タマウリパス州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タマウリパス自由独立州
Estado Libre y Soberano de Tamaulipas
タマウリパス自由独立州の旗Coat of arms of Tamaulipas.svg
タマウリパス自由独立州の旗タマウリパス自由独立州の紋章
タマウリパス自由独立州の位置
メキシコの旗 メキシコ
州都シウダービクトリア
自治体の数43
最大の都市タンピコ
州知事エヒディオ・トーレ・カントゥスペイン語版
連邦下院議員PRI 12
PAN 1
連邦上院議員PAN 2
PRI 1
面積
 - 総面積
メキシコ31州中 第7位
79,384 km²
人口2010年
 - 総計
 - 人口密度
メキシコ31州中 第13位
3,270,268
40.8人/km²
時間帯
- 夏時間
UTC -6
UTC -5
略称 (ISO 3166-2)
郵便略号
MX-TMP
Tamps.
公式サイトタマウリパス自由独立州政府

タマウリパス州 (Tamaulipas) は、メキシコ北東部、メキシコ湾西岸の中央部に位置する州である。正式名称はタマウリパス自由独立州 (Estado Libre y Soberano de Tamaulipas) という。州都はシウダービクトリア。人口は3,270,268人(2010年国勢調査)である[1]

地勢[編集]

西でヌエボ・レオン州と、南西でサン・ルイス・ポトシ州と、南東でベラクルス州と接しており、また北ではリオ・グランデ川を挟んでアメリカ合衆国テキサス州と国境を接している。テキサス州とはリオ・グランデ川をはさんで、マタモロスブラウンズビルレイノサマッカレンヌエボ・ラレドラレドのような国をまたいだ双子都市が多く形成されている。

歴史[編集]

古くは、ディアブロ渓谷で古期の人々が生活を営んだ岩陰遺跡が点在し、炭化したトウモロコシがリチャード・マクニーシュ (R. MacNeish) によって発見されている。古典期には、アメリカ南東部のミシシッピ文化とも深い関係のあったマヤ語系のワステカ文化が栄えた。19世紀には一時期、リオグランデ共和国の一部であった。

動植物[編集]

主な都市[編集]

治安[編集]

2000年代以降、メキシコ麻薬戦争が激化し、州内の治安が極端に悪化している。州内では、麻薬組織であるガルフ・カルテルロス・セタスによる抗争事件も頻発、多数の死者が出ているほか行方不明者数も5,000人に達し、国内のどの州より多い状況となっている。州内を通過する高速道路101号線では、ギャングが横行し殺人事件や誘拐事件が後を絶たないため、沿道のレストランやオフィスが閉鎖されて閑散としている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Censo de Población y Vivienda 2010 (スペイン語)
  2. ^ パトカーが先導する「死のハイウエー」、メキシコ AFP(2016年1月15日)2017年6月25日閲覧