タンゴ・アルゼンチーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タンゴ・アルゼンチーノ』は宝塚歌劇団ミュージカル作品。花組公演[1][2][3]。形式名は宝塚・東京は「住友VISAシアター ミュージカル・アラベスク[1][2]」、中日劇場公演は「ミュージカル・アラベスク[3]」。宝塚・東京における本公演と中日劇場公演は17場[1][2][3]

脚本・演出は小池修一郎[4][2]。併演作品は宝塚・東京における本公演が『ザ・レビュー'99[5][2]』、中日劇場公演が『ザ・レビューIV[6]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[7]参考。

20世紀初頭のパリアルゼンチンからの画学生・フリオは、カール男爵の妻・マルグリットと運命的に出会う。彼の絵に惹かれたマルグリットはフリオの絵のモデルになり、二人の間に許されぬ恋が起こる。スペインの作家ビセンテ・ブラスコ・イバニェスの「黙示録の騎士」(Los cuatro jinetes del Apocalipsis)をベースに、輸入されたタンゴが巻き起こす恋のアラベスクを描くミュージカル。第一次世界大戦前に流行したタンゴを背景に、愛の葛藤のドラマを繰り広げた。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ(宝塚・東京)[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通。

特別出演(宝塚・東京における本公演と中日劇場公演)[編集]

※氏名の後ろの()は1999年当時の所属組[5][3]

主な配役[編集]

宝塚・東京[編集]

※下記のデータは宝塚・東京共通

本公演

新人公演

中日劇場[編集]

  • フリオ・デスノイエル - 愛華みれ[3]
  • マルグリット - 大鳥れい[3]
  • カール・フォン・ハートロー男爵 - 匠ひびき[9]
  • ミシア - 渚あき[6]
  • ピエール・ド・ボーモン伯爵 - 星原美沙緒[6]
  • ジャン - 伊織直加[6]
  • マイク - 水夏希[6]
  • ルネ - 彩乃かなみ[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 90年史 2004, p. 97.
  2. ^ a b c d e f g 90年史 2004, p. 100.
  3. ^ a b c d e f g 90年史 2004, p. 120.
  4. ^ 90年史 2004, pp. 97-98.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 90年史 2004, p. 98.
  6. ^ a b c d e f 90年史 2004, p. 121.
  7. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 179.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 98、100.
  9. ^ 90年史 2004, pp. 120-121.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子、執筆:國眼隆一 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6。
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。