タリンチャン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
タリンチャン駅
Taling Chan Railway Station.jpg
ชุมทางตลิ่งชัน
Taling Chan Junction
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
バンコク都タリンチャン区
駅番号 4004
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 二等駅
電報略号 ตช.
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1903年6月19日
乗入路線
所属路線 南本線
キロ程 6.08km(旧トンブリー駅起点)
バーンラマート (2.56km)
(1.79km) バーンチムピー
所属路線 南本線(北線連絡線)
キロ程 22.13km(バンコク駅起点)
バーンバムル (4.19km)
テンプレートを表示

タリンチャン駅(タリンチャンえき、タイ語สถานีรถไฟชุมทางตลิ่งชัน)は、タイ王国の首都バンコク都タリンチャン区にある、タイ国有鉄道南本線である。

概要[編集]

1903年6月19日、当駅付近を含むタイ国鉄南本線第1期区間トンブリー - ペッブリー間が開通。1927年1月1日には、南本線と他線区の接続のため、当駅で分岐して北本線バーンスー駅へ至る連絡線が開通し、以来分岐駅として機能している[1]

連絡線の開通後、南本線の列車は、旅客列車については北本線フワランポーン駅、貨物列車についてはバーンスー操車場に発着する連絡線経由の列車が主体となり、トンブリー駅発着列車は一部のローカル列車のみとなっている。

2000年代バンコクの都市鉄道整備計画では、タイ国鉄南本線及び東線沿いにバンコク近郊の東西を結ぶ路線を「ライトレッドライン(淡赤線)」として整備することとしており、2010年時点では第1期区間の当駅 - バーンスー駅間が着工済みで、2014年の開通を予定している[2]。2014年頃本駅近辺の整備は完了したが、バーンスー駅の工事が未完了のため本施設は活用されていない。

歴史[編集]

  • 1903年6月19日 【開業】旧トンブリー駅 - ペッチャブリー駅 (150.49km)
  • 1927年1月1日 【開業】バーンスー駅 - タリンチャン駅 (14.66km)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』p.29、p.79 - 80
  2. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』p.324、p.346 - 347

参考文献[編集]

  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]