タイ国際航空261便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
タイ国際航空261便
Thai Airways International Airbus A310 Hoppe.jpg
事故機と同型のA310 (HS-TIC)
事故の概要
日付 1998年12月11日
概要 原因不明の墜落(悪天候が原因の1つ)
現場 タイ王国の旗 タイスラートターニー空港 (URT) の約4 km (2.5 mi)南西
乗客数 132人
乗員数 14人
負傷者数
(死者除く)
45人
死者数 101人
生存者数 45人
機種 エアバスA310-204
機体名 Phitsanulok
運用者 タイ国際航空
機体記号 HS-TIA
出発地 ドンムアン空港 (BKK/VTBD)
目的地 スラートターニー空港 (URT/VTSB)
テンプレートを表示

タイ国際航空261便タイバンコクスラートターニー行き国内定期旅客便であった。1998年12月11日、同便(機体:エアバスA310-204、機体記号:HS-TIA)は着陸時に墜落し101人(乗客90人、乗員11人)が死亡した。この事故はタイで発生した航空事故で2番目に大きな事故である[1]

事故の詳細[編集]

1998年12月11日、事故機はバンコク発スラートターニー行きの国内便TG261便として運航されており、バンコクのドンムアン空港を17時40分に離陸した。同便には他国からの観光客26人を含む乗客132人と乗員14人が搭乗していた[2]。予定飛行時間は1時間55分であった[1]

スラートターニーへの着陸準備に入ったときには豪雨であり視界も悪かった。パイロットはスラートターニー空港へ2回着陸を試みたがどちらも着陸を断念した。それにもかかわらず、パイロットは3度目の着陸を試みた。このアプローチで事故機はグライドパスより下へ降下し、19時10分(別の文献では18時45分)に空港の3マイル南西にあるゴム農園に墜落、機体は全壊し沼に埋もれた[1][3]

残骸の調査には約500人の救助者が参加し、遺体や残骸を沼や川から回収した。この事故で2人のパイロットを含む乗員11人、外国人14人(オーストリアイギリスドイツノルウェーアメリカ合衆国(2人[3])、フィンランド日本)を含む乗客90人のあわせて101人が死亡した[2]。死者にはタイ運輸通信省大臣の姉または妹がいた。生存者は45人であり(うち子供5人)、人数構成はタイ人33人、オーストラリア人3人、ドイツ人3人、日本人3人、イスラエル人2人、イギリス人1人であった[4]

2014年初めの時点で、この事故はタイで発生した2番目に大きな航空事故であり(223人が死亡した1991年のラウダ航空004便墜落事故に次ぐ規模)、タイ国際航空の歴史でも同様である(1992年にネパールで発生し113人が死亡したタイ国際航空311便墜落事故英語版に次ぐ規模)[1]である。

原因[編集]

タイ国際航空のタマヌーン・ワンリー (Thamnoon Wanglee) 社長によると、遺族には10万ドルの補償金が支払われ、負傷者には5550ドルが支払われた[3]

事故の正確な原因はわかっていない。最も可能性が高いといわれる原因は悪天候時におけるパイロットの空間識失調である[1]。空港の計器着陸装置が動作していたかという問題については意見が分かれている。いくつかの匿名のソースでは、計器着陸装置は事故の数か月前に取り壊されており、管制官が乗員に装置の働きに関する質問にあいまいに回答するように指示したと報告している。別のソースは装置は正常に動作していたと返答した。また、2回の着陸復行の後パイロットが代替空港へ向かわなかった理由もはっきりしていない[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Aircraft accident Airbus A310-204 HS-TIA Surat Thani Airport (URT)” (英語). アビエーション・セーフティー・ネットワーク. 2014年5月10日閲覧。
  2. ^ a b Thailand remembers fatal crash” (英語). Lubbock Avalanche-Journal (1999年12月12日). 2014年5月10日閲覧。
  3. ^ a b c d Thai plane was missing equipment” (英語). Lubbock Avalanche-Journal (1998年12月14日). 2013年12月17日閲覧。
  4. ^ Thai police stop search at crash site” (英語). Lubbock Avalanche-Journal (1998年12月14日). 2014年5月10日閲覧。