タリーと私の秘密の時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タリーと私の秘密の時間
Tully
Tully movie logo.png
監督 ジェイソン・ライトマン
脚本 ディアブロ・コーディ
製作
製作総指揮
  • ジェイソン・ブルメンフェルド
  • ジェイソン・クロース
  • デビッド・ジェンドロン
  • アリ・ジャザイェリ
  • ロン・マクレオド
  • アンドリュー・ポラック
  • ポール・テニスン
  • スタン・トーマス
  • デイル・ウェルズ
出演者
音楽 ロブ・サイモンセン英語版
撮影 エリック・スティールバーグ英語版
編集 ステファン・グルーブ
製作会社
  • バロン・スタジオズ英語版
  • ライト・オブ・ウェイ・フィルムズ
  • デンバー・アンド・デリラ・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 キノフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年1月23日 (サンダンス英語版)
アメリカ合衆国の旗 2018年5月4日
日本の旗 2018年8月17日
上映時間 95分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

タリーと私の秘密の時間』(タリーとわたしのひみつのじかん、Tully)は、2018年アメリカ合衆国コメディ・ドラマ映画。監督はジェイソン・ライトマン、脚本はディアブロ・コーディ、出演はシャーリーズ・セロンマッケンジー・デイヴィスマーク・デュプラスロン・リビングストンなど。3人の子の母親とそのベビーシッターの友情が描かれる。サンダンス映画祭英語版でプレミア上映された後[2]、2018年5月4日より米国でフォーカス・フィーチャーズ配給により封切られる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2016年9月22日、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーで撮影が始まった[3]

セロンは役作りのために3ヶ月半のあいだに体重を約50ポンド増量し、それを維持するために24時間食べ続けたと語った。撮影後、体重を減らすのに1年半を要した[4]

ライトマン監督は『JUNO/ジュノ』(2007年)及び『ヤング≒アダルト』(2011年)と本作の間に関連性を見出しており、「それぞれの映画の主人公は、人生においての時間軸を把握できていないんだ。『JUNO/ジュノ』では早く大人になりすぎた少女を描いていて、『ヤング≒アダルト』は大人になるのが遅すぎた女性を描き、今作では親になったことで強制的に成長しなければならない女性を描いているんだよ」と語っている[5]

公開[編集]

2017年5月、フォーカス・フィーチャーズが配給権を獲得し、公開日を2018年4月20日に設定したが[6]、2018年3月に同年5月4日公開に変更された[7]

評価[編集]

興行収入[編集]

本作は『悪夢の逃避行』や『オーバーボード』と同じ週に封切られ、公開初週末に300万ドルから400万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[8]、その予想は的中した。2018年5月4日、本作は全米1353館で公開され、公開初週末に328万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場6位となった[9]。これは『とらわれて夏』のオープニング興収(517万ドル[10])を下回るものであった[11]

批評家の反応[編集]

レビュー・アグリゲーター英語版Rotten Tomatoesでの支持率は15件のレビューで93%、平均点は8.1/10となっている[12]Metacriticでは6件のレビューに基づいて加重平均値が76/100と示されている[13]

出典[編集]

  1. ^ タリーと私の秘密の時間”. 2018年5月21日閲覧。
  2. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年1月21日). “Charlize Theron, Jason Reitman & Diablo Cody Reteam ‘Tully’ Is Sundance Secret Screening” (英語). Deadline Hollywood (Penske Business Media). http://deadline.com/2018/01/charlize-theron-tully-sundance-film-festival-secret-screening-jason-reitman-diablo-cody-1202262965/ 2018年1月26日閲覧。 
  3. ^ “Tully Movie with Charlize Theron Starts Filming in Vancouver”. What's Filming. (2016年9月22日). http://www.whatsfilming.ca/2016/09/22/tully-movie-charlize-theron-starts-filming-vancouver/ 2016年9月27日閲覧。 
  4. ^ “Charlize Theron Reveals 'Very Long Journey' to Lose 50 Pounds Packed on for 'Tully'”. Entertainment Tonight. (2018年4月17日). http://www.etonline.com/charlize-theron-reveals-very-long-journey-to-lose-50-pounds-packed-on-for-tully-exclusive-100564 2018年4月18日閲覧。 
  5. ^ 16キロ増量にウツまで…シャーリーズ・セロンの徹底した役づくりを監督が明かす”. 2018年5月4日閲覧。
  6. ^ Hipes, Patrick (2017年5月4日). “Focus Features Acquires Reitman-Theron-Cody Reteam ‘Tully’ For April 2018 Bow”. Deadline Hollywood. Penske Business Media. 2017年5月4日閲覧。
  7. ^ Charlize Theron Comedy ‘Tully’ Moves To First Weekend Of May”. Deadline Hollywood. Penske Business Media (2018年3月15日). 2018年4月8日閲覧。
  8. ^ ‘Avengers: Infinity War’ Ties ‘Force Awakens’ As Fastest Title To $300M, Will Make Another $100M+ This Weekend”. 2018年5月13日閲覧。
  9. ^ May 4-6, 2018”. 2018年5月13日閲覧。
  10. ^ January 31-February 2, 2014”. 2018年5月13日閲覧。
  11. ^ ‘Infinity War’ Is Second-Fastest Pic To $400M With Second-Best 2nd Weekend Ever, Now Back At $115M+ – Monday”. 2018年5月13日閲覧。
  12. ^ Tully (2018)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2018年4月20日閲覧。
  13. ^ Tully Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2018年2月8日閲覧。