ターミナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ターミナスTerminus)は、SF小説「銀河帝国の興亡(ファウンデーション)」3部作+続編(アイザック・アシモフ著)に登場する架空の惑星名であり、その首都の都市名でもある。

銀河系の辺境にあり、広大な海に約一万の島々が点在する。もっとも大きな島がかろうじて大陸サイズであり、そこに首都ターミナスが置かれている。農業に適した惑星だが、金属資源がほとんどないので重工業には不向きである[1]

銀河帝国の崩壊を予告した心理歴史学者ハリ・セルダンの提案により、1000年後の帝国の復活を期して知識を集積するという目的で、銀河百科事典の編纂を目的とした組織「第1ファウンデーション」がこの星に置かれた。

日本語表記[編集]

ターミナスの表記は、ハヤカワ文庫銀河帝国興亡史(1) ファウンデーション』において翻訳を務めた岡部宏之によるもので、英語の読みを元にしている。

ハヤカワ文庫版以前に出版されていた創元SF文庫『銀河帝国の興亡1 -風雲編』では厚木淳の翻訳でテルミナスの表記が用いられており、こちらは語源となったローマ神話の神テルミヌスのラテン語読みと英語読みとの折衷からなっている。なお、野田昌宏が翻案した児童向け抄訳本では「テルミヌス」と表記されている。

2013年にサイドランチから発売された漫画版『銀河帝国興亡史1 ファウンデーション』では「テルミナス」表記を採用している。

参考文献[編集]

  1. ^ アイザック・アシモフ『ファウンデーションの彼方へ [上]』 岡部宏之訳、ハヤカワ文庫、1996年、122頁