タイ航空機爆発事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タイ国際航空 620便
HS-TAE Airbus A300 Thai (7184466535).jpg
事故機のHS-TAE(事件当時は旧塗装)
出来事の概要
日付 1986年10月26日
概要 乗客の暴力団員が持ち込んだ手榴弾の爆発
現場 日本の旗 日本高知県土佐湾上空
乗客数 233
乗員数 14
負傷者数
(死者除く)
109
死者数 0
生存者数 247(全員)
機種 エアバスA300-600型機
運用者 タイ王国の旗 タイ国際航空
機体記号 HS-TAE
出発地 ドンムアン空港
経由地 ニノイ・アキノ国際空港
目的地 大阪国際空港
テンプレートを表示

タイ航空機爆発事件(タイこうくうきばくはつじけん)は、1986年昭和61年)10月26日に発生した飛行中のタイ国際航空機の爆発事件である。死者はでなかったものの、乗客の暴力団組員が持ち込んだ手榴弾爆発が原因の事故であり、航空機に対する安全対策が問われた事件でもあった。

事件の概要[編集]

1986年(昭和61年)10月26日、タイバンコクフィリピンマニラ経由大阪国際空港(伊丹空港)[1]行きのタイ国際航空620便(エアバスA300-600型機、登録記号HS-TAE)は、乗員14名、乗客233名、計247名を載せ高知県土佐湾上空を飛行中だった。午後8時ごろ、突然機体後部で爆発が起き、急減圧が発生した。この爆発にともない圧力隔壁が破損し油圧系統3系統のうち2系統を喪失するなどの損傷を負った。これにより同機は一時操縦不能となりダッチロール状態となったが、午後8時40分、大阪空港への緊急着陸に成功した[2]

爆発や機体の乱高下によって乗員3名、乗客11名、計14名が重傷を負い、乗客95名が軽傷を負った。本機は同年10月9日に納入されたばかりだった。当該機体は応急処置を行った上でバンコクに回送され、後に運用に復帰した。なお、この機体は2008年に退役している。

原因[編集]

当初、圧力隔壁が破損し油圧系統2つが喪失したのは、前年に発生した日本航空123便墜落事故と同様に機体のトラブルと思われていた。しかし、前述のように当該機は納品されて3週間も経っていない新鋭機であり、123便の事故機(JA8119)と同じようにしりもち事故などの圧力隔壁に損傷を与えるようなトラブルを起こした記録も無かったため、整備と運行記録にはまず問題がなかったことが判明する。

また、他に就航しているA300型機の記録を調べる必要も生じたが、それら全てを検証するよりも先に、圧力隔壁の損傷の原因が金属疲労ではなく、爆発物による破壊である事が判明した。

大阪府警は事故の3日後の29日の現場検証で、爆発は手榴弾によるものと断定し、乗客の暴力団山口組組員(当時43歳)に事情聴取したところ、組員は手榴弾密輸目的でマニラから持ち込んだこと、機体左後部のトイレ内で自身で安全ピンを誤って抜いてしまい、そのまま放置して手榴弾を爆発させたことを自供した[2][3]

刑事処分[編集]

組員は重傷を負っていたため、退院後に逮捕された。組員は爆発物を航空機に持ち込んだ点につき航空法第4条(爆発物の航空機内持ち込み)違反の罪、手榴弾の安全ピンを自ら抜いた点につき殺人未遂罪で起訴され、1988年3月に大阪地裁で懲役20年が言い渡された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1994年の関西国際空港開港まで国際線が存在した。
  2. ^ a b 明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典 p432
  3. ^ 平成元年 警察白書 第1節 暴力団の変遷と最近の特徴 ウ 暴力団の武装化の進展〔事例1〕

参考文献[編集]

  • 事件・犯罪研究会 村野薫『明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典』東京法経学院出版、2002年。ISBN 4-8089-4003-5。

関連項目[編集]

  • ヤクザ
  • ユニー航空873便火災事故 - 本事件と同様に、乗客が機内に危険物を持ち込んだことにより発生した事故。873便の場合は着陸直後に機内火災が発生し、乗客1人が死亡、胴体上部がほとんど焼け落ちていた。