タキシードサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タキシードサム
Tuxedo Sam
名称 タキシードサム
英語名称 Tuxedo Sam
モチーフ ペンギン
発売年 1980年
デザイナー 武井千亜希[1]
キャラクター大賞順位 4位(第1回)[2]
愛称 サム
関連キャラクター チップ
出演 サムとチップのハチャメチャ大レース
誕生日 5月12日[3]
備考 1985年のサンリオキャラクターの人気投票で1位を獲得[4]
公式サイト タキシードサムプロフィール

タキシードサムラテン文字表記:Tuxedo Sam[5])はサンリオでデザインされたキャラクター皇帝ペンギン[6]を擬人化。1978年開発[5]

タキシードサムのキャラクターグッズは、キャラクターを立体的にかたどったデザインの「立体キャラクター」を売りとした。

来歴[編集]

  • 1978年 - キャラクター開発[5]
  • 1980年 - 「立体キャラクター」のテスト販売を開始。
  • 1982年3月 - 日本で初めてとなる、本格的な「立体キャラクター」の第1号グッズを販売。同年7月にはグッズの総数が150点近くになり、サンリオではハローキティリトルツインスターズマイメロディに次いで第4位の人気を獲得するキャラクターとなった[7]
  • 1983年12月5日 - 日本電信電話公社(当時)からタキシードサムをデザインしたテレホンカード(50度数と100度数)が発売された。サンリオキャラクターがテレホンカードにデザインされるのはこれが最初。
  • 1984年12月 - 日本電気からタキシードサムをデザインした電話機が発売された。サンリオキャラクターが電話機にデザインされるのはこれが最初。
  • 1998年8月 - 久々に商品展開が行われた。

設定[編集]

メインキャラクターのサムはデビュー当時は紳士的で貫禄があり、シリアスなキャラクターであったが、いちご新聞194号(1984年4月号)の頃から活動的な一方でのんびり屋で、ドジであわてんぼうで食いしん坊な性格に改変されている[8]

  • サム
    5月12日南極のタキシードアイランド生まれ[5]。イギリス留学をしたことがあり、英語が堪能。二等航海士の免許を所有している[9][10][注釈 1]。身長、バスト、ウエスト、ヒップの全てが100cmである[6]。体重はヒミツ。視力は両目とも2.0。聴力は測定不能。好きな物は蝶ネクタイで365本持っている[6]。エビのコキールやイワシのムニエルが好物。嫌いな物はバーゲン品のジーンズ。ズボンが穿けないことが悩み。スポーツが得意(自称)。信条は「氷の上にも3年」、「七転び八起き」、「いつもクールに!」。パムとタムというサムにそっくりな二人の弟がいる[5]。パムは浮き輪を愛用しすぎたため泳ぎが苦手。
  • チップ
    アザラシの男の子で、サムの大親友[3][10]。元気で明るい性格。趣味は料理、特技は掃除、洗濯や片付け。誕生日は10月5日[10]
  • ロブスタン
    サムの友達でちょっぴり怖がりけれど明るい性格のヤドカリ[11]。年に一回同じ色であるグリーンの貝に引っ越しをしている[11]。生まれた所はサムが行ったことのある海岸である。
  • カニヤン
    サムの友達で明るくお調子者で落ち着かない性格のカニ[11]。特技は自分のはさみで手紙の封を切ること。生まれた場所はロブスタンと同じ海岸[11]

声優[編集]

映像化[編集]

『オリジナルストーリーアニメ』シリーズ
  • 『サムとチップのハチャメチャ大レース』(『名探偵ハンギョドン』『ぽこぽんのキツネ川温泉へんしん合戦』とのカップリング)
発売日:1993年6月21日 VHS版(V-5008)
  • 『サムちゃんのおばけなんか怖くない』(『キティとミミィのハッピーバースデイ』とのカップリング)
発売日:1998年8月 VHS版

イメージソング[編集]

「おふろパーティー」
作詞:ビーンズ豆田 作曲:大森俊之 編曲:淡海悟郎 歌:杉山佳寿子[12]
1992年7月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「楽しい毎日のために ぼくたちの一日ソング」の8曲目に収録[12]。2分39秒。

豆知識[編集]

  • いちご新聞』でタキシードサムが初めて表紙を飾ったのは、1983年5月号(183号)である[13]
  • 2013年サンリオキャラクター大賞13位[14]。2013年サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「5位以内ならウエストを作っちゃう」と宣言していたが[15]、実現とはならなかった。2018年のサンリオキャラクター大賞では総合順位は13位であったが、いちご新聞に届いた票のみを集計した「いちご新聞ランキング」では9位とトップ10圏内にランクされている[1]
  • 1975年から1985年までサンリオキャラクター大賞の前身といえる「サンリオキャラクター人気コンテスト」を開催しており、サンリオキャラクター大賞が開催される前年である1985年(最終回)はタキシードサムが1位だった[16][17]
  • 渋谷ヒカリエ ShinQs B1で2017年7月14日よりタキシードサムカフェが期間限定でオープンした[18][19]。カフェ限定グッズも併設のショップで販売された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は甲種一等航海士[8]

出典[編集]

  1. ^ a b いちご新聞2018年9月号(607号)p. 9。
  2. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  3. ^ a b 森彩子 (2010, pp. 42-43)
  4. ^ ☆みんな待ってた☆”. サンリオピューロランド(サンリオピューロランド ブログ ブラボー!!) (2011年9月17日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e SANRIO MEMORIES60-63頁。
  6. ^ a b c 「巻頭大特集/キキ&ララ・マイメロディ 40周年記念」、『月刊モエ』通巻438号(2016年4月号)、白泉社2016年3月3日、 24頁。
  7. ^ 「サンリオのタキシード・サム、早くも150点に」『日経産業新聞』1982年7月21日付、12面。
  8. ^ a b 竹村真奈 (2013, pp. 72-77)
  9. ^ 『サンリオピューロランド・ガイドブック '98-'99』 サンリオ、1998年5月20日、26頁。ISBN 4-387-98001-X。
  10. ^ a b c サンリオキャラクター ミニ図鑑26頁。
  11. ^ a b c d サンリオキャラクター ミニ図鑑27頁。
  12. ^ a b (1992年7月21日) 『楽しい毎日のために ぼくたちの一日ソング』のアルバム・ノーツ, pp. 16-17 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2033).
  13. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 108-113)
  14. ^ 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2018年1月8日閲覧。
  15. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月8日閲覧。
  16. ^ 『いちご新聞 368号』(2015年6月号)、2015年5月10日、4-5頁。
  17. ^ ☆みんな待ってた☆”. サンリオピューロランド(サンリオピューロランド ブログ ブラボー!!) (2011年9月17日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月8日閲覧。
  18. ^ 渋谷ヒカリエ ShinQsにタキシードサムカフェが期間限定オープン!”. サンリオ (2017年7月25日). 2017年8月2日閲覧。
  19. ^ タキシードサム カフェ – THE GUEST cafe & diner”. 渋谷ヒカリエ ShinQs (2017年). 2017年8月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 竹村真奈 『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』 ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020。
  • 『SANRIO MEMORIES』 サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9。
  • 森彩子 『サンリオキャラクター大図鑑』 ポプラ社、2010年11月。ISBN 978-4-591-12108-5。
  • 『サンリオキャラクター ミニ図鑑』 サンリオ、1992年8月31日、24-27頁。ISBN 4-387-92157-9。

関連項目[編集]