タンジェリン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
タンジェリン
Tangerine
監督 ショーン・ベイカー
脚本 ショーン・ベイカー
クリス・バーゴッチ
製作総指揮 マーク・デュプラス
ジェイ・デュプラス
撮影 ショーン・ベイカー
ラディウム・チャン
編集 ショーン・ベイカー
配給 アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗 ミッドシップ
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年7月10日
日本の旗 2017年1月28日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語アルメニア語
製作費 $100,000
テンプレートを表示

タンジェリン』(原題:Tangerine)は、2015年アメリカ映画

ロサンゼルスの下町を舞台に偏見や奇異の目に晒されながらも力強く生きる性的マイノリティたちをコミカルにかつ優しく寄り添った視点で描いた作品。トランスジェンダーの売春婦役には自身もトランスジェンダーで演技経験のない2人の女優(キタナ・キキ・ロドリゲス英語版マイヤ・テイラー英語版) が起用された。

2015年のサンダンス映画祭で初めて公開され、数々の映画賞を受賞した。低予算映画のため撮影にはアナモレンズをつけた3台のiPhone5sが使用され、全編にその映像が使用された[1]

ストーリー[編集]

クリスマスイヴ、ハリウッドの寂れたドーナツショップでトランスジェンダー娼婦であるシンディ・レラ(キタナ・キキ・ロドリゲス)は同じくトランスジェンダーの娼婦であるアレクサンドラ(マイヤ・テイラー)から恋人のチェスター(ジェームズ・ランソン)が女性と浮気をしていることをふと明かされる。激昂したシンディはチェスターとその女性を探しまわる。歌手志望のアレクサンドラは今日の夜行われるカフェでのライブのフライヤーを配って回りながら、街で客を引っ掛ける。引っ掛けた男の車で行為に及ぼうとするが、男は金を支払わないと言い出し口論になる。アルメニアからの移民のタクシードライバー、ラズミック(カレン・カラグリアン)は街で娼婦を引っ掛けるが、彼女が女性と分かると彼女を車から追い出してしまう。その後アレクサンドラと合流したラズミックは、彼の車の中で彼女にフェラチオをする。行く先々でトラブルを巻き起こす3人は、それぞれの問題を抱えながらも互いに支えあって力強く生きていく。

キャスト[編集]

  • シンディ・レラ:キタナ・キキ・ロドリゲス英語版
  • アレクサンドラ:マイヤ・テイラー英語版
  • ラズミック:カレン・カラグリアン
  • チェスター:ジェームズ・ランソン
  • ダイナ:ミッキー・オヘイガン
  • アシュケン:アラ・トゥマニアン

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 須藤史奈子 (2015年7月12日). “【全編iPhoneで撮影された映画が凄すぎる】~トランスジェンダー2人が主人公 “Tangerine” ~”. Japan In-depth. 2016年6月26日閲覧。