ターボ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ターボ
Turbo
監督 デヴィッド・ソーレン
脚本 デヴィッド・ソーレン
ダーレン・レムケ
ロバート・シーゲル
原案 デヴィッド・ソーレン
製作 リサ・スチュワート
製作総指揮 グレン・キーン
ジョン・ラセター
出演者 ライアン・レイノルズ
ポール・ジアマッティ
マイケル・ペーニャ
スヌープ・ドッグ
マーヤ・ルドルフ
マイケル・ベル
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 ヘンリー・ジャックマン
製作会社 ドリームワークス・アニメーション
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年7月17日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 クルードさんちのはじめての冒険
次作 天才犬ピーボ博士のタイムトラベル
テンプレートを表示

ターボ』(原題: Turbo)は、2013年のアメリカの3DCGによる3Dアニメ映画。制作はドリームワークス・アニメーションアメリカ合衆国では、2013年7月17日で公開された。日本では劇場未公開だったが、2014年4月23日Blu-ray Disc&DVDで発売された。

あらすじ[編集]

テオ(ライアン・レイノルズ)は庭のカタツムリで、他のカタツムリと一緒に1日を過ごし、トマトを拾い、捕食性の鳥に捕まらないようにと願っています。 彼の平和な生活にもかかわらず、この若い動物は彼のアイドル、インディアナポリスのチャンピオンランナー、ガイガニェ(ビル・ヘイダー)のように、非常に速くなることを夢見ています。 スピードへのこだわりは、テオを彼の同僚にばかにさせます。 ところが、ある日大型レーシングカーのエンジンに偶然落ちてしまい、体に思わぬ影響が出て超スピードアップ。 カタツムリの名前をターボに変更すると、珍しい計画で知られており、ほとんどの場合うまくいかないメキシコ料理の販売者であるティト(マイケル・ペーニャ)の家で避難所を見つけます。 ターボのスピードに驚いたティトは、彼をインディアナポリスレースに連れて行くことを決め、ガイガニェと競います。

声の出演[編集]

※括弧内は日本語吹替

サウンドトラック[編集]

Turbo: Music from the Motion Picture
ヘンリー・ジャックマン映画音楽
リリース
録音 2013年
時間
レーベル レラティビティ・ミュージック・グループ
ヘンリー・ジャックマン アルバム 年表
This Is the End
(2013)
ターボ
(2013)
テンプレートを表示

映画音楽はヘンリー・ジャックマンが作曲し、2013年7月16日にレラティビティ・ミュージック・グループよりデジタル発売された。

トラックリスト
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Let the Bass Go」  
2.「Another Day at the Plant」  
3.「It's Tricky」  
4.「What's New Pussycat?」  
5.「Drop It Like It's Hot」  
6.「Supersnail」  
7.「Meet the Competition」  
8.「Krazy」  
9.「Jump Around」  
10.「Goin' Back to Indiana」  
11.「The Snail is Fast」  
12.「Indianapolis」  
13.「Tuck & Roll」  
14.「Speedin」  
15.「Here We Come」  
16.「Eye of the Tiger」(Sher Gunn Remix)  
17.「Saturday Night」  
18.「Turbo」  
合計時間:

Turbo FAST[編集]