タラマンカ山脈=ラ・アミスター保護区群とラ・アミスター国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
世界遺産 タラマンカ山脈=ラ・アミスター保護区群とラ・アミスター国立公園
コスタリカパナマ
タラマンカ山脈の滝
タラマンカ山脈の滝
英名 Talamanca Range-La Amistad Reserves / La Amistad National Park
仏名 Réserves de la cordillère de Talamanca-La Amistad / Parc national La Amistad
面積 567845 ha
登録区分 自然遺産
IUCN分類 Ia, II, IV, VI など
登録基準 (7), (8), (9), (10)
登録年 1983年
拡張年 1990年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法・表示

タラマンカ山脈=ラ・アミスター保護区群とラ・アミスター国立公園(タラマンカさんみゃく ラ・アミスターほごくぐんとラ・アミスターこくりつこうえん)は、コスタリカパナマにまたがる世界遺産である。1983年にコスタリカの世界遺産として、7つの国立公園自然保護区がまとめて「タラマンカ山脈=ラ・アミスター保護区群」として登録された後、1990年にパナマのラ・アミスター国立公園が加えられた。ラ・アミスター国立公園は、1988年にパナマとコスタリカが共同管理する国際平和公園であるラ・アミスター国際公園の一部になっている。

この一帯は世界遺産になるよりも早い1982年に生物圏保護区に指定されている。そのときにパナマ、コスタリカをまたぐ指定を受けていたことが、後の世界遺産の登録拡大にも関係した。

一帯の動物相や植物相の特色についてはタラマンカ山脈を参照のこと。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

登録対象[編集]

緑はコスタリカ側、青はパナマ側である。

名称 英語名(UNEPによる) IUCN分類 面積
イトイ・セレレ生物圏保護区 Hitoy Cerere Biological Reserve Ia(厳正自然保護地域) 9,154ha
ラ・アミスター(タラマンカ)国立公園 La Amistad (Talamanca) National Park II(国立公園) 193,929ha
チリポ国立公園 Chirripo National Park II(国立公園) 50,150ha
バルビジャ国立公園 Barbilla National Park 未分類(Unassigned) 12,830ha
タパンティ国立公園 Tapanti National Park IV(種と生息地管理地域) 6,080ha
リオ・マンチョ森林保護区 Rio Macho Forest Reserve VI(資源保護地域) 69,640ha
ラス・タブラス保護地域 Las Tablas Protected Area VI(資源保護地域) 19,062ha
ラ・アミスター国立公園 La Amistad National Park 不明[1] 207,000ha

脚注[編集]

  1. ^ UNEPのサイトの該当ページがリンク切れのため。

関連項目[編集]