タナー段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

タナー段階(タナーだんかい、英語: Tanner stage、タナー分類、タナースケール、英語: Tanner scale、タナー法)とは、ヒト幼児期から青年期成人になるまでの成長を、男性器男性)・乳房女性)の発達状況、陰毛(男女)の発生・発達状況など、外部からわかる第一次性徴(男性器・乳房・陰毛)および第二次性徴(男性は男性器・女性は乳房)に基づいた性的発育の物理的測定値をもとに定義した指標。

男性のタナー段階。思春期前は男性器・陰毛共にI。男性器がIIになることで思春期に入るが、陰毛がIIになるのはそれより後となり、以降もタナー段階の進み具合が男性器と陰毛で必ずしも同一になるとは限らない。
女性のタナー段階。思春期前は乳房・陰毛共にI。乳房がIIの前半(乳頭期)になることで思春期に入るが、陰毛がIIになるのはそれより後となり、以降もタナー段階の進み具合が乳房と陰毛で必ずしも同一になるとは限らない。

概要[編集]

この指標は、英国小児科医、ジェームス・タナー英語版によって最初に提唱され[1][2][3]、性科学者らによって確立されていった。

個人差があるため、特に思春期においては、タナー段階の進み具合は人によって異なるほか、一人の人間においてタナー段階の進み具合が男性器・乳房と陰毛で異なる段階にあることもあり、男性器(男性)・乳房(女性)のTannerがIIの時、陰毛はまだTannerがI(発生していない)のままであり、男性器(男性)のTannerがIIIになってから約1年後(約1年後男性器のタナー段階は成長に個人差があるため、IIIのままかIV以降に成長しているかのどちらかとなる)、乳房(女性)のTannerがIIIまたはIVなってから陰毛はTannerがII(発生し始める)となる[4]

HIVの治療においては、成人向け、青年向け、小児向けとある治療計画のうちどの計画を患者に適用するかを決定するために使用される。

男性器[編集]

男性器は思春期第二次性徴によってタナー段階で成長する[5]。男性器のタナー段階がIIに達した時点で第二次性徴・思春期の起点となり、起点の年齢は平均して11歳6ヶ月(前後1年半の個人差)である[6]。思春期開始時は男性器の発達のみが起き、他の体位の発達開始はそれより後となり[7]、男性器の発達開始以降に生じる身長の伸びのピークを迎えるか陰毛の発生(陰毛のタナー段階II以降になるのは男性器のタナー段階がIIIになってから約1年後で、約1年後男性器のタナー段階は成長に個人差があるため、IIIのままかIV以降に成長しているかのどちらかとなる)まで思春期に入っている事に気づきにくい[8][9]

発育途上の男性器。ペニスや睾丸の段階と陰毛の段階は一致しないことも多い

乳房[編集]

タナー段階によれば、両性において共通するのがI(幼児型)である(思春期前に、一時的に乳房が乳頭期(II)以降の状態に成長し、数ヶ月から3年で幼児型(I)に戻る症状として思春期前乳房隆起がある(殆どが2歳以下で発症)。Iに戻らなかったり、身長増加速度が異常に高かったり、骨年齢が異常に進むなどの場合は思春期早発症の可能性がある[10])。その後、女性は第II・III・IVの3課程(第2・3を前後半に分けると5過程)を経て、Vにおいて女性成人型に変化する。女性の思春期は7歳7ヶ月 - 11歳11ヶ月の間、平均年齢の9.74±1.09歳[11]に乳房の成長開始(Thelarche・乳頭期)から始まり(乳房の発育異常が見られる場合は年齢を含めてこの限りでは無い)、初経の1年以上前はIIで、初経前後でIII、初経の1年後以降でIVとなり、IからVへ変化する期間は途中で初潮を挟む約4年間である

[12]。初経は多くの女性で10歳-15歳の間[13]に迎えるので、初経から3年以上経ち成人型乳房になるのは13歳(10歳で初経の時)-18歳(15歳で初経の時)以降となる。男性は女性と異なり思春期初来から成長せず、腋毛の発生時に、乳輪の面積が若干広くなり、乳頭と共に茶色や黒色に変色し、筋肉の発達後に乳房が男性成人型へ発達する[14](ただし、女性化乳房の症状が出ている場合は事情が異なる)。

陰毛[編集]

第二次性徴期における副腎皮質ホルモン分泌に従い思春期以降、男性は陰茎の増大(男性器タナー段階III)から約1年後、女性は乳房のタナー段階IIIまたはIV(初経の1年前から3年後の間)に達した頃[15]、また第二次性徴における身長の伸びのピークを迎えた頃から発生する。女性は陰毛の発生より前に生じる乳房の成長開始(乳房のタナー段階IIで、ジュニアブラを着け始めるべき時期)で思春期に入った事に気づきやすいが、男性は男性器の成長開始(男性器のタナー段階II)時点で思春期に入った事に気づきにくく、身長の伸びのピークを迎えるか陰毛が発生(後述する陰毛のタナー段階Ⅱ)した時点で思春期に入った事に気づきやすい[16][17]。 殆どの男性は男性器の成長のタナー段階IIIから約1年後に発毛する(発毛時、男性器のタナー段階は成長に個人差があるため、IIIのままかIV以降に成長しているかのどちらかとなる)が、女性は乳房の成長のタナー段階V(成人型、初経から3年後以降)になっても発毛が見られないか、僅かしか発毛しない無毛症(かわらけは俗称)の人が僅かながら見られる。無毛症であってもホルモン剤によって発毛させる事や植毛も可能ではあるが、皮下脂肪型肥満を含む肥満視床下部性肥満プラダーウィリー症候群)等の性腺発育不全や放射線治療被曝による副作用後遺症等が原因でなければ健康上の心配はない。陰毛が男性は10歳未満、女性は8歳未満に発生すると、性早熟症と診断される[15]

批判[編集]

ポルノ女優のルーペ・フエンテスが未成年で出演したと主張する根拠として米国連邦当局がタナー段階を使用するなど、児童ポルノに関する誤った判決につながる可能性があるとして、ポルノ業界からの批判を受けている。 フエンテスは裁判に出席し、問題のDVDが合法的に制作されたものであることを示す文書を提出した[18][19]。タナー段階を開発した人々は、タナー段階を用いた年齢の推定は無効であると述べている。タナー段階は実年齢ではなく成熟の段階を示すものであるため、この方法で人の年齢を推定するには適していない[20]

脚注[編集]

  1. ^ Tanner's stages - Who Named It?
  2. ^ “Variations in the pattern of pubertal changes in boys”. Arch. Dis. Child. 45 (239): 13–23. (February 1970). doi:10.1136/adc.45.239.13. PMC: 2020414. PMID 5440182. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2020414/. 
  3. ^ “Variations in pattern of pubertal changes in girls”. Arch. Dis. Child. 44 (235): 291–303. (June 1969). doi:10.1136/adc.44.235.291. PMC: 2020314. PMID 5785179. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2020314/. 
  4. ^ 思春期の発現・大山建司
  5. ^ <総説> 思春期の発現・大山建司 | 山梨大学学術リポジトリ
  6. ^ たなか成長クリニック・思春期
  7. ^ お母さんの基礎知識(思春期・男の子編)(もっと詳しく…)-神奈川県ホームページ
  8. ^ 「思春期早発症」とは(武田薬品工業)
  9. ^ 思春期早発症の症状(武田薬品工業)
  10. ^ 妹尾磯範[1]: “早発乳房”. せのお小児科内科医院. 2019年10月6日閲覧。
  11. ^ 思春期と乳房”. 三宅婦人科内科医院 (2006年2月更新). 2015年11月23日閲覧。
  12. ^ 恋をするとバストが大きくなるって、本当?”. マイナビウーマン. 株式会社マイナビ (2013年6月25日更新). 2013年7月2日閲覧。
  13. ^ 大山 2004, pp. 3-8.
  14. ^ 神奈川県保健福祉局 保健医療部 健康増進課 母子保健グループ (2011年1月19日). “お母さんの基礎知識(思春期・男の子編)(もっと詳しく…)”. 公式ウェブサイト. 神奈川県. 2013年1月5日閲覧。
  15. ^ a b 思春期の発現・大山建司
  16. ^ 「思春期早発症」とは(武田薬品工業)
  17. ^ 思春期早発症の症状(武田薬品工業)
  18. ^ “Lupe Fuentes Saves Man From Bogus ‘Child Porn’ Charge”. AVN. (2010年4月16日). http://business.avn.com/articles/Lupe-Fuentes-Saves-Man-From-Bogus-Child-Porn-Charge-394003.html 
  19. ^ Adult Film Star Verifies Her Age, Saves Fan From 20 Years In Prison”. Radar Online (2010年4月21日). 2018年3月29日閲覧。
  20. ^ Rosenbloom, AL; Tanner, JM (December 1998). “Misuse of Tanner puberty stages to estimate chronologic age.”. Pediatrics 102 (6): 1494. doi:10.1542/peds.102.6.1494. PMID 9882230. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]