タイロン・ツォイゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タイロン・ツォイゲ
基本情報
本名 タイロン・ツォイゲ
階級 スーパーミドル級
身長 179cm
国籍 ドイツの旗 ドイツ
誕生日 (1992-05-12) 1992年5月12日(27歳)
出身地 ベルリン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 22
KO勝ち 12
敗け 1
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示

タイロン・ツォイゲTyron Zeuge1992年5月12日 - )は、ドイツプロボクサーベルリン出身。元WBA世界スーパーミドル級王者。トレーナーはユルゲン・ブリーマー。ヴィルフリート・ザウアーラント(Wilfried Sauerland)が代表兼プロモーターを務めるザウアーラント・イベント所属。

来歴[編集]

2012年3月31日、デビュー戦を行い、初回1分14秒TKO勝ちを収め白星発進をした。

2013年12月14日、アレッシオ・フルランと対戦し、引導を渡す5回1分59秒TKO勝ちを収めた。

2014年1月25日、ギオルギ・ベロシュビリとWBO世界スーパーミドル級ユース王座決定戦を行い、10回3-0(3者共に100-89)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年4月5日、ゲオルゲ・サバウと対戦し、9回37秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2014年6月7日、アルマンド・クルハイと対戦し、9回1分12秒TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2014年8月16日、ベイカー・バラカットとIBFインターナショナルスーパーミドル級王座決定戦を行い9回1分5秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年12月6日、ステパン・ボジッチと対戦し、ボジッチが5回終了時に棄権した為初防衛に成功した。

2015年4月25日、ニコラ・スジェクロカと対戦し12回3-0(120-107、2者が117-110)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2016年4月9日、ルーベン・エドゥアルド・アコスタと対戦し、10回3-0(2者が99-90、98-91)の判定勝ちを収めた。

2016年7月16日、マックス・シュメリング・ハレでWBA世界スーパーミドル級王者でGBU世界スーパーミドル級王者のジョバンニ・デ・カロリスと対戦し、12回1-0(2者が114-114、115-114)の引き分けた為WBA王座の獲得、GBU王座の獲得に失敗、ドイツのプロボクサー史上最年少での王座獲得に失敗した[1][2]

2016年11月5日、ポツダムMBSアレーナ・ポツダムドイツ語版に舞台を移して前戦で引き分けたWBA世界スーパーミドル級王者ジョバンニ・デ・カロリスと4ヵ月ぶりに再戦し、12回2分41秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[3][4]

2017年3月25日、ポツダムのMBSアレーナ・ポツダムでWBA世界スーパーミドル級3位のアイザック・エクポと対戦し、5回3-0(49-46、48-47、49-47)の負傷判定勝ちを収め、初防衛に成功した[5][6][7]

2017年4月21日、WBAはエクポ陣営からの再戦要請を承認し、WBA世界スーパーミドル級王者のタイロン・ツォイゲとWBA世界スーパーミドル級3位のアイザック・エクポに対し再戦するよう指令を出した。30日以内に再戦することで合意に至らなければ入札になるとのこと。なお、ツォイゲ対エクポ戦の勝者はWBA世界スーパーミドル級1位のヒョードル・チュディノフとWBA世界スーパーミドル級2位のジョージ・グローブスの間で行われるWBA世界スーパーミドル級スーパー王座決定戦の勝者との対戦義務を負う[8][9]

2017年6月17日、ヴェッツラーリッタル・アレーナ・ヴェッツラードイツ語版でWBA世界スーパーミドル級5位のポウル・スミスと対戦し、12回3-0(3者共119-108)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した[10][11][12]

2017年8月17日、WBAは勝者がエクポと対戦することを条件にツォイゲに対しポウル・スミスと対戦する特別許可を与えたにもかかわらずツォイゲとエクポの間で対戦交渉が合意に至らなかったため、30日以内に再戦することで合意するよう指令を出したのだがこれも合意に至らず、同月28日にWBA本部で入札を行うと発表した[13]

2017年11月27日、同年12月2日にアイザック・エクポと再戦することが決定していたが[14]、ツォイゲの病気で試合延期となった[15]

2018年3月24日、ハンブルクエーデル・オプティクス・ドット・ディーイー・アレーナドイツ語版でWBA世界スーパーミドル級1位のアイザック・エクポと再戦し、2回23秒TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した[16][17][18]

2018年7月14日、オッフェンブルクでWBA世界スーパーミドル級4位のロッキー・フィールディングと対戦し、プロ初黒星となる5回TKO負けを喫し4度目の防衛に失敗、王座から陥落した[19][20]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ De Carolis Draws with Zeuge WBA公式サイト 2016年7月17日
  2. ^ WBA・SM級正規王座戦、デ・カロリスがドロー防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月17日
  3. ^ Zeuge TKOs De Carolis in twelfth to win WBA super middleweight world title Fightnews.com 2016年11月5日
  4. ^ Zeuge Stops De Carolis to Win WBA World Title WBA公式サイト 2016年11月7日
  5. ^ Zeuge retains WBA super middleweight title with tech decision Fightnews.com 2017年3月25日
  6. ^ S・ミドル級ジーゲ初防衛、ジョニゴン63勝目 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月26日
  7. ^ Zeuge retained WBA title WBA公式サイト 2017年3月27日
  8. ^ WBA addresses super middleweight division Fightnews.com 2017年4月21日
  9. ^ Super Middleweight division WBA公式サイト 2017年4月21日
  10. ^ Zeuge beats Smith to keep WBA 168lb belt Fightnews.com 2017年6月17日
  11. ^ Zeuge beats Smith by unanimous decision WBA公式サイト 2017年6月17日
  12. ^ ジーゲが判定勝ち、WBA・S・ミドル級正規王座V2 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月18日
  13. ^ Zeuge vs Ekpo Purse Bid Summoned WBA公式サイト 2017年8月17日
  14. ^ Tyron Zeuge vs. Isaac Ekpo Rematch To Land on December 2 Boxing Scene.com 2017年10月28日
  15. ^ Tyron Zeuge, Isaac Ekpo mandatory rematch postponed to next year ESPN.com 2017年11月27日
  16. ^ Zeuge TKOs Ekpo to retain WBA 168lb title Fightnews.com 2018年3月24日
  17. ^ Zeuge knocked out Ekpo to retain his WBA title WBA公式サイト 2018年3月25日
  18. ^ ジーゲがエクポを2回TKO 1年ぶりの再戦で決着 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月25日
  19. ^ Rocky Fielding stops Tyron Zeuge for WBA super middleweight belt ESPN.com(英語) 2018年7月15日
  20. ^ フィールディングが番狂わせ WBA・S・ミドル級獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月15日

関連項目[編集]

前王者
ジョバンニ・デ・カロリス
WBA世界スーパーミドル級王者

2016年11月5日 - 2018年7月14日

次王者
ロッキー・フィールディング