タハール州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タハール州
座標: 北緯36度40分 東経69度45分 / 北緯36.667度 東経69.750度 / 36.667; 69.750
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
州都 タールカーン
行政[1]
 - 州知事 アブドゥル・ラティフ・イブラヒミ
面積[2]
 - 計 12,457.8km2 (4,810mi2)
標高[3] 790m (2,592ft)
人口 (2012)[2]
 - 計 933,700人
等時帯 UTC+4:30
ISO 3166コード AF-TAK
座標は[4]

タハール州ペルシア語: د تخار ولايت[5])は、アフガニスタン北東部のである。面積は1万2458平方キロメートル(34州中19位)[2]、総人口は約93万人(34州中9位)[2]、人口密度は75人/平方キロ(34州中12位)である[2]。州都はタールカーン

地理[編集]

クワジャムハンマッド山脈(英語: Khwaja Muhammad Range/Koh-i- Khwāja Muhammad)の西側に位置している。

歴史[編集]

青銅器時代・古代[編集]

インダス川とアムダリヤ川をつなぐ古代の道路[6]

古代のインダス文明はメソポアミア・ハラッパー路を通じて、金などの貴金属や木材をメソポタミア文明に輸出していた。ガンダーラの首都はパキスタンタキシラにあり、ジャララバードからクナール川沿いの渓谷をチトラルまで登ってバダフシャーン州コクチャ川に至り、川沿いの渓谷を下ってタハール州に入りパンジ川に達する古道は、ヒンドゥークシュ山脈を越えてアムダリヤ川に達する重要な街道の1つだった[7]。パンジ川に面する州の北部には前21世紀頃にショルトゥガイがあり、前4世紀頃にはアイ・ハヌムがあった。

中世[編集]

13世紀後半、中国に向かう途中のマルコ・ポーロがタールカーンを訪れた。その頃のタールカーンは塔里干と呼ばれており、穀物やスモモ(ハダンキョウ)、ピスタチオ(フスダシウ)の集積地だった。町の南には塩で出来た山があり、品質の良い岩塩が採れたので遠方から商人が集まったと言う[8]

冷戦時代[編集]

タハール州は1950年頃には無かったが、1958年から1964年頃にタールカーン州が出来て、1964年4月に改名されて現在の名前になった[9]

冷戦終結後[編集]

1997年のアフガニスタンの状況。赤がマスード派、緑がドスタム派、黄がターリバーン

タハール州はイスラム協会英語版(後に北部同盟)の幹部ブルハーヌッディーン・ラッバーニーアフマド・シャー・マスードの出身地に隣接しており、イスラム協会の拠点の1つだった。しかし1997年から1998年にかけて、ターリバーンは近隣のクンドゥーズ州バルフ州バグラーン州の州都を次々と占領し[10]、反タリバーン勢力は劣勢に立たされた。1998年の2月と5月にはマグニチュード5.8マグニチュード6.6の地震が発生し、バダフシャーン州やタハール州を中心に数千人の住民が死亡した[11]

アメリカ同時多発テロ事件以降[編集]

2001年9月、アメリカ同時多発テロ事件が起き、10月にはアメリカ合衆国がアフガニスタンに侵攻した。アメリカや有志連合北部同盟の軍隊はクンドゥーズ包囲戦を行い、11月11日にターリバーンから州都タールカーンを奪回した。2002年3月、アフガニスタン北部地震Mw7.4)が発生し、バダフシャーン州やタハール州で300戸の住宅が被害を被った[12]。2004年10月、第一回の大統領選挙が実施され、タハール州ではラシッド・ドスタムが最多得票(約40%)を得た[13]

第二回大統領選挙後[編集]

2009年8月、第二回の大統領選挙が実施され、タハール州ではアブドラ・アブドラ元外相が最多得票(約52%)を得た[14]。2010年10月、クンドゥーズ州のムハンマド・オマル知事がタハール州で自爆テロに巻き込まれて死亡した[15]。2012年12月、ISAF軍はタハール州の治安権限をアフガニスタン軍に移譲した[16]

第三回大統領選挙後[編集]

2014年4月、第三回の大統領選挙が実施され、タハール州ではアブドラ・アブドラ元外相が最多得票(約50%)を得た[17]。2015年9月、ターリバーンによると南部のIshkamish郡[18]とYangi Qala郡[19]や北部のBangi 郡[20]を攻撃しているようである。2015年10月、バダフシャーン州でマグニチュード7.5の地震が起き、州都タールカーンではメルカリ震度階級VIIの揺れを観測し、将棋倒しなどにより死傷者が出た[21]。同月、ターリバーンはDarqand郡を占領した[22]

行政区分[編集]

タハール州の郡

1市16郡を擁する[2]

  1. Baharak District
  2. en:Bangi District
  3. en:Chah Ab District
  4. en:Chal District
  5. en:Darqad District
  6. en:Dashti Qala District
  7. en:Farkhar District
  8. en:Hazar Sumuch District
  9. en:Ishkamish District
  10. en:Kalafgan District
  11. en:Khwaja Baha Wuddin District
  12. en:Khwaja Ghar District
  13. en:Namak Ab District
  14. en:Rustaq District
  15. en:Taluqan District - 州都タールカーン
  16. en:Warsaj District
  17. en:Yangi Qala District

都市[編集]

タハール州では州都周辺(約22万人)やRustaq郡(約16万人)、Chahab郡(約8万人)、Khwaja Ghar郡(約7万人)など州の北部に多くの住民が居る。人口1万人以上の都市は州都タールカーン(約7万人)やChahab(約2万人)、Rustaq(約1万人)である[23]

産業[編集]

農業[編集]

タハール州の農作物 (2012年度)[24]
種類 生産量 順位
小麦 43万9000トン 1位
5万6877トン 3位
大麦 3万7656トン 3位
とうもろこし 9702トン 13位
綿花 3190トン 4位
アーモンド 570トン 6位
グレープフルーツ 222トン 16位
110トン 5位
ザクロ 100トン 8位
りんご 65トン 19位

タハール州は小麦(34州中1位)や(34州中3位)、大麦(34州中3位)、綿花(34州中4位)、(34州中5位)の生産が全国的に見ても盛んで[24]アーモンド(34州中6位)やザクロ(34州中8位)がかなり生産されている[24]

鉱業[編集]

タハール州では金砂鉱や蒸発岩の鉱脈が発見されている[25]

住民[編集]

民族[編集]

タハール州で人口が最も多いのはウズベク人タジク人であり、パシュトゥーン人ハザーラ人が続く[26]。識字率は16%である[26]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Afghan Biographies - Ibrahimi, Abdul Latif Ebrahimi”. Afghanistan Online. 2014年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Area and Administrative and Population”. Islamic Republic of Afghanistan (2013年). 2014年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月3日閲覧。
  3. ^ Topological Information About Places On The Earth”. topocoding.com. 2014年3月9日閲覧。
  4. ^ The U.S. Board on Geographic Name”. U.S. Department of the Interior. 2014年2月14日閲覧。
  5. ^ ペルシア語ラテン翻字: Takhār
  6. ^ 「シルクロードの古代都市」P29の地図を参考に作成
  7. ^ 加藤九祚 『シルクロードの古代都市』 岩波書店2013年、29-31頁。ISBN 978-4004314448。
  8. ^ マルコ・ポーロ、愛宕 松男 『完訳 東方見聞録1』 平凡社2000年、148-151頁。ISBN 978-4582763263。
  9. ^ "Provinces of Afghanistan". Statoids. 2014年4月3日閲覧. 
  10. ^ 高橋 博史 (1998年). “タリバーンによるマザリシャリフの攻略―ドストム将軍の凋落 1998年のアフガニスタン”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) アジア経済研究所. 2014年2月20日閲覧。
  11. ^ Historic Earthquakes Magnitude 6.6 Afghanistan-Tajikistan Border Region 1998 May 30 06:22:28 UTC”. USGS Earthquake Hazards Program. 2014年4月7日閲覧。
  12. ^ Historic Earthquakes Magnitude 7.4 HINDU KUSH REGION, AFGHANISTAN 2002 March 03 12:08:19 UTC”. USGS Earthquake Hazards Program. 2014年4月7日閲覧。
  13. ^ Takhar Province”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2014年3月10日閲覧。
  14. ^ Takhar Province”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2014年2月17日閲覧。
  15. ^ Head of Afghanistan's Kunduz province killed in bombing”. BBC NEWS (2010年10月8日). 2014年2月17日閲覧。
  16. ^ アフガニスタン:治安情勢”. 外務省. 2014年2月6日閲覧。
  17. ^ 2014 Elections Results”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2015年2月24日閲覧。
  18. ^ Ishkamish district conquered in country’s north”. アフガニスタン・イスラム首長国(タリバン) (2015年9月28日). 2015年10月27日閲覧。
  19. ^ Yangi Qala district liberated”. アフガニスタン・イスラム首長国(タリバン) (2015年9月29日). 2015年10月27日閲覧。
  20. ^ Mujahideen take control of another district in Takhar”. アフガニスタン・イスラム首長国(タリバン) (2015年9月29日). 2015年10月27日閲覧。
  21. ^ アフガニスタン北部の地震 死者100人超にNHKニュース 2015年10月26日 21時01分)
  22. ^ Mirwais Harooni、James Mackenzie、Robert Birsel (2015年10月28日). “Taliban overrun district in quake-hit northern Afghanistan”. reuters. 2015年10月29日閲覧。
  23. ^ Central Statistics Organization (2013年). “Settled Population of Takhar province by Civil Division , Urban, Rural and Sex-2012-13”. Islamic Republic of Afghanistan. 2014年2月8日閲覧。
  24. ^ a b c Agriculture Development”. Islamic Republic of Afghanistan (2013年). 2014年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月5日閲覧。
  25. ^ Ministry of Mines and Petroleum (2011年10月2日). “New Information Management System for Ministry of Mines, Afghanistan”. Islamic Republic of Afghanistan. 2014年2月10日閲覧。
  26. ^ a b Ministry of Rural Rehabilitation and Development (2013年). “Takhar Provincial Profile”. Islamic Republic of Afghanistan. 2014年4月5日閲覧。

関連項目[編集]