・ブロック・パストルニッキーTyler Brock Pastornicky, 1989年12月13日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州マナティ郡ブレイデントン出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

父親のクリフ・パストルニッキー英語版カンザスシティ・ロイヤルズに所属した元プロ野球選手(三塁手)である。

経歴[編集]

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2008年MLBドラフト5巡目(全体159位)でトロント・ブルージェイズから指名され、6月9日に契約。ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブルージェイズで50試合に出場し、打率.263・1本塁打・17打点・27盗塁だった。

2009年はA級ランシング・ラグナッツで109試合に出場し、打率.269・1本塁打・31打点・51盗塁だった。8月にA+級ダニーデン・ブルージェイズへ昇格。15試合に出場し、打率.270・3打点・6盗塁だった。

2010年はA+級ダニーデンで77試合に出場し、打率.258・6本塁打・35打点・24盗塁だった。

ブレーブス時代[編集]

2010年7月14日ユネル・エスコバージョジョ・レイエスとのトレードティム・コリンズアレックス・ゴンザレスと共にアトランタ・ブレーブスへ移籍。移籍後はAA級ミシシッピ・ブレーブスで38試合に出場し、打率.254・2本塁打・15打点・11盗塁だった。

2011年はAA級ミシシッピで90試合に出場し、打率.299・6本塁打・36打点・20盗塁だった。7月にAAA級グウィネット・ブレーブスへ昇格。27試合に出場し、打率.365・1本塁打・9打点・7盗塁だった。9月28日にブレーブスとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[1]

2012年3月2日にブレーブスと1年契約に合意し[2]、開幕ロースター入りした[3]4月5日に行われたニューヨーク・メッツとの開幕戦でメジャーデビュー。8番・遊撃で先発起用され、2打数1安打1四球だった[4]。その後は正遊撃手として45試合に出場していたが、5月30日にAAA級グウィネットへ降格した[5]。降格後はAAA級グウィネットで38試合に出場し、7月14日に再昇格した。昇格後は主に代打として出場した。この年は76試合に出場し、打率.243・2本塁打・13打点・2盗塁だった。

2013年3月26日にAAA級グウィネットへ異動し、開幕をAAA級で迎えた。4月23日にメジャーへ昇格[6]。昇格後は二塁手のバックアップ要員や代打として6試合に出場したが、打率が.143と結果を残せず、5月6日にAAA級グウィネットへ降格[7]6月18日に再昇格した[8]。昇格後は以前と同じく代打での起用が主であったが、7月21日に再びAAA級へ降格した[9]8月13日に再昇格[10]。再昇格後は2試合に出場し、打率を3割台に戻したものの、8月14日フィラデルフィア・フィリーズ戦で、二塁・右翼間の飛球を捕球する際に、右翼手のジェイソン・ヘイワードと衝突し左膝を負傷。8月16日に左膝前十字靭帯の損傷で15日間の故障者リスト入りした[11]。シーズン中に復帰することは出来ず、この年は20試合の出場にとどまり、打率.300だった。オフの10月7日に故障者リストから外れた。

2014年2月25日にブレーブスと1年契約に合意し[12]、開幕ロースター入りした[13]。開幕後は正二塁手のダン・アグラの控えとして数試合に先発起用されていたが、打率が.200と結果を残せず、5月28日にAAA級グウィネットへ降格した[14]。この年は28試合に出場し、打率.200・2打点だった。

2015年1月8日DFAとなり[15]3月19日に自由契約となった。

レンジャーズ傘下時代[編集]

2015年1月22日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ。6月30日2015年パンアメリカン競技大会の男子野球アメリカ合衆国代表に選出されたことが発表され[16]代表入りしている[17][18]

フィリーズ傘下時代[編集]

2015年8月10日に金銭トレードでフィラデルフィア・フィリーズ傘下へ移籍した。

オフの10月21日第1回WBSCプレミア12のアメリカ合衆国代表に選出されたことが発表された[19]。11月、フィリーズからフリーエージェントとなり以後無所属となっている。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 1(2012年 - 2014年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mark Bowman (2011年9月28日). “Moylan upbeat despite upcoming surgery”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  2. ^ Atlanta Braves Agree To Terms With 24 Players”. MLB.com Braves Press Release (2012年3月2日). 2014年5月29日閲覧。
  3. ^ Braves Set 2012 Opening Day Roster”. MLB.com Braves Press Release (2012年4月4日). 2014年5月29日閲覧。
  4. ^ Scores for Apr 5, 2012”. ESPN MLB (2012年4月5日). 2014年5月29日閲覧。
  5. ^ Mark Bowman, Teddy Cahill (2012年5月30日). “Simmons replaces Pastornicky at shortstop”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  6. ^ Owen Perkins (2013年4月23日). “Pastornicky recalled as Braves cover for Heyward”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  7. ^ Tony Meale (2013年5月7日). “Fredi expects to see Pastornicky back with Braves”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  8. ^ Mark Bowman (2013年6月18日). “Oblique strain sends Gattis to 15-day DL”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  9. ^ Brian Hedger (2013年7月21日). “Loe rediscovers sinker, back in Majors with Braves”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  10. ^ Eric Single (2013年8月15日). “Newly called up Pastornicky exits with injury”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  11. ^ Mark Bowman (2013年8月16日). “Pastornicky to undergo ACL surgery, out for season”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  12. ^ Atlanta Braves agree to terms with 19 players”. MLB.com Braves Press Release (2014年2月25日). 2014年5月29日閲覧。
  13. ^ Braves set 2014 Opening Day roster”. MLB.com Braves Press Release (2014年3月29日). 2014年5月29日閲覧。
  14. ^ Steven Petrella (2014年5月29日). “Making big league debut, La Stella notches two hits”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  15. ^ Steve Adams (2015年1月7日). “Braves To Designate Tyler Pastornicky For Assignment”. MLB Trade Rumors. 2015年1月9日閲覧。
  16. ^ 2015 U.S. Pan Am Men's Baseball roster announced[リンク切れ] Official web site of USA baseball (英語) (2015年6月30日) 2015年7月21日閲覧
  17. ^ Provisional Athletes List[リンク切れ] Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月21日閲覧 (PDF)
  18. ^ Baseball - Athlete Profile United States Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月21日閲覧
  19. ^ 2015 USA Baseball Premier12™ roster announced[リンク切れ] Official Websitr of USA Baseball (英語) (2015年10月21日) 2015年10月24日閲覧

関連項目[編集]