ターイー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ターイー
アッバース朝カリフ
在位 974年 - 991年

全名 アル・ターイー
出生 932年
死去 1003年
継承 カーディル
王家 アッバース家
王朝 アッバース朝
父親 ムティー
母親 ハザール
宗教 スンナ派
テンプレートを表示

ターイー932年 - 1003年)は、アッバース朝の第24代カリフ(在位:974年 - 991年)である。

生涯[編集]

第23代カリフであるムティーと女奴隷ハザールとの間に生まれた。父親は946年に即位したがブワイフ朝のムイッズ・ウッダウラ)の完全な傀儡でイラク政権を継承した息子のイッズ・ウッダウラの時代となった974年に退位してムティーに地位を譲った。

43歳で即位したが、イッズ・ウッダウラに対してトルコ系傭兵隊長が反乱を起こし救援のためファールス政権のアズド・ウッダウラ英語版に、975年にバグダードに入り反乱を鎮圧した。アズド・ウッダウラは、野心からイッズ・ウッダウラと争い攻め滅ぼした。

ターイーは、最初にアズド・ウッダウラに会ったときは、くみし易しと見て高飛車に接したが二か月で完全に屈服させられた。アズド・ウッダウラは、農業生産の高いファールスと肥沃なイラクを統一し、ムイッズ・ウッダウラの死以来混乱していたイラクの統治を安定させてブワイフ朝の最盛期をもたらしたが統治のためにはアッバース朝のカリフの権威は必要だった。

980年に、ファーティマ朝の使節が訪れた時には、アズド・ウッダウラにうやうやしくターイーに仕える姿を見せたが、翌年にはアズド・ウッダウラが出征し戻ってきた時、カリフに出迎えさせた。983年にアズド・ウッダウラが死ぬと息子たちがそれぞれ入れ替わりイラクの統治を統治したが991年にブワイフ朝のバッハー・ウッダウラの怒りを買い(近臣の一人を投獄した)、宮殿から連れ去られた。本人不在のまま退位させられが新しい宮殿に迎えられ丁重に待遇され、わがままを言いながらも大往生をとげた。

参考文献[編集]

  • 『生活の世界歴史7 イスラムの蔭に』  河出文庫