タオル美術館ICHIHIRO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タオル美術館ICHIHIRO
Towel Museum Ichihiro.JPG
情報
旧名称 タオル美術館ASAKURA
用途 美術館
階数 本館棟(地上5階)
ギャラリー棟(地上2階)
駐車台数 普通車 250台
バス 15台
開館開所 2000年4月29日
所在地 799-1607
愛媛県今治市朝倉上甲2930番地
テンプレートを表示

タオル美術館ICHIHIRO(タオルびじゅつかん いちひろ)は、タオルを取り扱う日本美術館である。

概要[編集]

2000年4月29日に地元のタオルメーカーの一広株式会社によって、タオル美術館ASAKURA(タオルびじゅつかん あさくら)として建設された。朝倉の自然とタオルアートの融合、癒しのスペースをコンセプトとし、建物は5階建て。建坪は1万坪、併設のヨーロピアンガーデンが1万坪。タオルを使って作られたタオルアートや綿花から糸になるまでの紡績工程にタオルの製織工程を実際の機械を使用して展示している。

西日本最大面積を誇るタオルの物販コーナーから、四国瀬戸内物産コーナー、フォション社の紅茶を味わえるミュージアムカフェに加え、新創作中国料理の「王府井」も併設。3階のタオル工房では、購入したタオル製品に刺繍で名前を入れることができる。

およそ1万坪の「ヨーロピアンガーデン」では、四季を通じて様々な植物が植えられ自然を満喫できる。この庭では、一日一組限定のガーデン挙式もでき、レストラン「王府井」での披露宴も行われる。

2005年に、所在地の愛媛県越智郡朝倉村が、市町村合併により今治市になった際、施設名称をタオル美術館ICHIHIROへと変更した。

展示内容[編集]

  • タオルの製造工程
    梳綿機(りゅうめんき)→練条機(れんじょうき)→粗紡機(そぼうき)→精紡機(せいぼうき)→捲糸機(まきいとき)→タオル織機(タオルしょっき)
  • タオルアート
    タオル生地を使用した額装品や立体物、俣野温子デザインによるタオル作品など。
  • タオル製品
  • 綿のオブジェ 等
    4階美術館展示ブース入口前「コットンロード」に展示。タオルの原料である綿で作られた巨大なアイスクリームやケーキのオブジェ。

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯33度58分8.6秒 東経133度1分56.8秒 / 北緯33.969056度 東経133.032444度 / 33.969056; 133.032444