タイ・プレミアリーグ2010

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイ・プレミアリーグ
シーズン 2010
優勝 ムアントン・ユナイテッド(2回目)
降格 バンコク・ユナイテッド
ACL 2011出場 ムアントン・ユナイテッド
AFC 2011出場 チョンブリー
得点王 カメルーンの旗 Ludovick Takam
(17得点)
2009
2011

タイ・プレミアリーグ2010は、1996-97シーズンに創設されてから14シーズン目のタイ・プレミアリーグである。大会名はスポンサー・タイ・プレミアリーグタイ語: สปอนเซอร์ ไทย พรีเมียร์ ลีก, 英語: Sponsor Thai Premier League)。

概要[編集]

2010年シーズンは、昨年のタイ・ディヴィジョン1リーグの上位3チームが昇格した。シーサケートは初昇格、ポリス・ユナイテッドは3シーズンぶり、ロイヤル・タイ・アーミーは2シーズンぶりのプレミアリーグ復帰となった。2010年シーズンは、2011年シーズンからチーム数を16から18に増やすため、自動降格は行われず、プレミアリーグ下位3チームとディヴィジョン1リーグの4~6位のチームがTPL・DIV1入れ替え戦を行う。6チームを2つのグループに分けて、各グループの上位1チームが残留または昇格となる。

ムアントン・ユナイテッドが2シーズン連続、通算2回目の優勝を果たした。2連覇を達成したのは、BECテロ・サーサナ(2000年・2001-02年シーズン)、クルン・タイ・バンク(2002-03・2003-04シーズン)に続いて3チーム目となった。ムアントン・ユナイテッドはAFCチャンピオンズリーグ2011の予選プレーオフ出場権、タイFAカップ2010優勝のチョンブリーAFCカップ2011出場権を獲得した。バンコク・ユナイテッドはディヴィジョン1リーグへ降格する。

パタヤ・ユナイテッドのKengne Ludovick Takamが17得点で得点王に輝いた。年間最優秀監督にはムアントン・ユナイテッドレネ・デザイェレが選出された。

所属チーム(2010年シーズン)[編集]

チーム 場所 ホームスタジアム
ムアントン・ユナイテッド ノンタブリー県 ヤマハスタジアム
チョンブリー チョンブリー県 IPEチョンブリー・キャンパス・スタジアム
バンコク・グラス パトゥムターニー県 レオ・スタジアム
BECテロ・サーサナ バンコク テパサディン・スタジアム4
オーソットサパー・サラブリー サラブリー県 サラブリー・スタジアム
タイ・ポート バンコク PATスタジアム
TOT-CAT1 ノンタブリー県 ヤマハスタジアム5
TTMピチット2 ピチット県 ピチット・スタジアム
ブリーラムPEA3 ブリーラム県 アイモバイル・スタジアム
サムットソンクラーム サムットソンクラーム県 サムットソンクラーム・スタジアム
パタヤ・ユナイテッド チョンブリー県 ノーンプルー・ミュニシパリティ・フットボール・フィールド
Rajnavy Rayong ラヨーン県 ラヨーン県セントラル・スタジアム
バンコク・ユナイテッド バンコク タイ・ジャパニーズ・スタジアム6
ポリス・ユナイテッド パトゥムターニー県 タマサート・スタジアム
ロイヤル・タイ・アーミー バンコク タイ・アーミー・スポーツ・スタジアム
シーサケート シーサケート県 シー・ナコーン・ラムドゥアン・スタジアム
  • 2009年シーズンの成績順。

チーム名の変更[編集]

1 TOT FCは、オーナーが代わり、TOT-CAT FCに変更された。
2 TTMサムットサーコーンFCは、サムットサーコーン県からピチット県に移転し、TTMピチットFCに変更した。
3 プロヴィンシャル・エレクトリシティ・オーソリティFC(PEA FC)は、タイ人政治家ネウィン・チットチョープ氏に買収された後、アユタヤ県からブリーラム県に移転し、ブリーラムPEA FCに変更された。

ホームスタジアムの変更[編集]

4 ノーンチョーク・スタジアム改装中。
5 TOTスタジアム・チェン・ワッタナー改装中。
6 シーズン後半戦はランシットにある以前のホームスタジアムを使用。

順位表[編集]

順位 チーム 勝点 備考
1 ムアントン・ユナイテッド (C) 30 20 7 3 64 19 +45 67 AFCチャンピオンズリーグ2011・予選プレーオフ
2 ブリーラムPEA 30 17 12 1 51 19 +32 63
3 チョンブリー 30 17 9 4 57 28 +29 60 AFCカップ20111
4 タイ・ポート 30 13 9 8 41 29 +12 48
5 バンコク・グラス 30 12 9 9 48 38 +10 45 PAT 1-1 BKG
BKG 3-1 PAT
6 パタヤ・ユナイテッド 30 12 9 9 43 38 +5 45
7 オーソットサパー・サラブリー 30 10 12 8 32 30 +2 42 SAS 0-1 OSO
OSO 0-0 SAS
8 サムットソンクラーム 30 11 9 10 27 32 -5 42
9 BECテロ・サーサナ 30 9 8 13 39 42 -3 35
10 Rajnavy Rayong 30 8 9 13 35 52 -17 332
11 ポリス・ユナイテッド 30 9 6 15 40 45 -5 332
12 TOT-CAT 30 9 6 15 23 42 -19 332
13 TTMピチット 30 7 11 12 32 46 -14 32
14 シーサケート 30 6 8 16 36 54 -18 26 TPL・DIV1入れ替え戦
15 バンコク・ユナイテッド 30 5 9 16 25 52 -27 24
16 ロイヤル・タイ・アーミー 30 5 7 18 27 54 -27 22

1 タイFAカップ2010優勝。
2 順位は3チーム間の対戦成績による。

TPL・DIV1入れ替え戦[編集]

タイ・プレミアリーグ14位のシーサケートと15位のバンコク・ユナイテッド、16位のアーミー・ユナイテッド(ロイヤル・タイ・アーミー)、タイ・ディヴィジョン1リーグ4位のソンクラーと5位のナコーンパトム、6位のエアフォース・ユナイテッドの6チームが出場した。グループAはシーサケート、ナコーンパトム、エアフォース・ユナイテッドの3チーム、グループBはバンコク・ユナイテッド、アーミー・ユナイテッド、ソンクラーの3チームで争われた。各グループ1位のシーサケートとアーミー・ユナイテッドはプレミアリーグに残留、バンコク・ユナイテッドはディヴィジョン1リーグへ降格する。

グループA[編集]

順位 チーム 勝点 備考
1 シーサケート 4 2 2 0 4 1 +3 8 プレミアリーグ残留
2 ナコーンパトム 4 2 1 1 5 3 +2 7 2年間の出場停止1
3 エアフォース・ユナイテッド 4 0 1 3 2 7 -5 1

1 最終節のシーサケート戦で観客による暴力事件が起こったため、ナコーンパトムは150,000バーツの罰金と2年間の出場停止処分を受けた。審判に暴行を加えたナコーンパトムのThanakorn Kamkomaには10,000バーツの罰金が科せられた[1]。最終節はナコーンパトムが勝利すれば自力でプレミアリーグ昇格が決まる試合だった(結果は引き分け)。

グループB[編集]

順位 チーム 勝点 備考
1 アーミー・ユナイテッド1 4 2 2 0 5 1 +4 8 プレミアリーグ残留
2 バンコク・ユナイテッド 4 1 2 1 3 3 0 5 ディヴィジョン1リーグ降格
3 ソンクラー 4 0 2 2 2 6 -4 2

1 ロイヤル・タイ・アーミーFCは、チーム名をアーミー・ユナイテッドFCに変更した。

得点ランキング[編集]

順位 選手 チーム 得点
1 カメルーンの旗 Kengne Ludovick Takam パタヤ・ユナイテッド 17
2 コートジボワールの旗 ダンゴ・シアカ(Dango Siaka) ムアントン・ユナイテッド 15
3 タイ王国の旗 アーノン・サンサノイ(Anon Sangsanoi) BECテロ・サーサナ 14
4 タイ王国の旗 サラーユット・チャイカムディー(Sarayoot Chaikamdee) タイ・ポート 13
5 タイ王国の旗 Chakrit Buathong BECテロ・サーサナ,
ポリス・ユナイテッド
11
タイ王国の旗 スチャオ・ヌットヌム ブリーラムPEA
7 タイ王国の旗 Chatree Chimtalay バンコク・グラス 10
ブラジルの旗 Luiz Eduardo Purcino (Dudu) ブリーラムPEA
コートジボワールの旗 モハメド・コネ(Mohamed Koné ムアントン・ユナイテッド
タイ王国の旗 ピポブ・オンモ チョンブリー
タイ王国の旗 テルサク・チャイマン(Therdsak Chaiman) チョンブリー

ハットトリック[編集]

選手 チーム 対戦相手 達成日
ウェールズの旗 マイケル・トーマス・バーン(Michael Thomas Byrne) チョンブリー BECテロ・サーサナ 2010年7月14日
ブラジルの旗 ネイ・ファビアーノ・デ・オリヴェイラ(Ney Fabiano de Oliveira) チョンブリー サムットソンクラーム 2010年8月22日
タイ王国の旗 Chakrit Buathong ポリス・ユナイテッド チョンブリー 2010年10月3日
タイ王国の旗 アーノン・サンサノイ BECテロ・サーサナ タイ・ポート 2010年10月14日

アシストランキング[編集]

順位 選手 チーム アシスト
1 タイ王国の旗 Rangsan Viwatchaichok ブリーラムPEA 12
2 ナイジェリアの旗 サミュエル・グベンガ・アジャイ(Samuel Gbenga Ajayi) バンコク・グラス 11
3 タイ王国の旗 Supachai Komsilp バンコク・グラス 7
4 タイ王国の旗 Piyachart Tamaphan ムアントン・ユナイテッド 6
5 タイ王国の旗 アルチット・スントーンピット(Arthit Sunthornpit) チョンブリー 5
タイ王国の旗 Chakrit Buathong ポリス・ユナイテッド
コートジボワールの旗 ダンゴ・シアカ ムアントン・ユナイテッド
タイ王国の旗 ダッサコーン・トンラオ ムアントン・ユナイテッド
タイ王国の旗 Ekaphan Inthasen チョンブリー
タイ王国の旗 Jakkrapong Somboon ロイヤル・タイ・アーミー
タイ王国の旗 サラーユット・チャイカムディー タイ・ポート

表彰[編集]

月間表彰[編集]

月間最優秀選手賞[編集]

選手 チーム
5月 タイ王国の旗 テルサク・チャイマン チョンブリー
6月 タイ王国の旗 サラーユット・チャイカムディー タイ・ポート
7月 カメルーンの旗 Kengne Ludovick Takam パタヤ・ユナイテッド
8月 タイ王国の旗 カウィン・タンマサッチャーナン ムアントン・ユナイテッド
9月 タイ王国の旗 ダッサコーン・トンラオ ムアントン・ユナイテッド
10月 タイ王国の旗 ピポブ・オンモ チョンブリー

月間最優秀監督賞[編集]

監督 チーム
5月 タイ王国の旗 Jadet Meelarp チョンブリー
6月 タイ王国の旗 アッタポル・プスパコム ブリーラムPEA
7月 ベルギーの旗 レネ・デザイェレ ムアントン・ユナイテッド
8月 タイ王国の旗 Jadet Meelarp チョンブリー
9月 タイ王国の旗 Somchai Chuayboonchum サムットソンクラーム
10月 タイ王国の旗 アッタポル・プスパコム ブリーラムPEA

FAカップ[編集]

タイFAカップ2010決勝戦は、2010年11月28日にスパチャラサイ国立競技場で開催され、チョンブリームアントン・ユナイテッドに2-1で勝利した。チョンブリーはAFCカップ2011出場権を獲得した。

2010年11月28日
16:00 UTC+7
ムアントン・ユナイテッド 1 – 2 (延長戦) チョンブリー
ダッサコーン 59分にゴール 59分 テルサク 44分にゴール 44分
ピポブ 120分にゴール 120分

コー・ロイヤルカップ[編集]

コー・ロイヤルカップ2011は、2011年1月30日にスパチャラサイ国立競技場で開催され、FAカップ優勝のチョンブリープレミアリーグ優勝のムアントン・ユナイテッドに2-1で勝利した。

タイ・リーグカップ[編集]

タイ・リーグカップ2010決勝戦は、2010年11月21日に開催され、タイ・ポートブリーラムPEAに2-1で勝利した。タイ・ポートはトヨタプレミアカップ2010出場権を獲得した。

トヨタプレミアカップ[編集]

トヨタプレミアカップ2010は、2011年2月13日にスパチャラサイ国立競技場で開催され、タイ・リーグカップ優勝のタイ・ポートJリーグ湘南ベルマーレに2-1で勝利した。

タイ・ディヴィジョン1リーグ[編集]

タイ・ディヴィジョン1リーグ2010は、シーラーチャーが優勝した。シーラーチャー、2位のコーンケン、3位のチェンライ・ユナイテッドは来シーズンのプレミアリーグに昇格する。4位のソンクラーと5位のナコーンパトムFC、6位のエアフォース・ユナイテッドの3チームはTPL・DIV1入れ替え戦に進出したが、昇格できなかった。

TPLオールスターサッカー[編集]

2010年8月1日、タイ・プレミアリーグオールスターサッカーチームは、リーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリードと対戦した。TPLオールスターは0-3で敗れた。

2010年8月1日
TPLオールスター 0 – 3 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
脚注 サルビオ 16分にゴール 16分
ドミンゲス 26分にゴール 26分
サブローザ 85分にゴール 85分

脚注[編集]

  1. ^ Nakhon Pathom suffer two-year ban”. ネーション (2010年12月30日). 2013年11月9日閲覧。