タラ・エア193便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タラ・エア193便墜落事故
9N-ABM TARA AIR DHC 6 TWIN OTTER AT POKHARA RECENTLY ARRIVED FROM JOMSON AIRPORT NEPAL FEB 2013 (8569369692).jpg
墜落事故の概要
日付 2016年2月24日
概要 原因調査中
現場 ネパールの旗 ネパールダウラギリ県ミャグディ郡ダナ
乗客数 20
乗員数 3
死者数 23
機種 バイキング・エア DHC-6-400
運用者 タラ・エア
機体記号 9N-AHH
出発地 ネパールの旗 ポカラ空港
目的地 ネパールの旗 ジョムソン空港
テンプレートを表示

タラ・エア193便墜落事故(タラ・エア193びんついらくじこ)とは、2016年2月24日ポカラ空港からジョムソン空港へ向かっていたネパールの航空会社タラ・エアの193便が墜落し、乗員乗客23人が死亡した事故である[1]

事故機[編集]

事故機は、2015年にバイキング・エアが製造したDHC-6-400、シリアルナンバー926の機体である。10月にタラ・エアが取得し、9N-AHHとして登録された[2][3]。事故当時の累計飛行時間は300時間であった[4]

飛行[編集]

193便は、ポカラ空港からジョムソン空港へ向かう、飛行時間20分の便であった[5]。午前7時50分に離陸し、ジョムソン空港への航路を取った[6]。離陸から8分後に193便との交信が途絶した[7]

捜索[編集]

乗員乗客21人(後に23人と判明)が搭乗する193便が行方不明と判断され、3機のヘリコプターにより捜索が開始された[6][5][7]。タラ・エアによると、出発地・到着地共に天候は良好であり、離陸時の視程は5 キロメートル (2.7 nmi)であった[6][5]。墜落から2時間以上経過した後に捜索のためにヘリコプターが193便の航路を辿ったが、悪天候のために捜索は困難であった[7]。当時のネパール陸軍の発表では、霧が出たために捜索に障害が生じていた[5][7]イェティ航空英語版によると、悪天候のためヘ3機のリコプターはポカラとガサで待機していた[6]

これとは別にジョムソンの警察には、地元住民から爆発音を聞いたとの報告が寄せられており、接近を試みていた[7]。5時間後にミャグディ郡ダナから徒歩4時間の山中で墜落地点が確認された[4]。発見当時、機体の残骸は炎上し、遺体も燃えていた[4]

警察、軍が現地に到着し、遺体の回収を行った。25日までに19人の遺体を回収している[8]

犠牲者[編集]

乗客20人(子供2人)、乗員3人が搭乗していた[4][9]

内訳[5]
国籍 乗客 乗員 合計
ネパール 18 3 21
香港 1 0 1
クウェート 1 0 1
合計 20 3 23

調査[編集]

アナンダ・ポカレル観光大臣の下に民間航空局前局長を長とする、5人の調査パネルが設立された[8]。当局者は、飛行機が粉じん雲に飛び込んで、衝突直前の10,000 フィート (3,000 m)から13,000 フィート (4,000 m)以上に上昇したと述べ、粉じんがギアを詰まらせ、エンジンの故障につながった可能性があると語った[8]

影響[編集]

犠牲者数では、発生時点でネパール史上6番目の規模であった[10]

国際民間航空機関欧州委員会による、重大な安全性への懸念(Significant Safety Concern)が示された安全性評価の見直しを7月に控えていたネパールにとって、この事故は障害となることが予想されている[11]

出典[編集]

  1. ^ COMMISSION FOR THE AIRCRAFT ACCIDENT INVESTIGATION (31/07/2016). “FINAL REPORT OF 9N-AHH TWIN OTTER (VIKING DHC6-400) AIRCRAFT ACCIDENT OPERATED BY TARA AIR PVT LTD AT SOLIGHOPTE, DANA VDC MYAGDI DISTRICT,NEPAL ON 24 FEBRUARY 2016 (PDF)” (英語). http://www.tourism.gov.np. Government Of Nepal; Ministry Of Culture, Tourism and Civil Aviation. 2019年2月閲覧。
  2. ^ 2016-02-24 Tara Air Twin Otter crashed in Myagdi District, Nepal”. Jet Airliner Crash Data Evaluation Centre. 2016年2月24日閲覧。
  3. ^ アビエーション・セーフティー・ネットワーク. “ASN Aircraft accident Viking Air DHC-6 Twin Otter 400 9N-AHH Dana, Myagdi district”. Flight Safety Foundation. 2016年2月24日閲覧。
  4. ^ a b c d 23 confirmed dead in Myagdi plane crash”. ヒマラヤンタイムス (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  5. ^ a b c d e Nepal small passenger plane wreckage found”. BBC News (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  6. ^ a b c d Missing Tara Air plane with 23 onboard could have crashed in Myagdi's Rupse”. ザ・カトマンズ・ポスト (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  7. ^ a b c d e Plane crash feared in Nepal as flight carrying 21 goes missing in mountains”. ザ・ガーディアン (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  8. ^ a b c Dust cloud over Myagdi suspected to have caused engine failure”. ヒマラヤンタイムス (2016年2月25日). 2016年2月29日閲覧。
  9. ^ ネパール旅客機墜落、23人全員死亡”. AFP通信 (2016年2月25日). 2016年2月29日閲覧。
  10. ^ 53 occurrences in the ASN safety database, showing occurrence 1 - 53”. アビエーション・セーフティー・ネットワーク. 2016年2月29日閲覧。
  11. ^ SANGAM PRASAIN (2016年2月26日). “Plane crash shines light on safety issues again”. ザ・カトマンズ・ポスト. 2016年2月29日閲覧。