タルホコムギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
タルホコムギ
Aegilops tauschii ARS-1.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉植物 Monocots
: イネ目 Poales
階級なし : ツユクサ類 Commelinids
: イネ科 Poaceae
: エギロプス属 Aegilops L.
: タルホコムギ Ae. tauschii
学名
Aegilops tauschii Coss.
シノニム

Aegilops squarrosa auct., non L.
Patropyrum tauschii (Coss.) Á.Löve
Triticum tauschii (Coss.) Schmalh.

和名
タルホコムギ
英名
Tausch's goatgrass
亜種
  • Aegilops tauschii ssp. tauschii
  • Aegilops tauschii ssp. strangulata
  • Aegilops tauschii ssp. tauschii

タルホコムギ(樽穂小麦、学名: Aegilops tauschii)は、イネ科エギロプス属の一年生植物の一種である。中東原産の2倍体 (2n = 2x = 14) 植物であり、6倍体パンコムギ (Triticum aestivum) のDゲノムのドナーとしてコムギの遺伝学において重要である[1]

小穂が樽のような形状をしていることからこの名が付けられた。背丈は30〜40センチメートル、の除いた花序の長さは5〜7センチメートルで、9〜11個の小穂が付いている。

種小名のtauschiiは、植物学者イグナツ・フリードリッヒ・タウシュ(1785年 - 1849年)に因む。

脚注[編集]

  1. ^ 横浜市立大学 木原生物学研究所. “研究内容”. 2012年4月26日閲覧。

関連項目[編集]