タマンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
タマンタ
全国
ネオラント - タマンタ(#458) - ユキカブリ
シンオウ
ミロカロス - タマンタ(#140) - マンタイン
基礎データ
英語名 Mantyke
進化体系 ベイビィポケモン
進化前 なし
進化後 マンタイン
世代 第4世代
ポケモン学
分類 カイトポケモン
タイプ みず / ひこう
高さ 1.0m
重さ 65.0kg
特性 すいすい / ちょすい
かくれ特性 みずのベール
テンプレートを表示

タマンタは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴 [編集]

マンタインの進化前。小型のエイのような姿をしている。背中には顔のような模様があり、この模様は生息する地域によって異なることが判明している。頭部の2本の触角は海水の微妙な動きを察知するために用いられる。人懐っこい性格を持つ。

ゲームでのタマンタ [編集]

ダイヤモンド・パール』より登場。223番水道などの水上に出現するほか、マンタインにアイテム「さざなみのおこう」を持たせ、育て屋に預けることでタマゴを発見できる。

「とくぼう」が極端に高いが、その他の能力はやや低く、「こうげき」は特に低い。しかしわざマシンで「じしん」を覚える。手持ちポケモンにテッポウオがいる状態でレベルアップすることでマンタインに進化する。

アニメでのタマンタ [編集]

ダイヤモンド&パール』(以下DP)のオープニングに登場。

劇中での初登場はDP第91話「最後の大勝負!ポケモントライアスロン!!」で、サトシがポケモントライアスロンで池を渡るときにスクールから借りて使用した。第112話「ピカチュウ・ポッチャマ漂流記!」にも登場。ヘイガニとともに傷ついたデオキシスの繭を無人島の周りにある不思議な岩(隕石)を砕いて積んでその上に乗せていた。

映画でのタマンタ [編集]

2006年公開の映画『ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』で、ゲームに先行して登場している。

ポケモンカードでのタマンタ [編集]

ポケモンカードゲームDP拡張パック「時空の創造 ダイヤモンドコレクション」「時空の創造 パールコレクション」に収録されている。水タイプのたねポケモン。ポケパワー「ベイビィしんか」の効果でマンタインに進化できる。ほか、映画『ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』公開に合わせて発売されたVSパック、および明治製菓「ポケモンチョコスナック」のおまけには「アクーシャのタマンタ」として収録されている。

関連項目 [編集]