タールア駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タールア駅
ท่าเรือ
Tha Rua
バーンプルックラット (3.57km)
(6.05km) バーンモー
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
アユタヤ県タールア郡
駅番号 1039
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 一等駅
所属路線 北本線
キロ程 102.73km(クルンテープ駅起点)
電報略号 ทร.
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1901年4月1日
テンプレートを表示

タールア駅(タールアえき、タイ語:สถานีรถไฟท่าเรือ)は、タイ王国中部 アユタヤ県 タールア郡にある、タイ国有鉄道 北本線である。

概要[編集]

タールア駅はタイ王国中部アユタヤ県の、人口約5万人が暮らすタールア郡にある。タールアとは、タイ語で港を意味する。内陸部で「港」とは妙だがこれは、パーサック川が当駅を包む様に「J」字形に流れており、水運しか輸送手段のなかった時代では重要な位置づけであった。クルンテープ駅バンコク)からは102.73km地点に位置し、快速列車利用で2時間15程度である。町の中心部に位置するため、利便性が良いが小さな町である。駅の正面側(西側)が、市街地である。

一等駅であるが、特急急行は停車せず、1日当たり26列車(13往復)の発着があり、その内訳は快速4往復、普通9往復である。当駅を含むバーンパーチー分岐駅からロッブリー駅 までは、複線区間である[1]

当駅で特筆すべきは、かつて当駅よりサラブリー県のプラバートまで民営鉄道であるプラバート軌道が伸びていた点が上げられる。

プラバート軌道[編集]

プラバート軌道は、当駅よりサラブリー県のプラバートまでを結ぶ全長19kmの軽便鉄道である[2]。タイでは数少ない民営鉄道であり、その軌間は600mmである。1901年に免許が交付され、1903年に完成した。その後タールア鉄道に継承され1942年に廃止された[3]

歴史[編集]

1897年3月26日にタイ官営鉄道最初の区間が、クルンテープ駅 - アユタヤ駅間に開業した[4]1900年12月21日に当初計画のナコンラチャシーマ駅まで完成した。この頃北本線チエンマイまで整備する事なり、1901年4月1日ロッブリー駅まで完成し、それに伴い当駅も中間駅として開業した[5]。当駅開業の約21年後の1922年1月1日に、チエンマイ駅までの全通完成を見た[6]

  • 1897年3月26日 【開業】クルンテープ駅 - アユタヤ駅 (71.08km)
  • 1897年5月1日 【開業】アユタヤ駅 - バーンパーチー駅 (18.87km)
  • 1901年4月1日 【開業】バーンパーチー駅 - ロッブリー駅 (42.86km)
  • 1903年 【開業】タールア駅 - プラバート駅 (19km)
  • 1942年 【廃止】タールア駅 - プラバート駅 (19km)

駅構造[編集]

単式及び島式1面の複合型ホーム2面2線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.295
  2. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.47
  3. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.163
  4. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.25
  5. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.26
  6. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.25 - p.28

参考文献[編集]

  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • バンコクの民営鉄道

関連項目[編集]