タレ瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タレ瓶(たれびん)は、駅弁などの弁当の中に同梱される、醤油ソースなどが入った小さな容器タレビン[1]たれびんたれ瓶などとも表記される。

容器の素材は、従来はガラス陶器などのみだったという。そんな中、大阪の旭創業が1957年昭和32年)[2]からポリエチレン製のものを開発製造し、「ランチャーム」という商品名で販売を始めた[3]

焼豚のタレや酢の物のかけ酢の場合には、容器がの形状をしているものもある[1]

などのをモチーフにした形状のものに限って「醤油鯛」と呼ぶ動きもある[4]。なお、この魚型のものを含め、薬物依存症の人が中に覚せい剤の水溶液を入れて用いる際には「きんぎょ」という隠語が用いられることがある[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]