タイロン・スポーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タイロン・スポーン
Tyrone-spong3.jpg
基本情報
通称 King of The Ring
ホースト2世
百獣の王
スリナムの怪物
階級 ヘビー級K-1
国籍 スリナムの旗 スリナム
オランダの旗 オランダ
誕生日 (1985-09-03) 1985年9月3日(32歳)
出身地 スリナムの旗 スリナム
パラマリボ
身長 188cm
体重 105kg
スタイル ムエタイ
テンプレートを表示

タイロン・スポーンTyrone Spong1985年9月3日 - )は、スリナム男性キックボクサープロボクサーパラマリボ出身。オランダ北ホラント州アムステルダム在住。ブラックレーベルファイトクラブF.F.C.所属。元IT'S SHOWTIME 95kg MAX世界王者。

King of The Ringリングの王)」の異名を持ち、かつてキックボクシングスーパーミドル級では最強と称され、ライトヘビー級クルーザー級ヘビー級でも世界トップクラスの実力を誇る。16歳でプロデビューして以来、驚異的な戦績と勝率を誇り、勝った試合のKO率は約70%前後と高い。ピーター・アーツアーネスト・ホーストレミー・ボンヤスキーら歴代K-1 WORLD GP王者達から才能と実力を認められている実力者であり、ヨーロッパでは高い人気を誇る。また、ミルコ・クロコップとの決戦を控えたエメリヤーエンコ・ヒョードルの練習パートナーを務めたことがある。2008年以降はK-1ヘビー級やIT'S SHOWTIMEを主戦場としている。憧れの選手としてホーストを挙げており、そのホーストの誘いで2009年5月頃から指導を受けている。下の階級からヘビー級まで上げてきたことやテクニシャンタイプ、スリナム系であるなど共通点も多いため、自他共に認める「ホースト2世」である。ただし、ホーストは「彼はホースト2世ではなくスポーン1世だ。彼は彼だし、私はそういうのは好まない」と語っている。

来歴[編集]

2002年5月19日、Itai-Te Promotionsにてミドル級で16歳でプロデビューするが、アミール・ゼヤダに4RKO負け。

同年10月27日、Beast of the Eastにて、レイ・スターリンに勝利。

2004年2月22日、2 Hot 2 Handleにて、ウィリアム・ディンダーに勝利。

2005年4月9日、モハメド・オワリに右膝蹴りで5RKO勝ち、WPKLムエタイ・ヨーロッパ王座(72.5kg以下)を獲得。以降はスーパーミドル級に転級。

同年12月3日、A-1 Combat Leagueトーナメントにて、3試合全てKO勝ちで優勝。この頃から徐々に強豪として名前が知れ渡るようになる。

2006年4月29日、MARSに参戦し、チョ・インジュに1RKO勝ち。

同年10月1日、SLAMM!! Eventsにて、ガオグライ・ゲーンノラシンに右フック一撃で1RKO勝ち。

同年11月12日、2H2H - Pride & Honorにてユーリ・メスを終始圧倒し、3度のダウンを奪って5RKO勝ち。

2007年3月25日、Rings Galaにて、プロデビュー戦で敗れたアミール・ゼヤダと再戦。第1Rから猛攻をしかけて圧倒していたが、3R開始早々に不用意にガードを下げたところにカウンターパンチを浴びてダウンを喫した。さらにもう一度ダウンを奪われ、最後はレフェリーストップによって逆転KO負け。

同年5月6日、ヨードチャイ・ウォー・ペッチプンにKO勝ち、SLAMM!! Events 79kg級世界王座を獲得。

2008年2月9日、ニュージーランドで開催されたKO World Seriesのクルーザー級トーナメントに出場し、2連続KO勝ちで優勝を果たした。

同年3月15日、IT'S SHOWTIMEにてオンドレ・ハートニックに2RKO勝ち、WFCA世界クルーザー級王座(86.8kg以下)を獲得。

2008年4月26日、K-1初出場となったK-1 WORLD GP 2008 IN AMSTERDAMのスーパーファイトでアゼム・マクスタイと対戦し、2RTKO勝ち。

同年10月5日、Tough is Not Enoughにて95kg契約でゲーリー・ターナーと対戦、1RドクターストップTKO勝利。

同年11月29日、IT'S SHOWTIMEにてザビット・サメドフと対戦。サメドフを終始圧倒して勝利、初代IT'S SHOWTIME 95kg MAX世界王座を獲得。

2009年1月24日、Beast of the Eastにてサミール・ベナゾーズに3Rタオル投入TKO勝ち。

2009年3月28日、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAの第2代K-1世界ヘビー級王者決定トーナメントに出場。世界中の格闘技ファン、また関係者に優勝候補筆頭と言われ魔裟斗も大注目していたが、1回戦グーカン・サキとの対戦で、延長ラウンドにカウンターの右フックでKO負けを喫した。

2009年5月16日、IT'S SHOWTIMEでアティラ・カラチと対戦し判定勝ち。

2009年6月26日、ジャマイカで開催された「Champions of Champions 2」のメインイベントでネイサン・コーベットとK-1ルールで対戦。ファンや専門家からライトヘビー級クルーザー級の頂上決戦と称されたこの試合で、2Rに先制のダウンを奪うが、3ラウンドに右フックでダウンを奪われ、ふらついたまま立ち上がるもレフェリーがスポーンのKO負けを宣告したところでレフェリーストップに気付かなかったコーベットがパンチで追撃したため、無効試合となった。

2009年12月5日、K-1 WORLD GP 2009 FINALのスーパーファイトでK-1世界ヘビー級王者の京太郎と対戦し、判定勝ち。試合後、ヘビー級タイトルマッチへの挑戦を要求した。

2010年4月3日、K-1 WORLD GP 2010 IN YOKOHAMAジェロム・レ・バンナと対戦。1Rにダウンを喫し、3Rには盛り返すも判定負け。

2010年10月2日、K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16に推薦枠として出場。当初ルスラン・カラエフと対戦予定だったが、カラエフが欠場となったため[1]、代役のレイ・セフォーと対戦。終止ペースを握り3-0の判定勝ちを収め、ベスト8に駒を進めた[2]

2010年12月12日、K-1 WORLD GP 2010 FINALの準々決勝でアリスター・オーフレイムと対戦し、1Rにはカウンターの左フックをヒット、ラッシュを見せポイントをリードしたが3Rにスタンディングダウンを奪われ逆転の判定負けを喫した[3]

2011年1月、IT'S SHOWTIME 95kg MAX 世界王者のタイトルを返上。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
2 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 1 0 1 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
エンジェル・ディアンダ 5分3R終了 判定3-0 WSOF 4: Spong vs. DeAnda 2013年8月10日
トラヴィス・バートレット 1R 3:15 KO(スタンドパンチ連打) WSOF 1: Arlovski vs. Cole 2012年11月3日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
94 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
86 59 27 0 1 1
6 3 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
イゴール・ミハエルビッチ 1R 2:01 KO(左膝蹴り) It's Showtime 2011年5月14日
× アリスター・オーフレイム 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2010 FINAL
【準々決勝】
2010年12月11日
レイ・セフォー 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16
【1回戦】
2010年10月2日
× ジェロム・レ・バンナ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2010 IN YOKOHAMA 2010年4月3日
京太郎 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2009 FINAL
【スーパーファイト】
2009年12月5日
ネイサン・コーベット 3R 無効試合 Champions of Champions 2 2009年6月26日
アティラ・カラチ 3R終了 判定3-0 IT'S SHOWTIME 2009年5月16日
× グーカン・サキ 延長R 1:58 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMA
【第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント 1回戦】
2009年3月28日
サミール・ベナゾーズ 3R TKO(タオル投入) Beast of the East 2009年1月24日
ザビット・サメドフ 5R終了 判定 IT'S SHOWTIME
【初代IT'S SHOWTIME 95kg MAX世界王者決定戦】
2008年11月29日
ゲーリー・ターナー 1R TKO(ドクターストップ) Tough is Not Enough 2008年10月5日
アゼム・マクスタイ 2R 0:45 TKO(タオル投入) K-1 WORLD GP 2008 IN AMSTERDAM
【スーパーファイト】
2008年4月26日
オンドレ・ハートニック 2R KO IT'S SHOWTIME Finale Trophy Max 75
【WFCAタイボクシング世界クルーザー級王者決定戦 (86.8kg以下)】
2008年3月15日
ニコス・ソコリス 1R KO KO World Series
【クルーザー級 決勝】
2008年2月9日
チャド・ウォーカー 1R KO KO World Series
【クルーザー級 1回戦】
2008年2月9日
オーレリアン・デュアーテ 3R終了 判定 Beast of the East 2008年1月26日
ラスムス・ゾエイルナー 2R KO RETURN OF KING 2 2007年12月24日
エミール・ゾーライ TKO One Night in Bangkok 2007年10月27日
ヒューマン・ニクマスラク 1R 2:31 KO(膝蹴り) Return of the King 1 2007年8月26日
デミトリー・シャクタ 5R終了 判定 Gentleman Fight Night IV 2007年6月2日
ヨードチャイ・ウォー・ペッチプン 1R 2:38 TKO(レフェリーストップ) SLAMM - Netherland vs Thailand III
【SLAMM!! Events 79kg級世界王者決定戦】
2007年5月6日
× アミール・ゼヤダ 3R 1:49 TKO(レフェリーストップ) Rings Gala 2007年3月25日
ユーリ・メス 5R KO 2 Hot 2 Handle - Pride & Honor 2006年11月12日
ガオグライ・ゲーンノラシン 1R KO(右フック) SLAMM - Netherland vs Thailand II 2006年10月1日
セーム・ブラーン 3R KO(左フック) Pride & Honor Ahoy 2006 2006年6月18日
ヘンリー・アケンディス TKO(ドクターストップ) 2 Hot 2 Handle - The Road To Tokyo 2006年6月3日
ファリッド・ムライカ 5R終了 判定 Gentleman Fight Night 3 2006年5月6日
チョ・インジュ 1R 2:07 KO MARS WORLD FIGHTING GRAND PRIX 1st in SEOUL 2006年4月29日
ジュニア・ゴンザルベス 不明 It's Showtime 2006年2月18日
セノル・キジルタス 2R TKO(膝蹴り) A-1 Combat League 2005年12月3日
セノル・セティン 1R TKO(タオル投入) A-1 Combat League 2005年12月3日
ルネ・リッチコ 1R 0:45 KO(右フック) A-1 Combat League 2005年12月3日
ヴィンセント・ヴィエルヴォイエ 5R終了 判定3-0 BUSHIDO Europe - ROTTERDAM RUMBLE 2005年10月9日
ユーネス・エルハムサニ 5R終了 判定 Muay Thai Gala 2005年5月8日
モハメド・オワリ 5R KO(右膝蹴り) WPKL European Title Muay Thai Champions League XIV 2005年4月9日
リチャード・ウェストン 5R終了 判定 Gala in Almere 2004年11月14日
ラフィ・ゾウフェイル 3R TKO(ローキック) Battle in Zaandam II 2004年10月17日
× 後藤龍治 5R終了 判定0-3 SHOOT BOXING ∞-S 〜Infinity-S〜 vol.2 2004年4月18日
ハミド・エルケイド 5R終了 判定 Profighters Gala in ALmere 2004年3月21日
ウィリアム・ディンダー 5R終了 判定2-0 2 Hot 2 Handle 2004年2月22日
ユーネス・エルハムサニ 5R終了 ドロー Veni, Vidi, Vici II 2003年11月12日
ザビエル・ゲイツ 2R KO Immortality 2003年11月2日
ロッキー・グランディーン 2R TKO(ドクターストップ) 2 Hot 2 Handle 2003年10月13日
グレゴリー・コスティナ 1R TKO(ローキック) Baas Sports 2003年7月4日
ヘンリー・アケンディス 1R終了時 TKO(タオル投入) Beast of the East 2003年4月19日
ヤン・ヴァン・デンデレン 5R終了 判定 Thaiboksgala 2003年4月13日
メルヴィン・ロゼンブラッド 5R終了 判定 Killerdome III 2003年3月18日
ハリー・ローデバイクス 1R KO Killerdome II 2003年2月2日
タリク・スリマニ 不明 オランダ 2003年1月11日
レイ・スターリン 5R終了 判定 Beast of the East 2002年10月27日
× アミール・ゼヤダ 4R 0:47 KO Itai-Te Promotions 2002年5月19日


獲得タイトル[編集]

  • MTBNジュニアクラスオランダムエタイ王座(66kg以下)
  • WKNヨーロッパ王座(2004年)
  • WPKLムエタイ・ヨーロッパ王座(72.5kg)(2005年)
  • A-1 Combat Cup 2005トーナメント優勝
  • SLAMM!! Events 79kg級世界王座(2007年)
  • KO World Series 2008 Oceania クルーザー級トーナメント優勝
  • WFCAタイボクシング世界クルーザー級王座(86.8kg以下)
  • 初代IT'S SHOWTIME 95kg MAX世界王座

脚注[編集]

  1. ^ 3D生中継で目撃せよ!! WGP FINAL16は明日開催!! Archived 2010年10月4日, at the Wayback Machine. K-1公式サイト 2010年10月1日
  2. ^ K-1 WORLD GP 2010 FINAL16 第3試合 スポーツナビ 2010年10月2日
  3. ^ 【K-1】アリスター・オーフレイムがGP優勝!決勝でピーター・アーツを下す(2) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月11日

関連項目[編集]

前王者
王座新設
初代IT'S SHOWTIME 95kg MAX世界王者

2008年11月29日 - 2011年1月

空位
次タイトル獲得者
ダニョ・イルンガ