ダイアナ・プラザック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイアナ・プラザック
基本情報
階級 スーパーフェザー級
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 (1979-07-20) 1979年7月20日(39歳)[1]
出身地 ビクトリア州メルボルン[1]
スタイル オーソドックス[1]
プロボクシング戦績
総試合数 14
勝ち 12
KO勝ち 8
敗け 2
テンプレートを表示

ダイアナ・プラザックDiana Prazak1979年7月20日[1] - )は、オーストラリアの女子プロボクサーである。ビクトリア州メルボルン出身[1]。現WIBA世界スーパーフェザー級王者。元WBC女子世界スーパーフェザー級王者。

来歴[編集]

2008年、地元のボクシングジムに入門し、アマチュアで6戦全勝を挙げオーストラリア選手権優勝も果たす[2]

2010年3月13日プロデビューを果たすも敗戦。

7月16日の2戦目でTKO勝利。その後は連勝を重ねる。

2011年4月10日、新設されたオーストラリア女子ライト級王座をマリン・モーガンと争い、6回TKOで獲得。

6月17日、ブロンウィン・ワイリーといずれも新設されたWIBAインターナショナル・PABA女子スーパーフェザー級王座を争い、判定でタイトル獲得成功。

9月24日、リンゼイ・ガーバットが持つWIBA世界スーパーフェザー級王座に挑み、9回TKOで王座奪取に成功。

2012年4月20日、ファトゥマ・ザリカ相手にWIBA初防衛戦を行い、判定で初防衛。

12月7日、ホリー・ホルムが持つIBAWBF世界ジュニアウェルター級統一王座に挑むが、0-3判定負け。

2013年6月14日、スウェーデンにてWBC王者フリーダ・ウォルバーグと王座統一戦を行い、8回TKO勝利。

戦績[編集]

  • アマチュア:6戦 6勝[2]
  • 14戦 12勝(8KO) 2敗

獲得タイトル[編集]

  • オーストラリア女子ライト級王座
  • PABA女子スーパーフェザー級王座
  • WIBAインターナショナルフェザー級王座
  • WIBA世界スーパーフェザー級王座
  • 第4代WBC女子世界スーパーフェザー級王座

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Diana Prazak : Boxer”. Boxrec.com. 2013年5月8日閲覧。
  2. ^ a b Diana Prazak”. WOMEN BOXING ARCHIVE NETWORK. 2013年5月8日閲覧。

関連項目[編集]

前王者
リンゼイ・ガーバット
第6代WIBA世界スーパーフェザー級王者

2011年9月24日 - 現在

次王者
N/A
前王者
フリーダ・ウォルバーグ
第4代WBC女子世界スーパーフェザー級王者

2013年6月14日 - 返上

空位
次タイトル獲得者
エヴァ・ウォールストローム