ターザン山本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ターザンやまもと
ターザン山本
生誕 (1946-04-26) 1946年4月26日(72歳)

ターザン 山本(ターザン やまもと、1946年4月26日 - )は、日本の元プロレス編集者山口県岩国市生まれ。

本名は山本 隆司(やまもと たかし)[1]。身長178cm。愛称はターザン、ター山、落武者等。

略歴[編集]

山口県立岩国高等学校卒業、立命館大学文学部中国文学専攻中退ののち、映写技師を経て、1977年に新大阪新聞社に入社した。「週刊ファイト」のプロレス担当記者を務める。

1980年にベースボール・マガジン社へ移籍する。1987年、「週刊プロレス」の編集長に就任し、のちには「格闘技通信」の編集長も歴任、“活字プロレス”、“密航”などの流行語を生む。また、「週刊プロレス」の発行部数(公称40万部)を背景に、新興団体SWSに対するバッシング、四天王プロレスの評価、インディ団体FMWのプッシュ等を行い、プロレス界に大きな影響を与えた。なお、山本は後に、全日本プロレス代表・ジャイアント馬場から金銭を受領しその見返りとしてSWSをバッシングしていたこと[2]、SWSの創設者・田中八郎から「誌上でバッシング活動を行わない」見返りとして1年間にわたって月50万円以上を受領していたこと、FMWの看板レスラー・大仁田厚から30万円の裏金をもらって「週刊プロレス」の表紙にしていたことなどを著書において告白している[3][4]

1996年、記事(「地方で手を抜く新日本」)をきっかけに新日本プロレスと対立、同団体から取材拒否を通告される。これを機に「週刊プロレス」の売上ならびに山本の影響力は急速に低下した。その責任をとる形で山本は編集長を辞任、別部署(東欧文学全集関連)に転封され大幅な減給の提示を受けたことを理由にベースボール・マガジン社を退社した。

以後、フリーランスのライターとして複数のプロレス・格闘技雑誌に携わり、そのキャラクターを買われてテレビ・ラジオのメディアにもいくつか出演した。ビートたけし浅草キッドパーソナリティを務めたラジオ番組の「冗談企画」で『ビートたかし』の芸名をもらい、同名義で活動していた時期もある[5]。2002年秋ごろより太田プロダクションに所属。2005年からターザン山本!(! を付加)と名乗る。2006年から2009年にかけて、当時のパトロンであった山崎二三代からの出資を受けて「有限会社ターザンギャルド」を設立、代表取締役となり講演活動および文章講座の運営にあたった。2009年末、「夢の懸け橋2009 〜大晦日プロレス祭り〜」に“プロデューサー的な役割”として参加[6]

競馬ファンでもあることから、2018年現在は競馬雑誌、ウェブ日記にて執筆している。

人物[編集]

年収550万円(年金+原稿料)で、「現役のヒモ」と称して20人くらいの女性がいると公言している。[7]

自ら「ヌーヴェルヴァーグに傾倒した」と言っている映画好きであり、その影響を多大に受けている。彼の書く記事は他のプロレス記者の言語感覚とは一線を画しており、それゆえに成功を掴めたと言える。

ベースボール・マガジン社を退社した時、「週刊プロレス」のライバル誌であった「週刊ゴング」を出版していた日本スポーツ出版社が将来経営破綻することを感じたという[8]。山本の予感は当たり、「週刊ゴング」は2007年3月に休刊、そして日本スポーツ出版社は2010年2月に破産手続開始となった。

2007年12月には、日本スポーツ出版社の前田大作元社長から、「週刊ゴング」を復刊させる話があったという[9]

「日本語は社会不適合言語である」「日本語は人を鬱にする」が持論。日本語そのものが敬語という縦社会の権化を根幹とするのだから日本人は皆予備軍であるはずだ、日本語自体が自我を芽生えさせない機能を持ち、シンプルなコミュニケーションを阻害するので、日本語を使っている限りその者はビジネスパーソンとしては弱いままだ、と2019年のインタビューで話した。平仮名は女性的な文字、漢字は男性的な文字であるとしている[10]

主な著書[編集]

  • プロレス式最強の経営(日本経済新聞社、1995年;山本隆司名義)ISBN 4-532-16179-7
  • 往生際。(ぶんか社、1996年)ISBN 4-8211-0527-6
  • 弾圧 近親憎悪の長州戦争(双葉社、1998年)ISBN 4-575-28812-8
  • ザッツ・レスラー(Part3まで。ベースボール・マガジン社、1988 - 94年;山本隆司名義)ISBN 4-583-02702-8
  • G・馬場二つの心(同文書院、1999年;山本隆司名義)ISBN 4-8103-7586-2
  • ターザン山本の『天国と地獄』(芸文社、1999年)ISBN 4-87465-387-1
  • 暴露 UWF15年目の予言(世界文化社、1999年)ISBN 4-418-99527-7
  • 往生際日記 一揆塾の夏編(新紀元社、2002年)ISBN 4-7753-0098-9
  • 『泣き虫』に捧げる永久戦犯(新紀元社、2004年1月)ISBN 4-7753-0238-8 - 高田延彦の半生を描いたノンフィクション
  • 音楽と意図―ヒットチャート考現学!(インフォバーン、2005年)ISBN 4-901873-41-5
  • 遺言(ダイヤモンド社、2008年)ISBN 978-4-478-00710-5
  • 62歳のボクに28歳年下の彼女ができたのだ! ―バンザーイだ! 過去を捨てれば自由になれる(ロコモーションパブリッシング、2008年)ISBN 978-4-86212-070-0
  • ケーフェイ(ナユタ出版会、プロローグとエピローグを提供)ISBN 9784795220720
  • 金権編集長 ザンゲ録(宝島社、2010年)ISBN 978-4-79667-779-0

レギュラー番組[編集]

  • 尾崎・ターザンのロボタッグ!!(1994年10月ごろ - 1998年4月5日・文化放送
    • プロレスを中心に格闘技をテーマとしたラジオ番組。女子プロレスラーの尾崎魔弓と共にパーソナリティを務めた。ダイコク電機一社提供。放送開始時間は毎週日曜日の深夜1時(開始時 - )→21時(1996年10月13日 - )→21時30分(1997年4月13日 - )→深夜1時30分(1997年10月12日 - )と変遷した。
    • 東海ラジオラジオ大阪との3局ネットで放送していた時期もあった。
  • 火の玉スポーツ列伝!(2001年4月 - 同年9月・テレビ東京
    • 毎週金曜日の22時より放送されていたスポーツバラエティ番組。準レギュラーとして出演。
  • パギョパギョdon!(2015年7月2日 -・FMヨコハマ

脚注[編集]

  1. ^ 旧本名は「山本 隆」であったが、お金の貯まらない画数であると指摘されて「隆」から「隆司」に改名した
  2. ^ SWSは全日本プロレスのエース、天龍源一郎を引き抜いていたSWS
  3. ^ 『金権編集長 ザンゲ録』(宝島社)
  4. ^ 元プロレス雑誌編集長が告白「馬場から裏金をもらっていた」 Sports Watch 2010年6月18日
  5. ^ 水道橋博士の「博士の悪童日記」http://blog.livedoor.jp/s_hakase/archives/117503.html
  6. ^ 「ターザン山本ついに決起! 大晦日に10数団体参加『夢の懸け橋2009』開催を発表!!」http://www.kamipro.com/news/?id=1257926526
  7. ^ アグレッシブですけど、何か?』(HOME)第301話「アグレッシブ人生学部 ヒモを学ぼう」での本人の発言。
  8. ^ 何、日本スポーツ出版社が倒産した…?ターザンカフェ 2010年2月4日
  9. ^ 「週刊ゴング」復刊の話①ターザンカフェ 2008年1月31日
  10. ^ 東邦出版『KAMINOGE』vol.85 pp.86-101

関連人物[編集]

ベースボール・マガジン社のプロレス・格闘技雑誌編集者に山本のかつての部下が多数存在する。独立した者も多い。

関連項目[編集]