タッド・フジカワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
タッド・フジカワ
Tadd Fujikawa Golf pictogram.svg
Tadd Kujikawa.JPG
基本情報
生年月日 1991年1月8日(23歳)
出身地 アメリカハワイ州ホノルル
利き手
成績
2009年2月23日現在
テンプレートを表示

タッド・フジカワTadd Fujikawa, 1991年1月8日 - )は、アメリカハワイ州ホノルル出身の日系アメリカ人プロゴルファー

略歴[編集]

早産で産まれたため、出生時は体重が1ポンド15オンス(約880g)の低体重児で、祖母の掌に乗るほどの大きさだった。現在は身長・155cm、体重・60kg。

先祖が広島県尾道市出身の日系5世で、現在も尾道に親戚があり、幼少期に一度来日している。

2006年全米ジュニアベスト16。2006年USPGAツアー「全米オープン」に大会史上最年少の「15歳5ヶ月」で出場。

2007年、1月のソニーオープン・イン・ハワイで、16歳と4日の米ツアー史上2番目の若さで予選通過(最終成績20位タイ)。2月の地元トーナメント、ハワイ・パールオープンではプロを抑えて優勝した。4月、中日クラウンズで日本ツアー初参戦。7月12日、プロ転向を表明。

2009年1月17日、ソニーオープン・イン・ハワイで、ワイアラエ・カントリークラブの現コースレイアウトでのコースレコードタイ(他にアーニー・エルスらが記録)となる62をマークした。

参考文献[編集]