タマモホットプレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タマモホットプレイ
Tamamo Hotplay.jpg
2009年2月8日 京都競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2001年4月1日(16歳)
登録日 2003年4月30日
抹消日 2011年5月20日
フジキセキ
ホットプレイ
母の父 ノーザンテースト
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 信成牧場
馬主 タマモ
調教師 南井克巳栗東
競走成績
生涯成績 66戦6勝
獲得賞金 2億6971万4000円
勝ち鞍

GIIスワンステークス

GIIIシルクロードステークス
テンプレートを表示

タマモホットプレイ日本の元競走馬。おもな勝ち鞍はスワンステークスシルクロードステークス。馬名の由来は冠名「タマモ」に母名の一部。

戦績[編集]

2003年11月京都デビュー。新馬戦・千両賞を連勝、明け3歳初戦のシンザン記念でも2着と好走する。この後クラシック路線へ向け調整されるが、きさらぎ賞では2番人気と支持を集めながら先行バテて10着敗退。さらにスプリングステークスでは一転して後ろからの競馬を試みるも8着に終わった。

出走権を得られず皐月賞を除外となり同日のオープン特別に出走するも9着、1800m戦を3走しながら全て結果を出すには至らず、3歳春以降は短距離路線に転向となった。

これが奏功し青函ステークスではハンデ50キロを味方に勝利をあげ、さらにスワンステークスでは中団から馬群を割りアタマ差で優勝、待望の重賞タイトルを手中にした。これ以降も距離適性からマイル戦には殆ど使われずスプリント戦を主体にレースに出走、2006年シルクロードステークスで1年ぶりの勝利を重賞で飾る。

2007年オープン特別を制した後は掲示板の確保が精一杯の内容が続き、GI級競走にも度々出走するが敗戦を重ねる。2008年も未勝利に終わり、陣営は障害転向を検討。2009年2月に障害試験が行われたが飛越を拒否し騎手を落馬させたため不合格となっている。2009年は10戦したが、未勝利だった。

気性の荒さを改善するべく、2009年のスワンステークスの後休養に入った際に去勢手術を試みたが、睾丸の片方が腹腔に入り込んで出てこない状態になっており、結局片方を残したままとなった(いわゆる「片キン」状態)。生殖能力には問題がないため、表記は「騸馬」にはならず「牡馬」のままである[1]

休養を終えて2010年6月13日CBC賞で復帰したが、いいところなく11着に終わった。続くプロキオンステークスでは中団追走も直線で伸びあぐねて8着に敗れた。NST賞では中団から脚を伸ばしてくるも4着、クラスターカップでも同様の競馬で5着に敗れた。室町ステークスでは12着、オーロカップでは18着、太秦ステークスでは12着と惨敗続きだった。

2011年はジャニュアリーステークスから始動、後方から脚を伸ばしてくるも7着。続く根岸ステークスでは10着に終わった。栗東ステークスは好位追走も直線で一杯になり12着と大敗した。5月20日付で競走馬登録を抹消、滋賀県甲賀市の甲賀ファームで乗馬となる。

競走成績[編集]


年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2003 11. 15 京都 新馬 8 3 3 4.8 (2人) 1着 安藤勝己 54 芝1400m(良) 1:23.4 (34.9) -0.5 (トラストスター)
12. 6 阪神 千両賞 10 5 5 2.1 (1人) 1着 安藤勝己 55 芝1400m(良) 1:21.8 (34.9) -0.3 (リガードシチー)
2004 1. 12 京都 シンザン記念 GIII 12 7 10 2.2 (2人) 2着 安藤勝己 56 芝1600m(良) 1:35.7 (35.0) 0.3 グレイトジャーニー
2. 15 京都 きさらぎ賞 GIII 14 3 3 4.9 (2人) 10着 安藤勝己 57 芝1800m(良) 1:49.9 (37.1) 1.9 マイネルブルック
3. 21 中山 スプリングS GII 16 5 10 64.0 (9人) 8着 内田博幸 56 芝1800m(稍) 1:49.6 (36.8) 1.3 ブラックタイド
4. 18 中山 ベンジャミンS OP 10 7 8 6.2 (4人) 9着 安藤勝己 56 芝1800m(良) 1:48.7 (35.5) 1.4 カンパニー
7. 24 函館 青函S OP 14 8 13 17.2 (6人) 1着 和田竜二 50 芝1200m(良) 1:09.7 (35.1) -0.1 (コスモラブシック)
8. 14 札幌 札幌日刊S杯 OP 15 2 2 5.6 (3人) 4着 和田竜二 53 芝1200m(良) 1:09.1 (34.8) 0.1 プレシャスカフェ
10. 3 中山 スプリンターズS GI 16 4 8 54.2 (14人) 8着 和田竜二 55 芝1200m(不) 1:11.2 (37.1) 1.3 カルストンライトオ
10. 30 京都 スワンS GII 18 1 1 21.7 (10人) 1着 本田優 55 芝1400m(良) 1:21.9 (35.1) 0.0 (マイネルソロモン)
12. 19 中京 CBC賞 GII 16 6 11 15.9 (8人) 9着 本田優 57 芝1200m(良) 1:08.6 (34.0) 0.4 プレシャスカフェ
2005 3. 27 中京 高松宮記念 GI 18 3 6 49.2 (8人) 7着 本田優 57 芝1200m(良) 1:09.0 (34.8) 0.6 アドマイヤマックス
4. 16 阪神 マイラーズC GII 16 7 13 39.7 (8人) 11着 本田優 58 芝1600m(良) 1:34.6 (34.6) 1.1 ローエングリン
5. 15 東京 京王杯SC GII 18 4 7 42.7 (12人) 11着 本田優 58 芝1400m(良) 1:21.7 (35.4) 1.4 アサクサデンエン
9. 11 阪神 セントウルS GIII 11 8 11 30.8 (6人) 7着 渡辺薫彦 58 芝1200m(良) 1:09.0 (33.7) 0.7 ゴールデンキャスト
10. 2 中山 スプリンターズS GI 16 8 15 147.4 (14人) 6着 和田竜二 57 芝1200m(良) 1:07.9 (33.7) 0.6 サイレントウィットネス
10. 29 京都 スワンS GII 18 1 2 8.1 (4人) 11着 和田竜二 58 芝1400m(重) 1:22.4 (36.1) 0.9 コスモサンビーム
11. 27 京都 アンドロメダS OP 18 1 1 20.5 (9人) 2着 渡辺薫彦 56 芝1200m(良) 1:08.7 (33.4) 0.2 マルカキセキ
2006 1. 14 京都 淀短距離S OP 15 8 14 17.3 (6人) 9着 渡辺薫彦 57 芝1200m(不) 1:11.4 (36.0) 1.5 ギャラントアロー
2. 5 京都 シルクロードS GIII 16 6 11 9.0 (4人) 1着 渡辺薫彦 56 芝1200m(良) 1:08.9 (34.1) 0.0 (マイネルアルビオン)
2. 26 阪神 阪急杯 GIII 15 6 11 20.2 (7人) 9着 渡辺薫彦 57 芝1400m(不) 1:23.3 (36.1) 0.8 ブルーショットガン
3. 26 中京 高松宮記念 GI 18 8 16 20.8 (8人) 9着 渡辺薫彦 57 芝1200m(良) 1:08.6 (33.7) 0.6 オレハマッテルゼ
8. 13 小倉 北九州記念 GIII 14 7 12 20.4 (9人) 4着 渡辺薫彦 57 芝1200m(良) 1:08.3 (34.3) 0.3 コスモフォーチュン
10. 1 中山 スプリンターズS GI 16 6 11 49.3 (13人) 15着 渡辺薫彦 57 芝1200m(良) 1:09.4 (35.3) 1.3 テイクオーバーターゲット
10. 28 京都 スワンS GII 18 8 17 21.4 (12人) 6着 渡辺薫彦 57 芝1400m(良) 1:20.7 (34.2) 0.4 プリサイスマシーン
11. 25 京都 京阪杯 GIII 16 7 14 5.3 (2人) 3着 渡辺薫彦 56 芝1200m(良) 1:08.8 (34.0) 0.5 アンバージャック
12. 17 阪神 阪神C GII 17 7 15 42.2 (9人) 10着 渡辺薫彦 57 芝1400m(良) 1:21.3 (35.3) 0.7 フサイチリシャール
2007 1. 6 京都 京都金杯 GIII 16 7 13 139.1 (16人) 9着 和田竜二 56 芝1600m(稍) 1:34.6 (35.5) 0.7 マイネルスケルツィ
1. 13 京都 淀短距離S OP 15 6 12 6.1 (2人) 1着 渡辺薫彦 57 芝1200m(良) 1:09.2 (34.1) 0.0 (エイシンツルギザン)
2. 4 京都 シルクロードS GIII 16 2 4 7.2 (3人) 2着 渡辺薫彦 57 芝1200m(良) 1:08.0 (33.7) 0.2 エムオーウイナー
3. 3 中山 オーシャンS JpnIII 16 5 9 11.6 (5人) 8着 渡辺薫彦 57 芝1200m(良) 1:09.0 (34.7) 0.8 アイルラヴァゲイン
3. 25 中京 高松宮記念 GI 18 7 13 85.5 (12人) 10着 渡辺薫彦 57 芝1200m(重) 1:09.6 (34.9) 0.7 スズカフェニックス
7. 1 函館 函館スプリントS JpnIII 16 1 1 25.5 (9人) 5着 渡辺薫彦 57 芝1200m(良) 1:09.2 (34.6) 0.3 アグネスラズベリ
9. 30 中山 スプリンターズS GI 16 3 5 113.9 (16人) 5着 石橋脩 57 芝1200m(不) 1:09.8 (35.7) 0.4 アストンマーチャン
10. 27 京都 スワンS GII 18 3 5 38.0 (12人) 10着 石橋脩 57 芝1400m(稍) 1:21.8 (34.7) 1.1 スーパーホーネット
11. 23 京都 京阪杯 GIII 18 4 7 24.4 (8人) 7着 渡辺薫彦 57 芝1200m(良) 1:08.2 (33.8) 0.3 サンアディユ
2008 1. 5 京都 京都金杯 GIII 16 4 7 84.5 (12人) 8着 渡辺薫彦 56 芝1600m(良) 1:34.3 (34.4) 0.7 エイシンデピュティ
3. 8 中山 オーシャンS JpnIII 16 6 11 63.8 (13人) 9着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:09.2 (34.2) 0.3 プレミアムボックス
3. 30 中京 高松宮記念 GI 18 8 18 165.2 (18人) 17着 渡辺薫彦 57 芝1200m(良) 1:08.4 (33.9) 1.3 ファイングレイン
5. 17 東京 京王杯SC GII 17 8 17 234.7 (16人) 6着 吉田隼人 57 芝1400m(良) 1:21.4 (33.6) 0.6 スーパーホーネット
7. 6 函館 函館スプリントS JpnIII 16 8 16 59.1 (14人) 8着 古川吉洋 57 芝1200m(良) 1:09.1 (35.2) 0.7 キンシャサノキセキ
7. 20 新潟 アイビスサマーD JpnIII 18 5 10 52.2 (15人) 10着 吉田豊 57 芝1000m(良) 0:54.6 (32.1) 0.4 カノヤザクラ
10. 5 中山 スプリンターズS GI 16 8 16 182.2 (16人) 16着 石橋脩 57 芝1200m(良) 1:09.2 (34.5) 1.2 スリープレスナイト
11. 1 京都 スワンS GII 16 3 6 96.9 (12人) 12着 渡辺薫彦 57 芝1400m(良) 1:20.7 (33.9) 0.8 マイネルレーニア
11. 8 京都 京洛S OP 18 4 8 15.6 (7人) 7着 ルメール 55 芝1200m(稍) 1:08.2 (33.5) 0.4 スプリングソング
11. 29 京都 京阪杯 GIII 18 4 7 67.7 (11人) 8着 和田竜二 57 芝1200m(良) 1:08.8 (33.5) 0.7 ウエスタンダンサー
2009 2. 8 京都 シルクロードS GIII 16 7 14 55.8 (15人) 11着 熊沢重文 57 芝1200m(良) 1:09.3 (35.1) 0.8 アーバンストリート
3. 1 阪神 阪急杯 GIII 16 6 12 204.5 (16人) 10着 熊沢重文 57 芝1400m(良) 1:22.5 (35.4) 1.4 ビービーガルダン
3. 7 中山 オーシャンS GIII 16 3 5 150.2 (16人) 14着 石橋脩 57 芝1200m(稍) 1:09.8 (35.3) 0.6 アーバニティ
5. 16 東京 京王杯SC GII 18 7 15 248.8 (18人) 4着 武士沢友治 57 芝1400m(良) 1:20.8 (34.2) 0.2 スズカコーズウェイ
7. 12 阪神 プロキオンS GIII 16 5 10 38.6 (9人) 5着 熊沢重文 57 ダ1400m(良) 1:23.6 (36.7) 0.9 ランザローテ
8. 14 盛岡 クラスターC JpnIII 12 4 6 14.2 (4人) 4着 熊沢重文 58 ダ1200m(良) 1:10.5(-) 0.5 バンブーエール
9. 5 新潟 BSN賞 OP 14 3 4 40.0 (8人) 5着 武士沢友治 59 ダ1200m(良) 1:11.4 (36.0) 0.6 クィーンオブキネマ
9. 21 阪神 エニフS OP 16 8 15 40.4 (11人) 4着 幸英明 59 ダ1400m(良) 1:24.3 (37.1) 0.4 グロリアスノア
10. 24 京都 室町S OP 16 8 16 11.7 (6人) 15着 熊沢重文 56 ダ1200m(良) 1:11.8 (36.8) 1.5 ダイワディライト
10. 31 京都 スワンS GII 18 4 7 85.9 (17人) 14着 赤木高太郎 57 芝1400m(良) 1:20.9 (33.6) 0.6 キンシャサノキセキ
2010 6. 13 京都 CBC賞 GIII 18 6 11 135.3 (18人) 11着 渡辺薫彦 55 芝1200m(稍) 1:10.3 (34.9) 1.4 ヘッドライナー
7. 11 阪神 プロキオンS GIII 16 2 3 260.5 (14人) 8着 渡辺薫彦 57 ダ1400m(稍) 1:23.3 (36.3) 1.5 ケイアイガーベラ
8. 1 新潟 NST賞 OP 9 1 1 29.6 (9人) 4着 渡辺薫彦 55 ダ1200m(良) 1:10.8 (35.5) 0.6 アウトクラトール
8. 16 盛岡 クラスターC JpnIII 11 3 3 42.3 (4人) 5着 渡辺薫彦 58 ダ1200m(稍) 1:10.1 (35.1) 1.2 サマーウインド
10. 23 京都 室町S OP 16 2 4 85.0 (12人) 12着 熊沢重文 55 ダ1200m(良) 1:11.7 (36.1) 1.3 マハーバリプラム
11. 13 東京 オーロC OP 18 7 15 189.6 (17人) 18着 渡辺薫彦 54 芝1400m(良) 1:22.2 (35.2) 1.2 リビアーモ
11. 28 京都 太秦S OP 15 8 15 247.9 (15人) 12着 渡辺薫彦 59 ダ1400m(良) 1:12.5 (36.2) 2.1 エノク
2011 1. 9 中山 ジャニュアリーS OP 16 1 1 140.8 (15人) 7着 武士沢友治 54 ダ1200m(良) 1:10.6 (36.0) 0.8 ティアップワイルド
1. 30 東京 根岸S GIII 16 7 13 466.8 (16人) 10着 武士沢友治 57 ダ1400m(良) 1:24.9 (36.3) 1.9 セイクリムズン
5. 15 京都 栗東S OP 16 5 10 210.5 (14人) 12着 赤木高太郎 53 ダ1400m(良) 1:23.8 (36.4) 1.1 トーホウドルチェ

血統表[編集]

タマモホットプレイ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

フジキセキ
1992 青鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ミルレーサー
Millracer
1983 鹿毛
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millicent

ホットプレイ
1992 栗毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
ダイナホット
1982 栗毛
*ディクタス Sanctus
Doronic
*ロイヤルサッシュ Princely Gift
Sash of Honour
母系(F-No.) 1号族(FN:1-t) [§ 3]
5代内の近親交配 Lady Angela5x4=9.38%〈母内〉、Almahmoud5x5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ タマモホットプレイ 5代血統表2017年9月18日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com タマモホットプレイ 5代血統表2017年9月18日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ タマモホットプレイ 5代血統表2017年9月18日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ タマモホットプレイ 5代血統表2017年9月18日閲覧。

脚注[編集]

[ヘルプ]