タナー段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
男性のタナー段階。思春期前は男性器・陰毛共にI。男性器がIIになることで思春期に入るが、陰毛がIIになるのはそれより後となり、以降もタナー段階の進み具合が男性器と陰毛で必ずしも同一になるとは限らない。
発育途上の男性器。ペニスや睾丸の段階と陰毛の段階は一致しないことも多い
女性のタナー段階。思春期前は乳房・陰毛共にI。乳房がIIの前半(乳頭期)になることで思春期に入るが、陰毛がIIになるのはそれより後となり、以降もタナー段階の進み具合が乳房と陰毛で必ずしも同一になるとは限らない。

タナー段階(タナーだんかい (: Tanner stage)、タナー分類、タナースケール (: Tanner scale)、タナー法)とは、ヒト幼児期から青年期成人になるまでの成長を、男性器男性)・乳房女性)の発達状況、陰毛(男女)の発生・発達状況など、外部からわかる第一次(男性器・乳房・陰毛の何れもTannerI)および第二次性徴(男性は男性器・女性は乳房で TannerII以降)に基づいた性的発育の物理的測定値をもとに定義した指標。

この指標は、英国小児科医、ジェームス・タナー英語版によって最初に提唱され[1][2][3]、性科学者らによって確立されていった。

個人差があるため、特に思春期においては、タナー段階の進み具合は人によって異なるほか、一人の人間においてタナー段階の進み具合が男性器・乳房と陰毛で異なる段階にあることもあり、男性器(男性)・乳房(女性)のTannerがIIの時、陰毛はまだTannerI(発生していない)のままであり、男性器(男性)のTannerがIIIになってから約1年後(約1年後男性器のタナー段階は成長に個人差があるため、IIIのままかIV以降に成長しているかのどちらかとなる)、乳房(女性)のTannerがIIIまたはIVなってから陰毛はTannerII(発生し始める)となる[4]

HIVの治療においては、成人向け、青年向け、小児向けとある治療計画のうちどの計画を患者に適用するかを決定するために使用される。

各段階の定義は以下を参照のこと。

批判[編集]

ポルノ女優のルーペ・フエンテスが未成年で出演したと主張する根拠として米国連邦当局がタナー段階を使用するなど、児童ポルノに関する誤った判決につながる可能性があるとして、ポルノ業界からの批判を受けている。 フエンテスは裁判に出席し、問題のDVDが合法的に制作されたものであることを示す文書を提出した[5][6]。タナー段階を開発した人々は、タナー段階を用いた年齢の推定は無効であると述べている。タナー段階は実年齢ではなく成熟の段階を示すものであるため、この方法で人の年齢を推定するには適していない[7]

出典[編集]