タイラー・ペリー マデアの家族葬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タイラー・ペリー マデアの家族葬
Tyler Perry's A Madea Family Funeral
監督 タイラー・ペリー
脚本 タイラー・ペリー
製作 タイラー・ペリー
オジー・アリュー
ウィル・アリュー
マーク・E・スウィントン
出演者 タイラー・ペリー
キャッシ・デイヴィス
パトリス・ラヴリー
マイク・タイソン
音楽 フィリップ・ホワイト
撮影 リチャード・ヴィアレット
編集 ラリー・セクストン
製作会社 タイラー・ペリー・スタジオズ
配給 アメリカ合衆国の旗ライオンズゲート
公開 アメリカ合衆国の旗2019年3月1日
日本の旗劇場未公開
上映時間 109分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗$74,747,725[2]
テンプレートを表示

タイラー・ペリー マデアの家族葬』(原題:Tyler Perry's A Madea Family Funeral)は2019年に公開されたアメリカ合衆国コメディ映画である。監督・主演はタイラー・ペリーが務めた。本作はマデアおばさんシリーズの第11作目となる作品であり、シリーズ最終作でもある[3]

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、iTunesでの配信が行われている[4]

概略[編集]

マデア、ブライアン、ジョー、バム、ハッティの5人は友人夫婦(アンソニーとヴィエンヌ)の結婚40周年記念パーティーに出席するためにジョージア州へと向かっていた。道中、無礼な警官に遭遇するというトラブルはあったが、5人は無事にホテルに到着した。ほどなくして、5人はアンソニーがレニーと性行為に及んでいる姿を目撃してしまった。しかも、レニーはヴィエンヌの親友であった。挙げ句の果てに、アンソニーは性行為の最中に心臓発作を起こし、病院に緊急搬送されたが、結局帰らぬ人となった。その隣の部屋では、アンソニーの息子(AJ)が弟(ジェシー)の婚約者と性行為に興じていた。

レニーとAJはお互いに「自分の不倫をばらしたら、お前の不倫もばらす」と口論になったが、話し合いの結果、マデアたちはアンソニーの本当の死因を隠し通すことにした。しかし、アンソニーの葬儀で一行は衝撃的な光景を目の当たりにした。

キャスト[編集]

  • タイラー・ペリー - メイベル・シモンズ(マデア)/ジョー/ブライアン/ヒースロー
  • キャッシ・デイヴィス - バムおばさん
  • パトリス・ラヴリー - ハッティ
  • マイク・タイソン - ロイ
  • シエラ・ペイトン - シルヴィア
  • KJ・スミス - キャロル
  • デヴィッド・オトゥンガ - ウィル
  • ローム・フリン - ジェシー
  • コートニー・バーレル - AJ
  • ジェン・ハーパー - ヴィアンヌ
  • クイン・ウォーターズ - レニー
  • クリスチャニー・ポーター - ミス・シャーリーン
  • エアリエル・ミランダ - ジーア
  • ジョエル・ラッシュ - 警察官
  • デレク・モーガン - アンソニー
  • ジョアンヌ・ザ・スキャマー - 本人

公開・マーケティング[編集]

当初、本作は2018年8月3日に全米公開される予定だったが[5]、後に公開日は2019年3月1日に延期された[6]

2018年10月31日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[7]

興行収入[編集]

本作は『グレタ GRETA』と同じ週に封切られ、公開初週末に2200万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[8]、実際の数字はそれを上回るものとなった。2019年3月1日、本作は全米2442館で公開され、公開初週末に2706万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった[9]。この数字はシリーズの前作『タイラー・ペリーのまた出たぞ〜! マデアのハロウィン2』(2017年)の数字(2122万ドル)を上回るものとなった[10]

評価[編集]

本作は批評家から酷評されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには34件のレビューがあり、批評家支持率は12%、平均点は10点満点で3.74点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「タイラー・ペリーが長きにわたって展開したシリーズにとって、味気ない幕下ろしとなった。『タイラー・ペリー マデアの家族葬』は作品の出来が悪いが故に、別れを告げるのが辛くなることがあるということを証明している。」となっている[11]。また、Metacriticには11件のレビューがあり、加重平均値は39/100となっている[12]。なお、本作のシネマスコアはA-となっている[13]

出典[編集]

  1. ^ タイラー・ペリー マデアの家族葬”. 映画.com. 2019年8月13日閲覧。
  2. ^ Tyler Perry's A Madea Family Funeral”. Box Office Mojo. 2019年8月13日閲覧。
  3. ^ Tyler Perry ending 'Madea' character in 2019”. CNN (2018年10月31日). 2019年8月13日閲覧。
  4. ^ タイラー・ペリー マデアの家族葬”. iTunes. 2019年8月13日閲覧。
  5. ^ Tyler Perry’s ‘She’s Living My Life’ To Open Easter Weekend 2018; ‘Madea Family Funeral’ Eyes Next Summer”. Deadline.com (2017年6月22日). 2019年8月13日閲覧。
  6. ^ ‘Madea Family Funeral’ From Lionsgate Moves To 2019”. Deadline.com (2018年5月31日). 2019年8月13日閲覧。
  7. ^ Tyler Perry’s A Madea Family Funeral (2019 Movie) Official Trailer - Tyler Perry, Cassi Davis”. YouTube (2018年10月31日). 2019年8月13日閲覧。
  8. ^ Dragons Will Reign at the Box Office Again as Tyler Perry Bids Farewell to 'Madea'”. Box Office Mojo (2019年2月28日). 2019年8月13日閲覧。
  9. ^ March 1-3, 2019”. Box Office Mojo. 2019年8月13日閲覧。
  10. ^ October 20-22, 2017”. Box Office Mojo. 2019年8月13日閲覧。
  11. ^ Tyler Perry's A Madea Family Funeral”. Rotten Tomatoes. 2019年8月13日閲覧。
  12. ^ Tyler Perry's A Madea Family Funeral (2019)”. Metacritic. 2019年8月13日閲覧。
  13. ^ ‘Dragon 3’ Keeps The Fire Burning At No. 1 With $30M Second Weekend; ‘Madea’ Mints $27M”. Deadline.com (2019年3月3日). 2019年8月13日閲覧。