タケダサナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タケダ サナSana Takeda1977年 - )は、日本イラストレーター、コミックアーティスト。

セガでデザイナーとして勤めた後、フリーランスに転向。日本に住みながらアメリカ合衆国マーベル・コミックのために作画を行う傍ら[1]、日本のゲームのイメージイラスト、挿絵、子供向けの絵本など、幅広く手掛ける。アメリカ進出については「自分の絵はかわいくないので、日本のマンガでは居場所がないと思った」と語っている[1]

2015年に発刊されたコミックシリーズ『モンストレス』の作画により、2018年にアイズナー賞ハーベイ賞を受賞した。同作は2017年から2019年までヒューゴー賞グラフィックストーリー部門)を連続受賞している。2018年にタケダは日本出身者として初めてヒューゴー賞プロフェッショナルアーティスト部門を受賞した。

代表作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 石田汗太「マンガのくに 不死と変身2」『読売新聞(朝刊)』、2019年10月16日、文化。