タフィラ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
タフィラ県

محافظة الطفيلة
県都タフィラ(2014年)
県都タフィラ(2014年)
愛称: 
エドムの地
Tafilah in Jordan.svg
北緯30度50分9秒 東経35度36分44秒 / 北緯30.83583度 東経35.61222度 / 30.83583; 35.61222
ヨルダンの旗 ヨルダン
地方 南部地方
設置 1988年またはそれ以前
県都 タフィラ
面積
 • 合計 2,209km2
面積順位 7位
人口
(2015年国勢調査)
 • 合計 96,291人
 • 順位 12位
等時帯 UTC+2 (東ヨーロッパ時間)
 • 夏時間 UTC+3 (東ヨーロッパ夏時間)
市外局番 +(962)3
ISO 3166コード JO-AT

タフィラ県(タフィラけん、アラビア語: الطفيلةAṭ-Ṭafīlah)は、ヨルダンを構成するムハーファザ)の1つである。日本語表記はほかにタフィーラまたはタフィーレとも。県都は同名の都市タフィラ

1988年(またはそれ以前)にカラク県から分離・設置された[1]。人口は9.6万人(2015年国勢調査[2])で、ヨルダンの全12県の中で最も少ない。現在のヨルダン南部を統治した古代エドム王国の、首都を含む多数の史跡が所在する。

行政区画[編集]

タフィラ県の郡

3郡(لواء)から成る[3][4]

県名 アラビア語名 ラテン文字表記 面積
(km2)
人口
(2015)
ハサ郡英語版 لواء الحسا Al-Ḥasā 952 10,243
ブセイラ郡英語版 لواء بصيرا Buṣayrā 227 25,245
タフィラ・カサバー郡英語版 لواء قصبة الطفيلة Qaṣabah aṭ-Ṭafīlah 1,031 60,803

主要都市[編集]

タフィラ・カサバー郡
  • タフィラ(タフィーレ):タフィーレ県の県庁所在地。県北西部の山間地域に位置する。中心部はバスターミナル付近の幹線道路沿い200mほどの商店街。西はタフィーレ軍事病院のあるワディゼィドまで住宅地が続いている。
  • アル・イース:タフィーレ工科大学がある。
  • アイン・アルベーダ:セルア城などがある。
  • アフラ:ハサ渓谷にある街。温泉が2カ所(アフラ温泉とボルベィダ温泉)ある。
  • イーマ
  • アル・ウィーム
  • シンファハ
ブセイラ郡
  • ブセイラ英語版:タフィーレ県第2の街。県南西部の山間地域に位置する。県南部の行政の中心。柔道がさかんな街でアラブチャンピオンを輩出したこともある。古代エドム王国の首都でもある。
  • カディシーヤ:県最南端の街。
  • ラシャディーヤ:フランス資本のセメント工場(かつては日本資本)がある。
  • ダーナ英語版:県南部の観光村。ダーナ自然保護区の玄関口。カディシーヤから谷をkmほど下った場所にある。廃墟になった石造りの街を観光用にリノベートしたホテルが数軒ありトレッキングツアーを企画している。アンマン・ペトラ間のツアーの一部で立ち寄られる。
  • ガランダル
ハサ郡
  • ハサ(ヒッサ):県東部の砂漠地域に位置する。デザート・ハイウェイ上にある砂漠の中の街。南側の元々の街と北側のカンパニーシティとがある。
  • ジュルフ

脚注[編集]

  1. ^ Provinces of Jordan”. Statoids.com (2015年11月28日). 2020年4月9日閲覧。
  2. ^ Jordan/Governorates”. Citypopulation.de (2019年9月9日). 2020年4月9日閲覧。
  3. ^ Jordan/Governorates and Districts”. Citypopulation.de (2017年10月2日). 2020年4月9日閲覧。
  4. ^ Jordan/Administrative units at the Wayback Machine (archived 2017年2月23日)