タリエル・ニコラシビリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タリエル・ニコラシヴィリ(Tariel Nikoleishvili、男性1991年4月6日 - )は、ロシア空手家。身長173cm、体重92kg(現役時)。段位は参段。

来歴[編集]

2007年 国際親善青少年大会16歳17歳+75kg級決勝で小林大起と対戦し、再延長0-2と追い詰められるも、体重判定で勝利し、日本で初優勝する。

2009年 第4回全世界ウェイト制軽重量級に出場し、エドアールド・タナカに破れベスト8。

2010年 タリエルにとって飛躍の一年となる。第27回全日本ウェイト制軽重量級で優勝し、同年秋の第42回全日本空手道選手権大会において、外国人初の優勝を果たした。

2011年 第10回全世界空手道選手権大会で竹岡拓哉、アレクセイ・メドヴェテフ、荒田昇毅、ザハリ・ダミヤノフ、ゴテルジ・カパナーゼ、エヴェルトン・テイシェイラらを世界の強豪を相手に勝利し、20歳で優勝。

2014年 大山倍達総裁の命日にあたる4月26日に百人組手を行い、史上9人目の完遂者となった[1]

戦績(松井派主催)[編集]

  • 2007年 国際親善青少年大会16歳17歳+75kg級優勝
  • 2008年 全欧州選手権大会軽重量級優勝、全ロシア大会準優勝
  • 2009年 第4回全世界ウェイト制大会軽重量級ベスト8、全ロシア大会重量級第3位
  • 2010年 第27回全日本ウェイト制軽重量級優勝、第42回全日本空手道選手権大会優勝、全ロシア大会重量級優勝
  • 2011年 アルメニア大会優勝、交流大会優勝、第10回全世界空手道選手権大会優勝

脚注[編集]

関連項目[編集]