ターゲットバードゴルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ターゲットバードゴルフ (target bird golf) は、ゴルフボールにバドミントンの羽をつけたボールをゴルフクラブで打ち、打数の少なさを競うスポーツである。ホールには上部がかさを逆さにした形の直径110cmの「アドバンテージホール」と、地面に約86cmの輪を置いた「セカンドホール」があり、セカンドホールにホールインした場合にはスコアはそれまでの打数に1加えた打数になる。1969年埼玉県の野嶋孝重によって考案。1988年には日本ターゲットバードゴルフ協会が設立された。主に老人のスポーツである。

参考文献[編集]

  • ニュースポーツ百科』清水良・紺野晃編、大修館書店、1995年 pp.180-185. ISBN 978-4469263183
  • 『改訂ニュースポーツ事典』北川勇人・(財)日本レクリエーション協会共編著、遊戯社、2000年 pp.532-544. ISBN 978-4896596243
  • 『ニュースポーツ用語事典』野々宮徹著、遊戯社、2000年 p.104. ISBN 978-4896596250

関連項目[編集]