タカトシ&温水が行く小さな旅シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タカトシ&温水が行く
小さな旅シリーズ

ぶらぶらサタデー
タカトシ&温水の路線バスの旅
ジャンル 紀行番組/バラエティ番組
企画 橋本英司(フジテレビ)
出演者 タカアンドトシ温水洋一ほか
オープニング青春時代」(森田公一とトップギャラン
エンディング心の旅」(チューリップ
製作
制作プロデューサー 西村圭二(ジャパンプロデュース)
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2008年3月2日 -
放送時間 土曜日 12:00 - 13:30
(4週に2回の割合で放送)
放送枠  ぶらぶらサタデー
放送分 90分
タカトシ&温水の沿線の旅
放送期間 2008年3月2日 - 2012年7月
放送枠  
ぶらぶらサタデー・タカトシ&温水の明日行ける!小さな旅
放送期間 2012年9月 - 2013年3月
放送時間 土曜日 12:30 - 13:30
放送枠  ぶらぶらサタデー
放送分 60分
ぶらぶらサタデー・タカトシ&温水の明日行ける!小さな旅
放送期間 2013年4月 - 2015年3月
放送時間 土曜日 12:00 - 13:30
放送枠  ぶらぶらサタデー
放送分 90分
ぶらぶらサタデー・タカトシ温水の路線バスの旅
放送期間 2015年4月 - 2016年3月
放送時間 土曜9:55 - 11:40もしくは日曜16:00 - 17:25
放送分 90分
回数 月1or2
ぶらぶらサタデー・タカトシ温水の路線バスの旅
放送期間 2016年4月 -
放送時間 土曜日 12:00 - 13:30
放送枠  ぶらぶらサタデー
放送分 90分

ぶらぶらサタデー タカトシ温水の路線バスの旅』(ぶらぶらサタデー タカトシぬくみずのろせんバスのたび)は、2008年3月2日よりフジテレビで放送されている旅バラエティ番組。放送開始時(単発)では、主に東京都内の鉄道沿線を食べ歩く3人の珍道中を放送。現在は路線バスを乗り継いで目的地を目指す旅になっている。

かつては「タカトシ&温水の沿線の旅」として、主に祝日や日曜日の午後に年間3〜4回程度不定期放送していた人気シリーズ。2012年9月から2015年3月までは、土曜日12:00 - 13:30『ぶらぶらサタデー』で『有吉くんの正直さんぽ』と交互に月に2度放送されていた。その後、2015年4月から放送時間が変更され、土曜の午前もしくは日曜の夕方に月一回の放送となる。(2回の場合もあり)

2016年4月から1年ぶりに『ぶらぶらサタデー』が土曜日12:00 - 13:30に放送されることになった。そのため「タカトシ温水の路線バスの旅」はこの時間帯に復帰。

内容[編集]

  • タカアンドトシと温水洋一が、主に東京都内の鉄道沿線の商店街を食べ歩く、オールロケの旅番組である。(単発時代)
  • 毎回変わる女性ゲストとともに、ラーメン屋、居酒屋、その土地の珍しいものを1日かけて食べ歩くが、支払いは必ず温水がやらされることが定番になっている。(単発時代)
  • 番組内では、1970〜1980年代のフォークソング歌謡曲を中心としたBGMが流れる。
  • 2012年9月から2015年3月まで、土曜日12:30 - 13:30に放送されている『ぶらぶらサタデー』で月に2度放送されていた。再放送も多い。
    • 2012年9月から2013年3月30日までは土曜12:30 - 13:30枠で放送されていたが、2013年4月6日から土曜12:00 - 13:30枠となった。
    • 2013年4月6日から同年9月28日まで三田友梨佳フジテレビアナウンサーが加入した。この期間は一時的に沿線食べ歩き企画が復活していた。
  • 2013年10月以降は路線バスの旅に変更され、現在も路線バスの旅として放送されている。
    • 路線バスの旅においては、画面右上のテロップに、今回のゴール地点で手に入る料理・食材の名前が表示。
    • 番組冒頭から、または途中からゲストが加わる形になっている。途中から加わるゲストは、旅の途中で偶然タカアンドトシ・温水に出会った体で「いつものアレですか?」と聞いてから合流するのがお約束。また、番組冒頭からのゲストは、仕事や撮影の都合などの体で途中離脱するのもお約束(よって、冒頭から登場して最後まで旅を続け、ゴールの料理にありつけるゲストはいなかった)だったが、2015年8月以降は番組冒頭からのゲストが終盤まで出演するようになった。2017年3月11日「群馬驚きのフルーツトマト」・25日放送「そして神戸 異人館〜有馬温泉まで」では、旅の途中でゲストが交代した。
    • ゲストは必ずと言っていいほど1回以上は、途中のバス停で勝手に降車ボタンを押し、実際に降車して気になったものや場所を訪れるため、予定どおりに旅が進まないのがお約束。
    • うっかり食事などで長居してしまい、バスに間に合わない恐れがあって走り出すことが多く、BGMに『Runner』(爆風スランプ)が流れるのがお約束。
    • 2016年1月17日放送の「仙台~松島 日本三景で贅沢カキ三昧」ではバスの乗り継ぎが遅延により行えず、「特別措置」とナレーションで注釈を入れた上で、乗り逃した路線バスを追いかける形でロケバスを利用した。
  • 2015年3月28日をもって『ぶらぶらサタデー』が土曜12:00 - 13:30枠での放送を終了することになったため、当番組は2015年3月14日をもって土曜の昼での放送が終了。後番組の『正直さんぽ』では、『ぶらぶらサタデー』で放送されていた『有吉くんの正直さんぽ』と2014年12月27日に『ぶらぶらサタデー』の特別編として放送された『正直女子さんぽ』を放送することになった。このため、当番組は放送時間を変更すると同時に、『ぶらぶらサタデー タカトシ&温水の路線バスの旅』として放送することになった(変更第1回目は、2015年4月25日のチャンネル∑枠で放送)。
    • これより、月2回の放送から月1回の放送になったが、2015年7月以降は月2回放送されるときもある。
    • 2015年6月のみ放送がなかったが、同年7月は4ヶ月ぶりに月2回放送された。同年8月も1日と29日の土曜9:55 - 11:25枠のチャンネル∑枠で月2回の予定だったが、29日に当番組が放送する予定だった時間に『池上彰緊急スペシャル』の再放送を放送するため、同年8月は1日のみの放送になったが、同年9月は19日と26日の土曜9:55 - 11:25枠(26日は11:40まで)で月2回放送すると同時に同年3月以来の2週連続での放送になった。同年10月も18日と31日の月2回の予定だったが、31日に当番組が放送する予定だった時間に『おじゃMAP!!』の再放送を放送するため、同年10月は18日のみの放送であると同時に日曜16:00 - 17:25の『日曜スペシャル』枠での放送のため、「タカトシ&温水の路線バスの旅」として放送されたが、同年11月は7日と21日に土曜9:55 - 11:40枠のチャンネル∑枠で月2回放送された。2016年1月17日は、日曜16:00 - 17:25の『日曜スペシャル』枠での放送のため、「タカトシ温水の路線バスの旅」として放送された。
    • これより、番組内で使用しているBGMの曲名が左上に表示するようになった。(2015年4月25日放送「天城山・最高級・真妻わさび」のみの仕様)
  • 2016年3月26日をもって『正直さんぽ』が終了し、同年4月2日から1年ぶりに『ぶらぶらサタデー』が土曜12:00 - 13:30枠で放送されることになった。『正直さんぽ』では、『有吉くんの正直さんぽ』と『正直女子さんぽ』を放送していたが、『ぶらぶらサタデー』では2012年9月から2015年3月までと同様に『有吉くんの正直さんぽ』と当番組が放送されることになった。ただし、『ぶらぶらサタデー』(2015年3月まで)と『正直さんぽ』では2週毎(有吉→有吉→タカトシ→タカトシ の繰り返し)の放送だったが、隔週交代での放送になった(有吉→タカトシ→有吉→タカトシ の繰り返し)。
  • 2016年4月23日放送「勝浦・旬まつり」から、トシが場所決め、タカが金庫番、温水がタイムキーパーの役割を担当するようになった。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

過去の出演者[編集]

  • 三田友梨佳(フジテレビアナウンサー、2013年4月6日 - 2013年9月28日)
  • 山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー)(2013年4月13日、三田欠席)
  • 西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)(2013年8月3日、三田欠席)
  • 戸部洋子(フジテレビアナウンサー)(2013年9月21日、三田欠席)

放送リスト[編集]

単発放送[編集]

ぶらぶらサタデー枠[編集]

スタッフ[編集]

  • ナレーター:市川展丈伊藤修子(2012年10月 - 2013年3月)
  • 編成企画(フジテレビ):濱潤(単発時代)、林英美(ぶらぶらサタデー)、 細貝康介(ぶらぶらサタデー)、 赤池洋文 、武田誠司 、橋本英司(7月16日放送〜)
  • CAM:江沢崇、中祖信也、三好陽人(2015年4月25日)
  • VE:安田聡、谷口健二(2015年4月25日)
  • MA:山下淳、伊藤慎吾(2015年4月25日)
  • AUD:松橋利行
  • 音効:奥山徹
  • 技術協力:Zeta、映像通信、スウィッシュ・ジャパン(2015年4月25日〜)、ザ・チューブ(2015年4月25日〜)
  • 編集:小松騎士、岩成伸(2015年4月25日)
  • AD:小松加津高、朽網理、小山啓太、岡田萌、中村翔、佐藤祥子
  • ディレクター:植木善晴、諏訪陽介、坂本裕一、馬庭広明、森義久
  • 演出プロデューサー:挾間忠行
  • 制作プロデューサー:立石憲一郎、西村圭二
  • 制作:フジテレビ
  • 著作制作:ジャパンプロデュース

現在の主なスタッフ「ぶらぶらサタデー・タカトシ温水の路線バスの旅」(2016年4月9日から放送)[編集]

土曜日12:00から13:30枠に復帰

  • 〈編成企画〉武田誠司(フジテレビ)、 橋本英司(フジテレビ)(7月16日放送〜)、渡辺恒也(フジテレビ)
  • 〈ディレクター〉坂本裕一(固定)、 森義久(2016年6月4日・7月2日・7月30日・8月27日・9月24日・10月22日・11月19日…)
  • 〈AD〉中村翔
  • 〈AP〉佐藤祥子、水谷まなみ
  • 〈制作プロデューサー〉西村圭二
  • 〈演出プロデューサー〉挾間忠行

注:スタッフは時期や放送回により多少異なる。

過去の主なスタッフ(時期別)[編集]

「単発時代(タカトシ&温水の沿線の旅)」   2008年から2012年まで放送

  • 〈企画〉濱潤(フジテレビ)
  • 〈AP〉荒井亜紀
  • 〈ディレクター〉立石憲一郎

「ぶらぶらサタデー・タカトシ&温水の明日行ける!小さな旅」   2012年9月8日から放送

  • 〈編成企画〉林英美(フジテレビ)
  • 〈ディレクター〉立石憲一郎 坂本裕一

「ぶらぶらサタデー・タカトシ&温水の明日行ける!小さな旅」

  • 〈企画〉細貝康介(フジテレビ)
  • 〈スタッフ協力〉SpiceFactory
  • 〈AP〉西村圭二
  • 〈AD〉馬庭広明
  • 〈ディレクター〉諏訪洋介 坂本裕一
  • 〈制作プロデューサー〉立石憲一郎

2013年は以下の放送で「SpiceFactory」〈スタッフ協力〉

  • 「神田川から大海原へ」11月放送
  • 「房総 ご当地グルメの旅」9月放送
  • 「湘南の地魚・地野菜」8月放送
  • 「外房・古民家に住もう」7月放送
  • 「初夏の穴場 江戸の老舗 醤油の町野田」6月放送

「ぶらぶらサタデー・タカトシ&温水の明日行ける!小さな旅」

  • 〈企画〉細貝康介(フジテレビ)
  • 〈ディレクター〉坂本裕一 馬庭広明
  • 〈制作プロデューサー〉立石憲一郎 西村圭二

「ぶらぶらサタデー・タカトシ温水の路線バスの旅」   

  • 〈編成企画〉赤池洋文(フジテレビ)
  • 〈ディレクター〉坂本裕一 馬庭広明
  • 〈制作プロデューサー〉西村圭二

「ぶらぶらサタデー・タカトシ温水の路線バスの旅」

チャンネル∑枠・日曜スペシャルとして月1回の放送※2回の場合もあり)枠放送    2015年4月25日から放送

  • 〈編成企画〉武田誠司(フジテレビ)
  • 〈ディレクター〉坂本裕一 馬庭広明

2015年はチャンネル∑枠・日曜スペシャル枠の放送で「Bdash」スタッフが〈制作協力〉として加わる           

  • 〈ディレクター〉岡田秀行  児玉光生、〈AD〉中村梨那 「秋の南房総秘境隠れ屋敷」11月放送                 
  • 〈ディレクター〉岡田秀行  児玉光生、〈AD〉中村梨那 「コロッケとものまね旅」8月放送 
  • 〈ディレクター〉松田裕士  児玉光生、〈AD〉宮原和音 「夏の白川郷合掌造りで食す飛騨牛ステーキ」7月放送   

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 脚注
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 土曜 12:00 - 13:30 制作局
静岡県 テレビ静岡(SUT) 同時ネット
岡山県・香川県 岡山放送(OHK) [5]
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT) 日曜 12:30 - 14:00 遅れネット
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 不定期放送 [6]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年4月7日のチャンネル∑枠で再編集・短縮版が放送された。
  2. ^ 2011年2月6日にも系列全局で再放送された。これは当初放送されることになっていた「第35回日本大相撲トーナメント」が大相撲八百長問題発覚によりフジテレビ側が中継および開催自体そのものが中止となり、急遽代替番組として組まれたものである。ただし、テレビ宮崎は2011年1月30日にこの回を放送した関係から、2週連続の放送を避けることを考慮し「京王線食い倒れ旅」(2010年5月2日)を放送した。
  3. ^ 当初は『クイズ!ヘキサゴンII』を放送する予定だったが、番組の司会者である島田紳助が前日に芸能界引退と余波を受け、休止となり2度目となる急遽代替番組として組まれた。放送内容は6月18日に関東地区で放送の「東武伊勢崎線千円握って食べまくり!」の再編集・短縮版。
  4. ^ 2012年10月8日15:25 - 16:50に再放送。
  5. ^ 2019年4月6日より放送開始。
  6. ^ 字幕放送あり。基本的には短縮版での放送だが、編成上の都合で90分版が放送されるときもあり。