タカ (通貨)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タカ
টাকা (ベンガル語)
ISO 4217
コード
BDT
中央銀行 バングラデシュ銀行
使用
国・地域
バングラデシュの旗 バングラデシュ
インフレ率 5.57%
 情報源 BBS, July 2017 [1]
補助単位
 1/100 ポイシャ
(defunct)
通貨記号
ポイシャ p
硬貨
 広く流通 2, 5
 流通は稀 50 poysha, 1
紙幣
 広く流通 10, 20, 50, 100, 200, 500 and 1000
 流通は稀 2, 5
紙幣製造 The Security Printing Corporation Bangladesh Ltd.
 ウェブサイト www.spcbl.org.bd
硬貨鋳造 The Security Printing Corporation Bangladesh Ltd.

タカベンガル語:টাকা、ラテン文字表記:Taka、記号:)はバングラデシュ通貨単位。ISO-4217コードではBDTTk.とも略記される。

補助通貨単位としてポイシャが使われる。1タカは100パイサに相当する。ほかに、高額の通貨を呼ぶ単位として、ラーク(10万)およびカロール(1000万)が使われる。1ラークタカは10万タカ、1カロールは100ラクすなわち1千万タカに相当する。

なお、「タカ」とはインド・ルピーのベンガル語表記でもある。

紙幣・硬貨[編集]

タカには、8種類の紙幣(1タカ、2タカ、5タカ、10タカ、20タカ、50タカ、100タカ、500タカ)と7種類の硬貨(1パイサ、5パイサ、10パイサ、25パイサ、50パイサ、1タカ、2タカ)がある。このうち5タカから500タカまでの紙幣は中央銀行であるバングラデシュ銀行が発行しているが、それ以外の2つの紙幣と全ての硬貨はバングラデシュ政府が発行している。

2012年11月8日、バングラデシュの2タカ貨幣の貨幣製造の事業を5億2千万円で日本の造幣局が落札した[2]。日本が外国の貨幣製造を請け負うのは、記念硬貨ではいくつか例があるが、一般流通する貨幣については戦後初めてとなる[3][4]2013年初めには製造開始し、4月から順次バングラデシュに輸送する予定。

2011年シリーズ
画像 額面 大きさ 主な配色 デザイン 発行年
৳2 100×65 mm 緑、サーモンピンク ムジブル・ラフマン ショヒド・ミナール 2011年8月9日
৳5 110×65 mm サーモンピンク クスバモスク
৳10 115×65 mm ピンク バイトゥル・ムカッラム 2012年3月7日
৳20 120×65 mm 緑、黄 シャイト・ゴンブス・モスク
৳50 131×65 mm オレンジ ザイヌル・アベディンの絵画「Ploughing(畑打ち)」
৳100 139×65 mm スター・モスク 2011年8月9日
৳200 139×65 mm 黄、赤 ムジブル・ラフマンとバングラデシュの農業 2020年3月17日
৳500 147×65 mm 深緑、青 バングラデシュの農業 2011年8月9日
৳1000 155×65 mm 紫、茶 バングラデシュ国会議事堂

為替レート[編集]

外国為替相場はバングラデシュ銀行が公認為替取引業者との取引により設定する。バングラデシュ銀行が公表するタカの交換レートは、2010年12月30日付けで、1米ドル=70.74Tk.(売り渡し価格)、70.75Tk.(買い取り価格)。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+09F3 ৳
৳
タカ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]