タカネトンボ (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タカネトンボ
Platanthera chorisiana 1-2.JPG
岩手県八幡平 2019年7月下旬
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ラン科 Orchidaceae
: ツレサギソウ属 Platanthera
: タカネトンボ P. chorisiana
学名
Platanthera chorisiana (Cham.) Rchb.f.[1]
シノニム
  • Limnorchis chorisiana (Cham.) J.P.Anderson[2]
和名
タカネトンボ(高嶺蜻蛉)[3][4]

タカネトンボ(高嶺蜻蛉、学名Platanthera chorisiana)は、ラン科ツレサギソウ属の地生の多年草[3][4][5][6]

特徴[編集]

は伸長し一部は肥厚し、別に少数のヒゲ状の根がある。の高さは8-20cmになり、茎に稜がある。は地表近くに2個が対生状につくが2葉はやや離れている。葉身は円形または広楕円形で、長さ2-6cm、幅2-5cmになり、先端は円頭、基部は狭くなってやや鞘状になって茎を抱く。葉質は多少肉質で、表面は深緑色で光沢がある。その上部には少数の鱗片葉があり、線状披針形となる[3][4][5][6]

花期は7-8月。は淡黄緑色で、径3-4mmの小さな花を数個から約10個、総状花序につく。花柄子房の基部に線形のがつき、花柄子房より長い。背萼片と側萼片はほぼ同じ形で、長楕円形から楕円形、長さ2mmになり先は円頭になる。側花弁は卵形または広卵形で、萼片より少し短い。唇弁は卵円形で先は鈍頭、萼片と同じ長さで、質はやや厚い。は太く鈍頭で、長さ-1.3mmで楕円体になり、先端が前に突き出る。花粉塊柄は短く、花粉塊は卵形となる[3][4][5][6]

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州の中部地方以北(東北地方、日光北アルプス八ヶ岳白山)に分布し、高山の湿った草原や林縁などに生育する[3][4][5][6]。世界では、千島列島サハリンカムチャツカ半島アリューシャン列島、北アメリカのアラスカ州からワシントン州にかけて分布する[5]

タイプ標本はアリューシャン列島のウナラスカ島で採集されたもの[1][3][4]

名前の由来[編集]

和名タカネトンボは、「高嶺蜻蛉」の意で、高山に生えるトンボソウの意味[6]

種小名(種形容語)chorisiana は、植物画家の Louis Choris (1795 – 1825) への献名[7]

種の保全状況評価[編集]

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト

Status jenv VU.svg

(2017年、環境省)[8]

ギャラリー[編集]

ミヤケラン[編集]

下位分類として、変種にミヤケラン(三宅蘭[3]Platanthera chorisiana (Cham.) Rchb.f. var. elata Finet[9])がある。基本種のタカネトンボに似るが、茎の高さは20-40cmになる。2個の葉は離れてつき、長さ4-7cmの広楕円形から楕円形になり、先は鋭頭になる。花は20数個つく。基本種との中間型もあるという。分布域は基本種と同じであるが、基本種よりやや北方型で、日本では、北海道、本州(東北地方)に分布し、低地から山地の樹林下に生育する[3][10][11]。変種名 elata は、「背の高い」の意味[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b タカネトンボ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ タカネトンボ(シノニム)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ a b c d e f g h 『山溪カラー名鑑 日本の高山植物』p.533
  4. ^ a b c d e f 『山溪ハンディ図鑑8 高山に咲く花』p.385
  5. ^ a b c d e 『改訂新版 日本の野生植物1』p.223
  6. ^ a b c d e 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.251
  7. ^ 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.1488
  8. ^ 06050326969 タカネトンボ、日本のレッドデータ検索システム
  9. ^ ミヤケラン「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  10. ^ 『日本の野生植物 草本I単子葉類』p.195
  11. ^ 『新版 北海道の高山植物』p.274
  12. ^ 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.1492

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本I単子葉類』、1982年、平凡社
  • 豊国秀夫編『山溪カラー名鑑 日本の高山植物』、1988年、山と溪谷社
  • 清水建美、木原浩『山溪ハンディ図鑑8 高山に咲く花』、2002年、山と溪谷社
  • 梅沢俊『新版 北海道の高山植物』、2009年、北海道新聞社
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 1』、2015年、平凡社
  • 牧野富太郎原著、邑田仁・米倉浩司編集『新分類 牧野日本植物図鑑』、2017年、北隆館
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)
  • 日本のレッドデータ検索システム