タノムサク・シスボーベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タノムサク・シスボーベー
基本情報
通称 Tanom Kongsankam
階級 ジュニアバンタム級
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1965-01-08) 1965年1月8日(54歳)
出身地 マハーサーラカーム県
プロボクシング戦績
総試合数 62
勝ち 56
KO勝ち 33
敗け 6
テンプレートを表示

タノムサク・シスボーベー(Thanomsak Sithbaobay、1965年1月8日 - )は、タイの元男子プロボクサーマハーサーラカーム県出身。元OPBF東洋太平洋フライ級王者。キャリア晩年にはリングネームをカオヤイ・マハサラカムとした。

WBA世界ジュニアバンタム級1位になり、鬼塚勝也との試合で2度も互角以上に渡り合いながら、「疑惑の判定」に泣かされて、遂に世界王座に付くことはなく引退したことから「無冠の帝王」と呼ばれた[1]

来歴[編集]

1985年6月10日、プロデビュー。

1986年7月15日、デビュー9戦目でタイフライ級王座決定戦で判定勝ちで王座を獲得した。

1986年10月15日、デビュー11戦目でOPBF東洋太平洋フライ級王座決定戦に出場し、アンブリ・サヌシ(インドネシア)に4回KO勝ちで王座を獲得した。以後、1度の防衛に成功した。

1987年5月3日、2度目の防衛戦で松村謙二と対戦し、1-2の判定負けで王座から陥落、キャリア初黒星となった。この採点結果にタノムサク陣営が抗議するなど、地元判定ではないかとの議論が持ち上がった。

1990年11月29日、WBA世界バンタム級王者ルイシト・エスピノサと対戦するが、0-3の判定負けで王座獲得に失敗した。

1992年4月10日、WBA世界ジュニアバンタム級王座決定戦で鬼塚勝也と対戦。クリーンヒットで上回り、前半に鬼塚の右目上をカットさせるなどしたが、6回以降の採点で巻き返され、僅差の0-3の判定負けで王座獲得に失敗した。しかし、この判定結果に不満のファンから抗議が殺到。会場内でも協栄側に有利な恣意的判定だとし「協栄マジック」「協栄判定」との声が上がり、控え室に引き上げるタノムサクに観客が「You are Champ」と声を掛ける等の光景が見られた[1]。また、多くの関係者もスポーツ紙や専門誌で疑問を呈するなど、「疑惑の判定」として大いに物議を醸した。

1993年11月5日、鬼塚と1年7か月ぶりに再戦し、0-3の判定負けで返り討ちにされ3度目の世界王座挑戦にも失敗した。この採点にも翌日のデイリースポーツ紙上で矢尾板貞雄が異を唱えるなど、またもや疑惑の判定との声が多く聞かれた。

1998年8月9日、千里馬哲虎と対戦し、4回TKO負けを喫し、この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ボクシング・マガジン』1992年5月号 ベースボール・マガジン社

関連項目[編集]


第17代OPBF東洋太平洋フライ級王者
[表示]
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:申喜燮
1986年10月15日 - 1987年5月3日松村謙二